熱帯魚

  • 179人登録
  • 3.12評価
    • (6)
    • (15)
    • (60)
    • (12)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 吉田修一
  • 文藝春秋 (2001年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163198408

熱帯魚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3つの作品の中でいちばん面白かったのは「グリンピース」で、明るさと暗さが上手くミックスされていた作品だったと思う。でも吉田さんっていい意味で、自前で世界を全てを作ってなくて、ほかの作品から受けてきた影響に対して、かなりオープンな人のよう気がするなぁ・・・。

  • 3つの短編が入っています。どの主人公もひどい男たちで共感できないのに、不思議と話に惹かれてしまいました。読み終わった後に何が言いたかったんだろうって考えさせられる作品たちでした。もうしばらく吉田修一さんの本を読んでみようと思います。

  • 読み疲れた。

  • だめでした。

  • 【配置場所】工大一般図書【請求記号】913.6||Y【資料ID】10104482

  • 熱帯魚
    グリンピース
    突風

  • 芥川賞候補になった表題作の他、「グリンピース」「突風」の二作を収める。
    大工の大輔は、真実とその娘の小麦、それからニ年だけ兄弟になったことのある光男と暮らしていた。光男は働きもせず、一日中家にある熱帯魚の水槽を眺めている。
    そんな同居人たちのために、自分はこんなに精一杯やっている。なのに誰も分かっちゃいない、と苛立だつ大輔。その姿が痛々しい。彼をやさしく受け入れる周囲の人間たちが癒し効果か?(熱帯魚)
    個人的には「グリンピース」が好き。千里という恋人がいながら友人の彼女にちょっかいを出す主人公草介。何だ、この男は!と憤慨しつつ、恋人同士って実はみんなこんな感じで続いていくのかな、と思うような作品。

  • 男の人の書く文章。武骨で不器用で。ちょっとスケベで。荒削りな感じの小編が三つ。すごく面白いわけでも、共感できるわけでもないんだけど。なんか、その辺にいそうな人の、どこかで営まれているであろう日常をきりとった感じで。好きではないけど、嫌いでもない。不思議な読後感だった。

  • 『熱帯魚』『グリーンピース』『突風』の3つからなる短編集。
    登場人物は違うが、一貫して言えるのは主人公が自分勝手でS気味(笑)ということ。でも、なぜか共感してしまうのは自分にも心当たりがあるからなのか。
    3作品の中では、最後の『突風』が良かった。特に九十九里の片田舎から突如、新宿の大都会へ疾走(失踪でもある)するフィアットバルケッタは最高にスリリングだった。そして、見事な放置プレイに失笑した(笑)

全30件中 1 - 10件を表示

熱帯魚のその他の作品

熱帯魚 (文春文庫) Kindle版 熱帯魚 (文春文庫) 吉田修一
熱帯魚 (文春文庫) 文庫 熱帯魚 (文春文庫) 吉田修一

吉田修一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉田 修一
伊坂 幸太郎
吉田 修一
奥田 英朗
吉田 修一
吉田 修一
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
吉田 修一
伊坂 幸太郎
吉田 修一
石田 衣良
吉田 修一
伊坂 幸太郎
吉田 修一
湊 かなえ
吉田 修一
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

熱帯魚に関連するまとめ

熱帯魚を本棚に「読みたい」で登録しているひと

熱帯魚を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

熱帯魚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

熱帯魚を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする