青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)

  • 106人登録
  • 3.44評価
    • (3)
    • (17)
    • (23)
    • (1)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 柴田よしき
  • 早川書房 (2016年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152096463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)の感想・レビュー・書評

  • これってシリーズものなのかな?ユナのほうでも、蒲原のほうでもシリーズにできそう。
    7年前の事件のことは今後出てくるのかしら?

    ブルーライト探偵社良い。読んでるうちに私の中で、高坂がだんだんイケメンになっていきました(^-^;
    京は恩田陸さんの「MAZE」の恵が浮かんできた。

    事件は入り組んでて、途中で読み返したりした。
    やっぱ女は怖いってことね。

  • 久しぶりの柴田よしき。
    面白かったけど、登場人物多くて苦戦。
    暗号もフツーに難しいでしょ⁉︎って思った。
    主人公含め皆まんまの中身ではない感じ。
    訳あり、嘘あり、隠し事あり。
    結末も散らかってるのを自分で整理しないといけなくて、説明されるとつまんないけど、読み手の読む力試された感(^_^;)

  • 撲殺されたOL、刺殺された出版社社員、絞殺された中学生……接点のない被害者たちのそばに置かれていたクリスマスの青い電飾。無差別殺人? 愉快犯? そんな折、作家兼ブルーライト探偵社の所長の草壁ユナに旧友・秋子から助けを求めるメールが届く。……いくつもの事件が描く複雑な陰影すべての推理が重なり合う時、ユナの前に驚愕の真実が現れる!
    ----------------------------------------------

    読み応えのある推理小説、面白かった!登場人物欄があったのでわかりやすかったけど、それが複雑に絡み合う…途中途中挿入される短い章も見逃せないほど引き込まれた。誰かと答え合わせしたい感じ。

  • 柴田さんはしばらくライトな作品が続いていたが久しぶりにがっつりの大作で楽しく読んだ。ただし設定をひろげすぎている感は否めない。もう少しシンプルなストーリーでしっかり書き込んでも良かったかも。

  • クリスマスの電飾が短く切られてばらまかれる連続殺人が発生。
    そこに探偵事務所の所長をするユナの友人の失踪が微妙に交錯する。

    登場人物がおおいので、やや苦労した。
    動機が少し弱いかなぁと想うけど、しかし面白かった。
    この探偵事務所、シリーズ化するのだろうか。

  • 多少ごちゃつきと無理矢理感がありましたが、これぞミステリ!という感じで面白かったです。
    でもなんで探偵サイドと警察サイド、2つの視点で事件を追うんだろう?どちらか1つの方がすっきりして読みやすいと思うんだけど・・・。
    あれかな?警察の登場人物は別シリーズに出ていて、宣伝(?)のために物語を交差させているとか?
    その辺りはよくわからないけれど、最初登場人物を把握するのに混乱しました(-ω-;)

  • 柴田さんの作品は、登場人物が魅力的で好きです。
    今回もいつの間にか、物語に引き込まれ 一気に最後まで読んでいました。
    そういう事か、という細工もあり
    読み終わった後も、余韻が残り もう一度読みたくなるそんな作品でした。
    この作品の、登場人物でまた作品が読みたい。

  • あまりにも話が複雑で、実際、素人である主人公がこんなカラクリや暗号解けるわけない!とは思うものの、その複雑すぎるカラクリはとても面白く、一気に読んだ。バックグラウンド、登場人物、真相が解明されていく流れ、全て洗練されていて過不足なく描き込まれ、一級のサスペンス!

  • 登場人物は魅力あるんですが…
    事件自体は…

    続くのかな???

  • 連続殺人事件と、一人の女性の誘拐事件とが同時進行するうちに、徐々に絡み合って真相が暴かれていく。

    終わらせ方は見事だし、おもしろいはずの設定なのだけれど…。何しろ登場人物が多く、解決に至る暗号やら殺人の動機、ほかの事件などなど盛りだくさん過ぎて、かえってミステリーとしてのインパクトや疾走感を削いでしまっている。新ヒロインとなるかもしれない主人公も、活かしきれていなかったのが残念。
    作者の長編のミステリーということで、かつてのRIKOシリーズのようなパンチの効いた魅力的なキャラクターやストーリーと比べてしまうから、余計に辛口になってしまうのかも。
    もしシリーズになるなら、今後に期待。

  • 作家とブルーライト探偵社の社長を兼ねている主人公草壁ユナの友人の失踪と連続殺人事件の同時進行で物語は進む。予想外の展開に引きつけられて面白かった。是非この探偵社を舞台に続編をと願う。

  • 都内にて、殺人事件が複数おきる。被害者の接点は見つからないが、遺体にはクリスマスの青い電飾が置かれていた。
    同時期、ブルーライト探偵社の所長であり作家の草壁ユナの友人が消息を絶つ事件が。
    様々な事件が一本の糸で繋がる真実は・・・
    登場人物、事件も多く、少々散らばりすぎていた感があったものの、事件がどのように繋がるのかが楽しみに読めた。
    次に繋がるような感じを受けたが、シリーズ化されるのだろうか?

