オマル-導きの惑星- (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

  • 54人登録
  • 2.85評価
    • (0)
    • (5)
    • (9)
    • (4)
    • (2)
  • 12レビュー
制作 : Laurent Genefort  平岡 敦 
  • 早川書房 (2014年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784153350144

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
チャイナ・ミエヴ...
ジョー・ウォルト...
ジョー・ウォルト...
伊藤 計劃
有効な右矢印 無効な右矢印

オマル-導きの惑星- (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長かった。先が知りたくてとりあえず全部読んだがどの登場人物にもあまり共感できない。シレ族、ホドキン族の造形すらいまいちはっきりせず、挿絵でもあるといいのになと思った。

  • 先が気になる展開や、他種族が入り乱れる世界観は魅力的。
    しかし、いまいち主人公たちの行動原理に感情移入できない。仲間が裏切るかも→でも信じたかったから行動しなかった、というような心情はなんだかなあ。リーダーシップの執れる戦略家という設定上、なおさら不自然に感じた。

    おもしろいのだけどなー。

  • ヒト族も含めた3種族が共存するオマルという異世界。謎の召集によって飛行船に集められた6人の冒険話だ。壮大な世界観に圧倒されるし、オマルの謎が明らかにされる展開も面白い。細かいところまで練られているのだが、致命的なのは6人の話がつまらないところ。ネタだけ盛り込んでさらっと書いているので、いまいち伝わってこない。もっと長くてもいいから、じっくり書いて欲しかった。

  •  地球の5000倍の表面積を持つ惑星オマルで、異なる種族の男女が謎のチケットを手に入れて、飛行船に乗り込む。
     海賊の襲撃を受けて漂流する飛行船の上で、かろうじて均衡状態にある彼らは、ひとりずつチケットを手に入れた経緯を話し始める。

     謎に満ちた種族の出自や、惑星の支配状況が徐々に明らかになるが、宗教、政治、戦争のよくある話が繰り返されて、わざわざこの舞台設定にした理由がわからないまま、最後にとってつけたような秘密が明かされて終了。長い割には、発想が貧弱で退屈なSFだった。シリーズになっていると知ってびっくり。

  •  うーん…………。
     あまりにも舞台が壮大過ぎて、たぶん10分の1も理解してない。
     登場人物紹介があったら楽だったなぁ。
    (話の展開上つけにくいんだろうけどね)

     ただ、分からないなりにオマルの世界が面白かったので、再読したい。

     全く関係ないけど、この本のタイトルを口にするとそれだけで笑えるんだけど、固有名詞って難しいね。

  • う~ん。
    これがフランスのロニー賞を獲った作品?
    冗長な展開だよね~。どこにクライマックスがあるの?
    設定は面白い、全くの異世界、異星人、異文明、3種類の知的生命体が住むオマルと称される巨大な大地。
    惑星という概念もなく、空を飛ぶのは飛行船、星間航行の技術は失われた世界。
    スチームバンクの要素を取り入れた異世界SFというところでしょうか。
    「フェジー」というチェスの様な、碁の様な、ゲームが物語の重要な部分を占めるがこれがダルイ。
    3種族の身体的特徴の描写は面白いし、(特にシレ族は見たいね)飛行船の形状も面白そう、物語の端緒となる卵の殻も。挿絵かイラストでも入れてくれたらもう少し物語に入り込めたと思うんだけど。それだけ残念!

  • 最初にタイトルからおまる(アヒルのヤツ)を思い浮かべてしまい、どんな物語だろうと粗筋を読んだらそのギャップがツボにハマりました(作者さん、すいません)。あまりSFは詳しくないので語れないのがちょっと悔しいなと初めて思いました。未知の世界と種族と言葉から説名がほとんどないため、想像の翼を広げるしかないので自分の脳内変換では力不足だけど謎が多過ぎるオマルの世界を結末まで見たいし知りたいのに翻訳がまだされてないのが残念すぎます。

  • 図書館にて借りる。面白い。一緒に壮大な旅に出た気分になった。

  • 「ハイペリオン」を凌ぐとアオられちゃ、信者としては試さねば! で、読み終えたが、凌ぐどころか真似っこじゃん…。出来は悪くはないが、キャラ、設定すべてが焼き直しに見える。これでシリーズ追ううち、強き彼女とハーフヒューマンの彼の娘が、世界をこう作った創造者とアクセスして全種族を解放するって展開じゃないのー?と予測してしまうなぁ。それくらいソックリ。こんなのアリなのかしらー??

  • フランスSFのシリーズ第一弾

     乗らない。三種類の知的生命体の登場から落ちこぼれた。残念。

全12件中 1 - 10件を表示

オマル-導きの惑星- (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オマル-導きの惑星- (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オマル-導きの惑星- (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)の作品紹介

辺境の巨大惑星〈オマル〉には、複数の亜人種族が共存していた。巡航飛行船につどいし異なる種族の六人は、それぞれに自らの物語を語った……。『ハイペリオン』を彷彿とさせるフランスSF巨篇

オマル-導きの惑星- (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)はこんな本です

オマル-導きの惑星- (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)のKindle版

ツイートする