推理作家になりたくて〈第1巻〉匠―マイベストミステリー

  • 26人登録
  • 3.15評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
制作 : 日本推理作家協会 
  • 文藝春秋 (2003年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163219608

推理作家になりたくて〈第1巻〉匠―マイベストミステリーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スカイルBF

  • 新旧のミステリー傑作アンソロジー。

  • 平成27年2月7日読了

  • ミステリー作家が選んだ“もっとも好きな自分の作品”と“もっとも好きな他人の作品”そして選んだ理由を解説したエッセイまで収録された贅沢なアンソロジーの第一巻。

    柴田よしきの『聖夜の憂鬱』/宮部みゆきの『決して見えない』は既読。

    『匠』という題の通り、どの作品も最後に不思議な味わいがあって良かった。
    前から気になっていた、夏目漱石の『夢十夜』が読めたのは嬉しい驚き。
    阿刀田高の『運のいい男』/佐野洋の『お試し下さい』/乃南アサの『かくし味』が良かった。

    【収録作品】阿刀田高『運のいい男』・結城昌治『替玉計画』/佐野洋『お試し下さい』・結城昌治『葬式紳士』/柴田よしき『聖夜の憂鬱』・荒巻義雄『版画画廊の殺人』/志水辰夫『ダチ』・菊池寛『入れ札』/乃南アサ『かくし味』・夏目漱石『夢十夜』/宮部みゆき『決して見えない』・今邑彩『双頭の影』

  • アンソロジーなのでいろんな作風が味わえる。楽しい。

    どれも読みやすく面白かったけど、乃南アサの「かくし味」、ラストはおおよそ予想がつきそうな物だったがそれでも震えが来た。
    言葉にはできない不条理さというか、そんなのってありかよ!と。

  • 一人の作家の短編集だと、やはり良い作品とそうでもない作品が出てしまうと思う。この本は、それぞれの作家に、大きな影響を与えた作品の短編集という事ではずれが少なく、一つ一つが何かしら注目点があるものでした。
    こういう形式は良いかもしれないと思いました。

  • これはまだ読んでいないのだけれど、ほかの迷・謎・鍵・謀・影は読んだ。
    アンソロジーになっていて、読んだことのない作家さんのも読めるというのが醍醐味である。
    この作品シリーズで笹沢さんの赦免花は散った (木枯らし紋次郎)をはじめて読んだのである。そういう出会いがあるのが素敵。

全7件中 1 - 7件を表示

阿刀田高の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

推理作家になりたくて〈第1巻〉匠―マイベストミステリーはこんな本です

推理作家になりたくて〈第1巻〉匠―マイベストミステリーの作品紹介

当代きっての人気作家たちが、自身の作品の中で最も思い入れのある短篇と、過去に影響を受けた、他作家の短篇を選び収録。更にはその2篇にまつわる書き下ろしエッセイを添えた、超強力アンソロジー。これを読めばあなたもミステリー作家になれる。

ツイートする