レキオス

  • 92人登録
  • 3.32評価
    • (6)
    • (10)
    • (37)
    • (4)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 池上永一
  • 文藝春秋 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (502ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163192109

レキオスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • H29/9/20

  • 笑っていいのか悪いのかよくわからない場面が多くて戸惑った。真剣だと思ったら変態で、変態だと思ったら真剣。
    たまーにサマンサがかっこいいことを言うのでうっかり惚れそうになる。人権が好きなの、とかね。くすくす。

  • 2012.11.13.読了

    すさまじくぶっ飛んでる。
    私の頭が追いつかずなんだかよくわからないままに終わっちゃったジェットコースターみたい。
    スピード感はすごく気持ちいいし、キャラは全員濃くて面白い。
    シリアスになりそうになるとギャグがはいる。
    チルーのキャラがつかめないまま終わったな。
    もう一回読み返そうと思えない疲れ。

  • 池上永一の描く女性はいつも破天荒で強いなぁと思っていたのですが、このレキオスにでてくる女性たちもみな曲者揃いで、とにかく強い。一本芯が通ったキャラクターばかりです。
    基地のある「沖縄」を舞台に、さまざまな登場人物、いろいろな歴史や陰謀が交錯していくのですが、正直とっちらかった印象はあり。最後まで読んで「あれ?主人公って誰だっけ? 陰謀ってなんだっけ?目的ってなんだっけ?」と少々混乱しました。
    「シャングリラ」も登場人物が多かった感はあるのですが、ストーリーの進む道が一本線でわかりやすかったかなぁ。
    でも池上永一の描く女性はいつも楽しくて破天荒で好きです。

  • 2012年6月23日読了。「このミステリーがすごい!」2001年度の20位の作品。米兵の黒人男性と沖縄女性との間に生まれた女子高生、デニス。基地の町「天久」に眠る力「レキオス」を巡る米軍・秘密組織・軍の利用を企む大佐と変態学者(!)らの情報戦と、沖縄を巡る数千年前からの因習に巻き込まれ・・・。沖縄基地問題の薀蓄あり、物理学や量子力学に関する知識あり、戦闘機による空中戦あり、魔術や超能力(サヂ)あり、イカレキャラありとてんこ盛り、「アニメっぽい」との意見も聞かれる作品のようだが・・・面白くはあるが一部キャラに見られるような暴走悪ノリには少々ひいてしまうか。米国・中国・日本と琉球王国が交錯し、魔術あり軍隊ありの沖縄とは、アクション物語の舞台にするには面白い場所なのかも。

  • 沖縄を舞台にした話だった。
    セヂに強い魂に流れる性質があるのかぁ。強い意志を持った人に力は寄ってくるということかな? あ〜、ダメと思うよりイケルと思わないとね〜。

  • 「広美はわんわん泣いた。泣くたびに微かな記憶が流れ落ちる。それを保持できなくて、また泣いた。あそこに幸せがあったような気がする。もう二度と手に入らない時間のような気がする。広美の涙は止まらなかった。広美が空を見上げる。夜空一面に銀世界が広がっていた。」

    注:主人公は広美ではありません。

    とにかく、突拍子のない池上ワールド・・・。
    えぇー!?えぇーーー!?!?と、コロコロとマンガのコマ送りのように変わるシーンに喰らい付いていくのに必死で、気付いたら、最後まで来ていて、読後にはどっと疲労感が・・・。
    という、すごいジェットコースターストーリー。

    嫌いじゃないんだけどね、それでもなんだかモヤモヤとするこの違和感は何!?
    『テンペスト』を読んでいたから理解できる、ユタとか沖縄の歴史、いきなりこれはきついんでない?と、どこかにも書いてあった、読者を選ぶ書き方に、モヤモヤ。
    そして、シリアスなシーンなはずなのに、どこかぶっ飛んだキャラクターたちに、翻弄されているかのように見える文体。
    ギャグにしたいのか、コメディにしたいのか、それともファンタジーにしたいのか、、全部なのかどうなのか、、、と、そこにヤキモキ・・・。
    と、とにかく疲れた1冊だった・・・。
    それでもきっと池上さんのほかの作品に手を出すことが予測されます。
    500ページは長いよぅ。

    【9/21読了・初読・市立図書館】

  • 相変わらずぶっとんでいた池上永一。楽しかった。彼の書く変人・変態は個性が強過ぎて、インパクトが……。

  • 池上永一、やりすぎでしょう!
    2000年、沖縄を舞台にした破天荒なストーリーだ。これはSFなのか、ファンタジーなのか。
    世界をまたにかけて暗躍する奇妙な組織「GAOTU」、CIA、米軍など「イカニモ」な集団と人物が登場し、沖縄独特の文化であるユタやノロと、米軍基地の功罪、古来からの呪術が絡み合ってトンデモない物語に昇華している。
    GAOTUの目指すものに『シャングリ・ラ』を彷彿とさせられ、沖縄とペリーをめぐる歴史に『テンペスト』を連想し、米軍基地や沖縄の失業率の高さなどの問題に、池上永一の沖縄への愛情と憂慮を感じた。
    荒削りすぎ、物語として破綻を感じるところもあるけれど、これは彼の基礎を体現した一冊なんだろうな。

  • 2000年沖縄、アメレジアン(日米のハーフ)のデニスは恐ろしい容貌の幽霊に取り憑かれるが。
    まともなのは主人公だけで、他は見事にハチャメチャな人物だらけ。
    一番クレイジーなサマンサ博士の言葉が気づかされるものがあります。
    沖縄出身の著者なので、ニュースでは分からない問題やリズム感のある沖縄口(ウチナーグチ)も学べます。

全15件中 1 - 10件を表示

レキオスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

レキオスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レキオスはこんな本です

レキオスのKindle版

ツイートする