神のふたつの貌

  • 117人登録
  • 3.00評価
    • (3)
    • (8)
    • (42)
    • (12)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 貫井徳郎
  • 文藝春秋 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163203201

神のふたつの貌の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 神の声が聞きたい、牧師の息子の願いに沈黙する神。牧師一家の裏の貌と少年に宿る狂気。神の声を聞きたいがために重ねる罪、何も疑わずに一身に信じれば、この小さな存在に気付いてくれるのだろうか。救いでもいい罰でもいい、我を導き賜え。貫井さんの小説では読者に問題を突きつけ、結末は読者のご想像にというのが多いような印象です。本作では宗教というある意味格段に重いテーマを投げかけている。

  • このところ、貫井作品を読んでいるが、これはあまり評価出来ない。
    なんとなく、分かるような気もするが、表題通り、(神のふたつの貌)なのだろう。整合性のないところが。。。。
     途中から、誰のことやら、分からなくなってしまった。私の理解不足?

  • 怖い話だ。
    宗教をテーマにした話。
    重い。

    最後の最後に文脈上のトリックが明らかになるのですが、かなり頭が混乱した。流れがよく分からなくなる。

  • クリスチャンが読むとどう思うのかな…

  • 信仰とは、というテーマに弱い私は、ついつい★4を付けてしまいます。
    主人公がただひたすらに、神の愛について考えているという、終始一貫した内容に、
    じれったく、もどかしく、イライラする人も多いかと思いますが、私にはそれが良かったんです。

    限定されてしまう例えですが、『ジョジョの奇妙な冒険』の6部に出てくるプッチ神父は、自らの行いこそが正義と信じている所が、歴代ラスボスの中で“最もドス黒い邪悪”と言われていますが、この主人公にも同じ匂いを感じました。

    ちょっとしたミステリ要素もありますが、ミステリ好きならあっさりと気が付くと思うので、
    よほど信仰とは、神とは、宗教とは、といった話題に興味がある人でないと、読後感がよろしくないと思われます。
    でも、個人的には面白かったです。好きです。

  • キリスト教ネタは・・・・・なかなか馴染めません。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/10205728.html

  • 「神」について考えずにはいられないように、「神」を主題に掲げた物語を読まずにはいられない。
    そしてその結末は、「神」という対象を生まれながらに擦り込まれながら生きる人にとっては、必然だったのかもしれないと。
    それは「神」について考えると言いながらもその不在を前提にしている私には、おそらく本能的に到達できないところなのだろう。その絶対的な未熟さが悔しくもあり。
    もう一度、時間をおいて読みたい気も、する。

  • 貫井さんらしい相変わらずの後味ですが面白かった。
    けっこうな厚さでも先が気になり一気にすらすら読めた。

    読んでる途中で色々と考えさせられた。死を救いにすることはやはり許されないことなのか。

    この作者の書く少年像が好き。
    自己把握が的確な感じが堪らない。

  • 途中「ん?(ω・ )??」ってなってたところも終盤にさしかかって納得。
    確かに私も好きな感じの小説でした(笑)
    まるであらすじが決められているかのような人生すぎてた…。

  • ●あらすじ●
    (第一部)早乙女は田舎町の教会の牧師の息子である。厳格な父は小さいながらも由緒ある教会を模範的な宗教者として運営していたが、牧師の妻になりきれない母には鬱屈が溜まっていた。無痛覚症で痛みというものを知らない早乙女は小学生には似合わない態度で父と母を見つめていた。そんなときヤクザに追われているという青年が礼拝のさなかに現れ、教会の居候として居ついてしまう。決して悪い人物ではなかったが青年の存在は牧師一家に辛うじて保たれていたバランスを崩していく。

    (第二部)大学生となった早乙女はクラスメートの女性と付き合うようになった。彼女もクリスチャンで片足に障害があった。素直に神を信じる彼女を早乙女は羨ましがる。足の障害という苦行が彼女に神を近しいものにさせたのではないか。交際が深まり、彼女の妊娠を打ち明けられ動揺する早乙女。一方、早乙女のアルバイト先のコンビニで突然帰って来た経営者の息子によりトラブルが引き起こされようとしていた。

    (第三部)郁代は結婚に失敗して心を病んでその町に帰って来たが実母との折り合いが悪く、彼女の居場所は早乙女が牧師を勤める教会だけだった。早乙女は郁代が自分に惹かれていることがわかるが、妻を亡くした身であってもどうしてやることもできなかった。そんなとき郁代の前に余所者の男が現れる。さらに早乙女は、息子の創が何かに悩んでいるのに気づく。

全21件中 1 - 10件を表示

神のふたつの貌のその他の作品

貫井徳郎の作品

神のふたつの貌はこんな本です

神のふたつの貌を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする