ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)

  • 563人登録
  • 3.83評価
    • (28)
    • (43)
    • (31)
    • (6)
    • (1)
  • 45レビュー
制作 : Chris Anderson  篠森 ゆりこ 
  • 早川書房 (2009年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784153200043

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今更ながら積読消化ということで。

    新しい気付きとしては、
    ・ロングテールの流れは昔からの流れだということ。「個人商店→スーパーマーケット→ショッピングモール」ってのも扱う商品数が増えるという点では確かにロングテールやね。
    ・この後に続く「FREE」「MAKERS」は既にこの時点でネタ仕込まれてたこと。やるなWIREDの中の人(-_-)

  • マーケティング、ものの売り方、買い方に関する重要な法則が述べられていて今の時代にも十分通用する本だ。ロングテールはヘッドだけでなくテールも大切とのこと。80対20の法則、ニッチ、バイラルマーケティング、見えざる手、ウィキペディアをどう生かすか、フィルタ、ブラックスワン、機会費用、選択肢は多ければ多いほど良い、

  • Amazonのビジネスモデルとして名高い「ロングテール」のさらなる広がり、その可能性と既存のビジネスからの脱却について説明された一冊です。

    この本の前に、同じくクリス・アンダーソン氏著作の「フリー」と「メイカーズ」を読んでいたこと、この本がすごく売れ、かつ「ロングテール理論」がとても有名になったことで、ある程度内容は理解していました。
    しかしそれであっても、なんとなく日頃から感じていたことが見事に文章にされているのはとても爽快ですし、
    「これもロングテールなんだ!」という発見が多くあります。個人的にはGoogleをロングテールだとそこまで意識していませんでしたが、広告の話にはとても興味を惹かれました。

    様々な本の内容とも繋がり、デジタル化とインターネットの時代における、さらなる可能性を感じます。今までのメディアはうまくいかなくなるけれど、それはより自然であると。その一方で2006年にこの本が出てから、未だに既得権益が多く残るメディアや店舗型ビジネスを中心とした古い構造の日本の経済界にはかなりがっかりしますが、それも時間の問題でしょう。
    とても読んでいてワクワクしました。

  • ニッチ市場についての解説書。その歴史から意味合い、さらに成功するためのキーポイントまでが丁寧に記されている。が、やや冗長でありちょっと一気には読みにくい。
    戦争行為のニッチ展開がテロリズムである、という解説には不思議と納得してしまった。

  • Amazonのロングテールについてを中心に。クリス・アンダーソンみたいな作品を、日本人では書けないよなぁ、と思う。絶対に、無理だろうなぁ、と思う。(13/7/19)

  • ニッチ経済を扱った本ではあるが、ネットが現実世界に「どう影響を与えたか?」についての考察が深い。

    長年、疑問だったものが一気に氷解。

  • どんなニッチなものでも需要がゼロになることはない。
    ヒット商品の影に隠れたところにある、膨大な商品群への需要は今も昔もきちんとあったのだ。
    今までは、その需要に答えるために払うコストと利益とのバランスが取れないために、売り手は無視せざるを得なかった。
    限られたスペースを使い儲けるためには、数少ない「売れるもの」を売るしかなかったからだ。

    しかし、インターネットの普及と発展によって宣伝や、情報伝達の低コスト化が可能となり、テールの部分が注目されるようになった。例え、少ない利益でも数が多いために、全てを合わせると大きな利益になるため。

    本当に単純に纏めるとこんな感じになるでしょうか。ロングテールという言葉を結構耳にした事があるんですが、大体こんなものだよね、と勝手に解釈していたこともあり。
    思い違いをしていたんだな、という部分もちらほらありました。どんな本であれこれが絶対!とは言い切れないものですが、読んでみて損はない一冊だと思います。

    そういえばあのアイドルグループもロングテールと言えるんでしょうかね、ちょっと違いますか。

  • 新たな流行発信者:下意上達の口コミの力が増している。人は仲間を信じる。需要を創出するために口コミを利用する。いまや大衆が広告をコントロールする。

  • ロングテール、一つ一つの商品自体は、すごく売れるわけじゃないが、
    送料としては、大きくなる。

    可能になったのは、在庫を持つコスト、情報を伝えるコストが
    限りなくゼロに近づいたから。

    物を作る、世の中に送り出す、見つける手助けを刷る。

    物を増やせば増やすほど、探しにくくなる。
    そのため、選択がしにくくなる。そこさえ、カバーできれば、
    テールを太くすることができる。

    今までは、店頭のスペースが限られていたから、
    そういうことはできなかった。
    コストに対して、展示することのメリットが低すぎた。

    選択を促す方法として、リコメンドと、コメントが重要。

    物を作るコストも下がったため、アマチュア上がりで
    生産することができるようになった。
    それをアグリゲーターが収集しプラットフォームを作ることで、
    テール市場を維持することができる。

    本やCDのように物がある場合には倉庫が必要だが、
    電子情報にすれば、コストはゼロに近い。
    そうすれば、展示しておけば、いつか変われる可能性がある。

  • 今頃、ロングテールの意味がわかった。
    古典になってしまうかもしれないが、ネットマーケティングの教科書だと思う。

全45件中 1 - 10件を表示

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)のその他の作品

クリス・アンダーソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 和成
デール カーネギ...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)はこんな本です

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)を本棚に「積読」で登録しているひと

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)の作品紹介

ニッチ商品の集積が、メガヒットの収益を凌駕する時代がやってくる!多数の非ヒット商品の管理・宣伝コストがITの進歩で限りなくゼロに近づくとき、ヒット主導型ビジネスに比肩する利益がもたらされる-ロングテール理論の提唱者クリス・アンダーソンが、アイデア発見の経緯とその意味を探究してビジネスと文化の未来を示した話題の書に、全面的に改訂を施し、新しいマーケティング手法に関する1章と、旧版刊行後の反響を受けた補遺を追加したアップデート版。

ツイートする