マディソン郡の橋

  • 237人登録
  • 3.56評価
    • (18)
    • (22)
    • (41)
    • (8)
    • (0)
  • 28レビュー
制作 : Robert James Waller  村松 潔 
  • 文藝春秋 (1993年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163138404

マディソン郡の橋の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男は、このような恋愛を下敷きに別の恋を探し求める。女は、このような恋愛を想い出に日々の生活を別の男と営む……

  • 不思議な物語だった。内容的には情熱的な恋愛もの。でも、そのことを子どもに告白したフランチェスカもかっこいいと思ったし、フランチェスカを想うロバート・キンケイドもかっこよかった。

  • '94当時の読書メモより。

    ロバート・キンケイド。彼が撮った写真が見たい。

  • 全く内容を知らずに読み始めました。
    ひとりの男性と女性との恋愛模様。
    恋愛系の話は普段読みませんが、実話をもとにしており
    大いに感動しました。
    お互い好意をもっていたとしても、結ばれない恋。
    とても切ないです。。。

  • この小説は、著者にある人物からの接触によって物語が始まります。
    その後の取材を通して解った事を元にして書かれたものです。

  •  う~ん、4日間の大恋愛なのに、妙に穏やかに感じるなあ。もう少し、激しさがあってもいいのに。

     これ、確か映画で観たんだけど、クリント・イーストウッドが妙に老けてる気がして、20代の私には入り込めなかった記憶があります。40になった今なら多分、気にならないけど。

  • 美しい愛の物語で、その情景が自然と浮かんできた。
    本の世界が綺麗過ぎたために、映画は、残念だった。

  • 1993年(平成5年)第1位
    請求記号:933.7ウ 資料番号:010340024

  • 何度も読んで何度も号泣した本。

  • 当時ベストセラーだったと記憶している。
    わかりやすくベタな作品。
    高校生の自分にとってはわかりやすく感動。
    愛の形なるものを感じていたのかも、しれない。
    これまた通り過ぎた道。

    評価はあくまで当時の記憶。
    この歳で読み直したらどうなんだろう。
    もっとも手に取ろうともできない自分がいるが。
    それもまた通り過ぎた道。

    実家にあり

全28件中 1 - 10件を表示

マディソン郡の橋のその他の作品

The Bridges of Madison County カセット The Bridges of Madison County ロバート・ジェームズウォラー
ハードカバー ロバート・ジェームズウォラー
The Bridges Of Madison County ペーパーバック The Bridges Of Madison County ロバート・ジェームズウォラー

ロバート・ジェームズウォラーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
スペンサー ジョ...
村上 春樹
宮部 みゆき
東野 圭吾
ダニエル キイス
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

マディソン郡の橋に関連する談話室の質問

マディソン郡の橋を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マディソン郡の橋を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マディソン郡の橋の作品紹介

橋の写真を撮りに来た男と、アイオワ州マディソン郡の農夫の若い妻。ふたりの愛は、時間の残酷さと、人の心の頼りなさにうちかった。

ツイートする