CHEAP TRIBE-ベイビー、日本の戦後は安かった

  • 29人登録
  • 3.30評価
    • (2)
    • (3)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 戸梶圭太
  • 文藝春秋 (2003年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163221106

CHEAP TRIBE-ベイビー、日本の戦後は安かったの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貧しい炭鉱労働者の子供として生まれた永吉の惨めな生涯を描いた作品。戸梶圭太らしく慈悲も遠慮もない表現。爆発的な面白さにはやや欠けるか。

  • 東北の零細炭抗に生まれ、偽大学生としてデモに参加、強姦未遂で殺人、ムショを出たらホームレス。時代に流された沼田永吉の人生.
    学生運動、ノストラダムス、覚醒剤、援助交際と、ハマっていく主人公.
    対照的に登場する警察官の前に
    身元不明の死体となって終了

  • 2004.11.22

  • 時代に翻弄されつづける男の一生を年代ごとにつづる。
    永吉の目を通して時代が見える(ような気がする)。

全5件中 1 - 5件を表示

戸梶圭太の作品

CHEAP TRIBE-ベイビー、日本の戦後は安かったはこんな本です

CHEAP TRIBE-ベイビー、日本の戦後は安かったの作品紹介

トカジがほじくり出す、ダメ男の爆裂的人生。できればなかったことにしたい昭和史。

ツイートする