穢土荘厳(えどしょうごん)〈下〉

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 杉本苑子
  • 文藝春秋 (1986年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163089904

穢土荘厳(えどしょうごん)〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ~帯より~

    大地震、飢饉、天然痘の流行など、うち続く天災に加え、
    めまぐるしい遷都、叛乱、暗殺と収拾しがたい混迷の時代が来た。

    しかし、藤原氏は宇合ら実力者を病で失いながら
    光明子の子・阿部皇太子を擁して、確実に権力の座を占めていった。

    このような情勢のなかで聖武帝は悲願の大仏建造を決意したのである。

    天平十五年、詔が出され国中の富と民をかき集めてそれを着工された。

    帝の悩み、実力者たちの思惑、民の苦しみ、
    それらすべてをのみ込んで、仏は巨大な御姿を現してゆく。


    ~感想~

    この前に読んだ『弓削道鏡』より、
    奈良時代の一般庶民の生活模様や、
    宮廷内での政争の様がよくわかり面白かったね。

    歴史ってのは、いかに血筋による争いが根底となってるのが、
    この本を読むことで理解することが出来た。

    ただ、余計な部分が多いんよね~

    特に下巻中盤からの、
    大仏建立のあたりから一気にだるくなるねん。(゚ω゚;A)

    3時間超えの映画に、これ90分にまとめれるやろ!
    ってのあるやん?

    あんな感じ。

    この小説、きっと上下2巻でなく、1冊にまとめれたはずやわ。


    おしまい。

  • 挫折

全2件中 1 - 2件を表示

穢土荘厳(えどしょうごん)〈下〉のその他の作品

杉本苑子の作品

穢土荘厳(えどしょうごん)〈下〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

穢土荘厳(えどしょうごん)〈下〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

穢土荘厳(えどしょうごん)〈下〉を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする