転がしお銀

  • 11人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 内館牧子
  • 文藝春秋 (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163221809

転がしお銀の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何年か前にテレビで放送されているのを見て。
    いつか原作読んでみようと思っていましたが、叶いました。

全1件中 1 - 1件を表示

内館牧子の作品

転がしお銀はこんな本です

転がしお銀の作品紹介

奥州高代藩の元家老山岡網右衛門は、部下の不始末の責任を負って切腹した息子の仇を討つため、娘の菊と共に江戸へ出た。町人に身をやつし名も八十吉、お銀と変えた二人が住んだのは、深川の貧乏長屋だったが、たちまち化け物騒動に巻き込まれる…様々な過去や秘密を持つ人々が織りなす興趣あふれる人間ドラマ。

転がしお銀の文庫

ツイートする