午後四時の男

  • 45人登録
  • 3.63評価
    • (4)
    • (5)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Am´elie Nothomb  柴田 都志子 
  • 文藝春秋 (1998年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163176208

午後四時の男の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブラックユーモアの利いた作品から、人間の醜さや滑稽さが立ち上っている。夫婦の余生に恐ろしい邪魔が入る、というところまではありがちだけど、そこからの展開が何とも言えない。

  • 引退して静かな田舎に夫婦そろって住みはじめ、ハッピーな老後が始まるはずが・・・午後四時に決まって訪れる男。
    隣家の夫婦関係や、お互いの行動がエスカレートしていく過程など、ぞっとする。

  • 最後どうしてああなったのかいまいち分からなかった。この作者は話の広げ方はうまいけど、まとめるのが下手なんじゃないかと思う。

  • 主人公の一人語りで進む
    途中、不可解で不愉快なことは伝わるけど。。
    なんか、あまり。。

  •  読み始めは面白かった。
    主人公エミールは元高校のラテン語・ギリシャ語教師で、小学校時代の同級生ジュリエットと結婚して43年になる。定年退職後、誰からも干渉されずに妻と2人きりの生活を夢見て、森の一軒家に引っ越してくる。ある日、たった1件しかない隣家の男が挨拶に訪れ、翌日も、翌々日も、その後も午後4時になると押し掛けてきては無言で2時間を過ごしていく。
    老夫婦の静かな生活は、この思いも寄らなかった人物によりジワジワと浸食されていく。そんな中、自身の中に思わぬ闇の部分を見つけてしまう。

全6件中 1 - 6件を表示

アメリー・ノートンの作品

午後四時の男を本棚に「積読」で登録しているひと

午後四時の男の作品紹介

ついに手に入れた理想の「家」。しかし、午後四時になるとわけもなく訪ねてくる男がいて…。不可解が不安を生み、いつしか敵意が殺意にかわって-。

ツイートする