行動経済学の逆襲

  • 260人登録
  • 3.96評価
    • (8)
    • (13)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
制作 : 遠藤 真美 
  • 早川書房 (2016年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (527ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152096258

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
クリス・アンダー...
ベン・ホロウィッ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

行動経済学の逆襲の感想・レビュー・書評

  • 行動経済学の発展を当事者の立場からたどる。たんなる行動経済学の紹介をする本とは違い、異端視されていた黎明期から、無視できない地位を築くまでの足跡をたどれるようになっている。とくに本書では、「エコン」(経済モデルが想定する合理的な人間像)の牙城と見られていたファイナンスの世界に、多くのボリュームが割かれているのが特徴だ。
    自分が行動経済学に惹かれるのは、自分を含む「ヒューマン」がつい犯してしまいがちな罠を、あらかじめ知っておくことが有益だと考えるからだ。本書でも、実利のある知見はいろいろ得られる。たとえば(すくなくとも米国においては)株式投資のプレミアムは大きいということだとか、グロースよりバリューのほうが戦略としては正しいだとか。まぁ、でもそうした「実利」を求めるならもっとコンパクトにまとまったものがある。本書の価値は、ユーモアのある著者の語り口に乗せられつつ、たのしくこの分野の発展を理解できるということになるだろう。

  • 従来の経済学は最強の社会科学らしいのだが,偽なる前提から始まる論理体型なので,何を言っても真なので,およそ科学とは言えない。このとんでもない経済学をまともな学問にしようとしている流れの一つが行動経済学。とんでもなく間違っている従来の経済学の理論の馬鹿さ加減が分かる。こんな人たちが政策に口出ししていいのだろうか?
    マクロ行動経済学というのが必要なのだが,これはなかなか難しいらしい。

    原題は MISBEHAVING The Making of Behavioral Economics なのだが,なぜ「逆襲」になるのか意味不明。編集者?訳者?どっちがこんな日本語タイトルにしたの?

  • ノーベル経済学賞を受賞した著者だが、ぐうたらな人間と自身を称しておられる。謙虚!
    行動経済学ってなんじゃらほい、と読み始めたが、我々の生活に密接した学問であるのだな。とてもわかりやすくおもしろかった。

  • 先ごろ、ノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラーによる書。行動経済学の発展を、自身の研究半生を振り返る形でまとめられている。誰と会い、どこから着想を得、どう行動したか、研究者の人生が垣間見える。500ページ近い大著だが、ちょいちょい笑わせてくれ、読みやすい。これで2800円はお得。

  • 行動経済学を事例を使い説明しています

  • 簡単にできる様にする
    科学的根拠が必要

    基本原則を学んだ
    1観察する ありのままに見る
    2データを集める エピソードは強力だが例であるマークトエイン 知らないことが問題ではない知っていると思い込むことが問題 確証バイアス 自信過剰の陥らない
    3主張する

  • 行動経済学の面白さを感じられた。また、経済学者の間で、行動経済学がどのように扱われ、伝統的な経済学アプローチと相対して来たかがわかって、興味深かった。

  • 久しぶりに行動経済学の本を読んだ。満足。
    第20章は組織論と個人(インデックス)投資家へ特にオススメ。
    バリュー投資家には第23章がオススメ。

  • 行動経済学の先駆者セイラー教授が、自らの学究の歩みを語ったもの。それは心理学と経済学の融合で生まれて成長した行動経済学の歴史そのもの。
    教科書ではないので体系的に学べるわけではないが、本書で行動経済学のおさらいもできた。ファイナンスをテーマにして、合理的期待仮説、価格の合理性を題材にした部分はとりわけ興味深く読めた。
    語り口はユーモアあふれ、激しくやりあったであろう伝統的な経済学者へも真摯な尊敬が伺え、読後感もさわやか。
    翻訳書であることを忘れそうなくらい、訳もよかった。

全9件中 1 - 9件を表示

行動経済学の逆襲を本棚に「読みたい」で登録しているひと

行動経済学の逆襲を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

行動経済学の逆襲を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

行動経済学の逆襲を本棚に「積読」で登録しているひと

行動経済学の逆襲の作品紹介

人間は合理的。市場は正しい。こうした経済学の大前提に真っ向から挑んだ行動経済学。その第一人者が、自らの研究者人生を振り返りつつ、“異端の学問”が広く支持されるようになった過程を描く。

行動経済学の逆襲はこんな本です

ツイートする