こんなもんじゃ 山崎方代歌集

  • 34人登録
  • 4.40評価
    • (9)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 山崎方代
  • 文藝春秋 (2003年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163219707

こんなもんじゃ 山崎方代歌集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名前といくつかの歌は知っていた。ここには413首あるという。技巧を駆使する人ではない。普段遣いの言葉で詠んでいるのに、不思議な力がある。急にどこかに連れ去られたり、自分に矛先を向けられたり。生涯独りだったけれど周りはにぎやかなようにも思える。「しまう」「しもうた」の結句は泣き笑いの感じ。

  • 図書館から借りました

     短歌集。
     「首」に入っていた短歌も入っているが、それ以外もある。
     発行は2003年。
     首は1981年だから、こっちの方が圧倒的に新しい。

     ここで気に入ったのは。
    「へり少し こぼれておれど この壺の つぼの姿勢は 常に正しい」

     色紙に書きたくなるような言葉ですね。
     この人の短歌はお日様の匂いと、土の匂いが濃いのです。

  • 本当にさりげない言葉なのに、はっとさせられ、胸を突かれる歌ばかり。
    自分を振り返らせられる歌集です。
    手元に置いて、時々パラパラと捲りたい一冊。

  • 「丸出しの甲州弁で申します花は死であり死は花である」

  • ひとりが染みこむ短歌集
    小さな絵本屋さんおすすめ

  • 言葉では説明できない衝撃を受けた歌集。

  • だいすき…!!永遠に好きな歌人です 素敵すてきほんとに好き 最初新聞のコラムで知って、これ買って、更に胸をがしっと掴まれました 声を大にしておすすめしたい

全8件中 1 - 8件を表示

山崎方代の作品

こんなもんじゃ 山崎方代歌集はこんな本です

ツイートする