  • +++
    撲殺されたOL、刺殺された出版社社員、絞殺された中学生……接点のない被害者たちのそばに置かれていたクリスマスの青い電飾。無差別殺人? 愉快犯? それとも秘められた動機が?――青い電飾が遺体のそばに撒かれる連続殺人事件が東京を震撼させていた。そんな折、作家兼ブルーライト探偵社の所長の草壁ユナに旧友・秋子から助けを求めるメールが届く。秋子の家を訪ねると、彼女を拉致した犯人からメッセージが。一方、探偵社で依頼を受けた有名人の婚約者の身辺調査が連続殺人と奇妙な繋がりを見せ……いくつもの事件が描く複雑な陰影すべての推理が重なり合う時、ユナの前に驚愕の真実が現れる! 作家にしてブルーライト探偵社の所長の草壁ユナ、最初の事件。読み出したら止まらない! 予測不能のノンストップ・サスペンス
    +++

    ブルーライト探偵社でいちばん役立たずなのは自分だと常々思っている所長の草壁ユナ(本職は作家であり、探偵ではない)が探偵役である。本職の探偵の助けも多分に借りているが、友人から届いた助けを求めるメールをきっかけに、彼女を救うための調査に乗り出すのである。最近連続して起きている青い電飾がばらまかれた殺人事件とも絡み合って、思わぬ真実が暴かれていく。折々に差し挟まれた「青い町」という素人の短編小説が二重構造の中に迷い込んだようでくらくらさせられる。最初の事件と内容紹介にあるので、シリーズ化されるのだろうか。ブルーライト探偵社から目が離せなくなりそうな一冊である。

  • ブルーライト連続殺人事件。これだけでなんだか面白そうな雰囲気はするのですが。さらに加え、主人公の友人の不可思議な失踪事件も絡んできて、スリリングな読み心地にページをめくる手が止まりませんでした。なかなか事件の全貌が見えなかっただけに、この真相は驚愕。
    ここでの小説の扱われ方、これはやはり小説好きとしては腹が立つこと。犯人許すまじ。体験したことを書いてそれで立派な作品ができれば世話ないわっ! 逆にそうなら、ミステリ作家さんたち、どんだけ殺してるんだ(笑)。
    主人公・草壁ユナのキャラクターも魅力的。「新シリーズ」ってことは、続編もあるのかな。彼女を取り巻く人間関係もいろいろ気になります。だけどこのラスト一文が……なんとも切ないような。

  • ミステリとしての面白さは十分ある。が、柴田よしきはこういう真面目なミステリよりも、連作短編ものの気軽に読める感じの方が好み。

  • ひょんなことから探偵社の所長を務めることになった未亡人が主人公。友人の誘拐と連続殺人事件が並行して進行,一つの線に…。すべての謎が主人公の過去と関連しながら収束し解きほぐされていくストーリーはさすが。(ネタバレになるが)友人の狂言動機と暗号のくだりは少々釈然としないがそれを割り引いても面白かった。魅力的な登場人物達の活躍も見てみたい。

  • 中途半端にならず、しっかり終わった。そこがよかった。

  • 一見、無関係に思えた殺人事件の遺体のわきに撒かれた青い豆電球の電飾。「ブルーライト殺人事件」と世間を騒がせる連続殺人事件を追う刑事と、偶然にも「ブルーライト」という社名を掲げた探偵社で作家業のかたわら雇われ所長をしている女流作家。
    まったく異なった視点で物語は進み、やがて距離を狭め、新たな像を生み出していく。
    王道、鉄板のミステリーの進め方、という感じで、さすが柴田よしきは読んでいて手堅いな、安定感があるな、としみじみ思った。

  • 並行して進む「連続」殺人事件と、「誘拐」事件。一方、ユナの探偵事務所に依頼された事件は「連続」殺人事件の一環なのか。
    ユナの造形は著者の他の作品の女性探偵と被るので、友人の事件についてはある程度想像がつく。利己的な関係者たちのなかで、自分なりの矜持をもって働く探偵たちの存在に励まされる。

  • 連続殺人と友人の失踪。
    中盤まで面白かったが
    ちと散らばりすぎて
    無理やりまとめた感。

    【図書館・初読・12月10日読了】

  • 青い電飾が死体に施される連続殺人は、被害者には共通点がなく容疑者として上がってくる人物は全く動機が見当たらない。そこに友人からユナに助けを求めるメールの謎と、ブルーライト探偵社による元プロ野球選手の身辺調査が絡みサスペンスフルな展開を見せます。サブエピソードも盛り沢山ですし、主要キャラも魅力的で上質なミステリーに仕上がっていると思いますが、沢山の要素をばら撒き過ぎたせいか、やや作品全体の纏まりが欠けてしまっているのが残念なところです。

  • いろいろなできごとが次々とつながっていって、読むのをやめられなくなるミステリーです。著者の女性や探偵の描写が好きです。そしてプロ野球選手が登場するところも楽しいです。

  • 久しぶりに柴田よしきの本格的な長編を読んだ気がする。「ブルーライト連続殺人事件」を追う警察と、「ブルーライト探偵社」の所長・ユナが巻き込まれた親友の誘拐事件。2つが同時進行し、後半まで2つの事件の接点が分からないまま。登場人物が多すぎて、少し話のまとまりがないような気もする。ラストの無理やり感も否めない。でも、話自体は面白いし、登場人物も魅力的。特に水野京は、「聖なる黒夜」の環を彷彿させ、これからもぜひ登場させてもらいたいキャラクター。

  • さすがの読み応えでした。

全26件中 1 - 25件を表示

青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に登録しているひと

青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)の作品紹介

二度目の夫を亡くした作家の草壁ユナは失意の日々を送っていたが、元担当編集者の頼みで探偵事務所所長を引き受けることに。そんな折、旧友から「ユナ、助けて」とのみ書かれた謎のメッセージが!

青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)はこんな本です

青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)のKindle版

ツイートする