長助の女房―御宿かわせみ

  • 36人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 平岩弓枝
  • 文藝春秋 (1999年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163186009

長助の女房―御宿かわせみの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 御宿かわせみシリーズ26巻、表題作「長助の女房」畝源三郎の下で岡っ引を務める深川の長寿庵の主人・長助が、お上から褒賞を受けた。町内あげてのお祭騒ぎの中、取り残されたように、一人ぼんやり寂しげに店番をする女房おえいを見かけたるい達は贈り物を贈ることにする。おえいは事件を起こし江戸払いになったはずの辰吉の姿を見かけたことから…。「千手観音の謎」神林家の祖先が紀州候から拝領した千手観音を取り出そうとした香苗がうっかり床に落として壊し、東吾に相談しとことから繋がる事件…。展開が面白くほのぼのとした秀作。

  • 御宿かわせみシリーズ8編。今回は長助一家と神林家のほのぼのが印象に残る。かわせみの東吾夫婦より子供達が表に出てくる様子。ただ、秘密の兄妹である麻太郎と千春の将来に対する懸念は雰囲気を壊すなぁ、平岩さん、本当にそちらへ持っていくつもりなんだろうか・・
    各話の事件エピソードはマンネリ。それでも東京時代は京王線を使っていたので、「玉川の鵜飼い」での街道地名やら説明は現代と比較して楽しかった。

全2件中 1 - 2件を表示

平岩弓枝の作品

長助の女房―御宿かわせみはこんな本です

長助の女房―御宿かわせみを本棚に「読みたい」で登録しているひと

長助の女房―御宿かわせみを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

長助の女房―御宿かわせみを本棚に「積読」で登録しているひと

長助の女房―御宿かわせみの文庫

長助の女房―御宿かわせみのKindle版

ツイートする