超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験

  • 80人登録
  • 3.94評価
    • (4)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 熊谷 玲美 
  • 早川書房 (2015年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152095725

超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一流スポーツ選手が言う「ゾーン(フロー状態)」は、今や、エクストリームスポーツの選手にとっては、チャレンジから生還するための「前提」になっているという。彼らの常識外れの恐るべきチャレンジと、時に失敗(=死)を紹介しながら、フロー体験によって人類はどこまで壁を破り、どこまで達し得るのかを語る。
    もう、フローは有る無いの問題ではなく、そこに入るのが基本的な技術になっている世代が生まれている。有り体に言えば「ニュータイプ」が生まれてきているのだ。
    そして、極限スポーツの場だけではなく、日常的なビジネスの場であっても、軽度なフロー体験(熱中して時間が飛ぶような感覚)をものにしていくことが求められていくだろう。
    フローという劇薬を、脳内麻薬ジャンキーになることなく飼い慣らせるか。

  • フローやゾーンと言われる状態やヒューマンパフォーマンスの限界に関する研究や考察は、関連度の高いエクストリームスポーツ選手やアスリート、科学者、アーティストから得られる研究結果を元に飛躍的に進んでおり、アスリートでない人々に応用す事も含め、限られた人の持つ特別な能力でなく、汎化される技術やテクノロジーとしての可能性として追及されている側面があって、その一端を知る事が出来た。

  • プログラミングに使える集中力が欲しい。噂に聞くフロー状態を体験したい。そんな思いがどこかにあり、手に取った本。フロー状態がどういうものか、それはエクストリームスポーツの競技者が使いこなしているものであり、それはなぜかということをくどいほど丁寧に説明してくれている。フロー状態の理解、メカニズムが深まったが、一つ惜しいのがどうやったらフロー状態に入れるかという具体的方法が示されているないこと。だが、それは読み方によって示されているので、あとは自分で試行錯誤してみろということだろうか。

  • 人間の能力の限界に挑戦し続けるエクストリームスポーツ。

    その時に起こるフロー(ゾーン)体験をインタビューや取材などから考察していく。

    なるほど思う部分も多いが、事例が特殊なものばかりで共感出来る内容のものは少ない。

    フロー体験はエクストリームスポーツじゃなくても日常の生活でも起こると書いてあるがその共通性がこの本ではちょっと今ひとつ見いだせない。

    とはいえタイトルにもあるように超人達の成した偉業の数々はとにかく凄いとしか言いようがなく圧巻である。

  • 「集中力とは、ハラを決める事である」という柔道部物語( © 小林まこと)の名言が科学的に証明されている。

  • No.820

  • アスリートや芸術家たちが、極度に集中した時に体験する「フロー状態」についてのお話し。

    本作では主にクライミングやスカイダイビングなど、エクストリームスポーツのアスリートに焦点を当てている。彼らの競技は一般的なスポーツに比べフロー状態に入りやすいらしい、なぜなら極度に集中しなければ、地面に激突して死んでしまうからだ。

    フロー状態に入りやすい脳波というのは、低アルファ波/高シータ波の状態で、これはレム睡眠や瞑想の状態とほぼ同じらしい。つまり彼らはとてもリラックスした状態で、無意識に崖をよじ登ったり、バイクで宙返りをしているという事である。

    またフロー状態に入りやすくなるマインドセットとして、現状より4パーセント高い目標を設定する事、自分の能力を正確に理解する事や、「苦闘→開放→フロー→回復」という四段階のフローサイクルを経る、なんて話は大変興味深かった。

    個人ではなく集団の状態でもフローに入る事が出来るらしい、ジャズのセッションなどがその一例である。相手を否定せず、肯定的な態度で受け入れる事が集団フローのコツらしいのだが、この考えは仕事なんかにも共通するのかもしれないと思った。

  • 「ゾーンに入る」「フローの感覚」「ボイスが聴こえる」そういったアスリートの精神状態とパフォーマンスの謎に迫る。
    ビレイなしのフリーソロ,ベースジャンプやビッグウェーブサーフィン,カヤッキングなどエクストリームスポーツの実例が凄い…
    原書はディーン・ポッターがヨセミテでベースジャンプ→ウイングスーツで飛行中に事故死する前の刊行,邦訳にはその旨注釈があった。
    "Ultimate Rush: Dean Potter Freebase" を YouTube で見る https://youtu.be/iqEkFBNiP3c

  • Xミッション鑑賞前の予備知識というつもりで読んでみた。
    フローなる現象については何やら学術的な議論が繰り広げられている模様、という程度にサラッと読んだだけだったけれど、エクストリームスポーツを通して経験したフロー体験を語るアスリート達のインタビューが豊富で、ハラハラしながら読めました。

全9件中 1 - 9件を表示

スティーヴン・コトラーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーマス・セドラ...
リンダ グラット...
クリス・アンダー...
ベン・ホロウィッ...
トマ・ピケティ
スティーヴン ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印

超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験はこんな本です

超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験を本棚に「積読」で登録しているひと

超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験の作品紹介

命綱なしで絶壁に挑むフリーソロクライマーが超人的能力を発揮するのは、フローという完璧に集中した状態になれるから。世界のエクストリームアスリートに取材して秘密をさぐるノンフィクション

超人の秘密:エクストリームスポーツとフロー体験のKindle版

ツイートする