富士山

  • 212人登録
  • 3.30評価
    • (11)
    • (32)
    • (88)
    • (11)
    • (0)
  • 40レビュー
  • 文藝春秋 (2004年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163227405

富士山の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔から「富士山」とか「東京タワー」って、見えるとそれだけでうれしくなる自分がいる・・・

    きっと多くの人が富士山に救われているんだろうなって思えるし、
    遠い昔から、未来へと時代が変わってもそれは変わらないのだろう・・・

    本書には、そんな富士山をモチーフとした4つの短編が収められています。
    是非、ご覧あれ♪

  •  富士山が登場する4つの話で構成されている。どの話でも富士山は、主人公を見つめ、考えさせる。主人公は皆、幸せな境遇にあるわけではない。自分という人間を評価出来ず、もがき苦しんでいる。富士山は、そんな主人公のありのままの姿を受け入れ、希望を与える…。

  • ユニークな作家だと思う。
    同時に人の心にきちんと向き合おうとしてる人だと思う。
    富士山は彼女らしいカラーが上手く出た作品。短編集だけど読み応えあり。

  • 日本人がなぜか心の拠り所としてしまう不思議な存在・富士山にちなんだ連作短編集、4編。
    富士の裾野にある教団に属している男の妄想を描く・・・『青い峰』、
    3人のオカルト好きな中学生が樹海に野営して体験したこととは・・・『樹海』
    ゴミ屋敷に住む老婆とゴミ撤去をしようとする市役所職員のやりとり・・・『ジャミラ』
    産婦人科の看護士としていたたまれない思いのまますがるようにして富士登山をした女のゆくえ・・・『ひかりの子』

    最初の数ページこそなんじゃこりゃ!と思ったものの、ぐいぐい引き込まれた。
    唯一読んだことがある小説・コンセントと同じく少しグロテスクな描写があるけども
    どの登場人物もすごく必死で「自分」を追い求めているのが分かって感情移入してしまう。
    さらにエッセイでも感じたことがあるが田口さんの文章には何か光るフレーズが必ずある
    それが読んでいてたまらずに嬉しい。田口さん自身の魅力なのだろうな。
    一番好きなのは最後の『ひかりの子』。
    軽い気持ちで人工中絶をしていく少女たちに心を傷める看護士の気持ちが切々と伝わってくる。
    この短編を読み終わったときにすごく優しい気持ちになれた気がする。


    ネタバレ→




    特に印象に残ったフレーズたちを書きとめておきます

    「そう。血液もきっと身体の外に出てきて見てほしいんだ。赤だよ、危険だよ。血が出てるよ。
    危険だよ。色ってメッセージでしょ」   『青い峰』

    「そういえば、私は赤ちゃんを抱いてる時、抱いているのに抱かれているようにも感じる。
    なぜだろう。」     『ひかりの子』

  • 富士山をモチーフにした4編。田口ランディさんて体のこと描くのがすごく上手で、苦しいシーンなんてホントにこっちまで苦しくなる。田口さんにかかると感情も臓器の一つなのだなと思う。富士山はどんな人のどんな苦しみも飲み込んで、いつもそこにあるってのがいいね。

  • 元オウム信者のコンビニ店員の話「青い峰」、中学卒業の記念に樹海に入り自殺志願者と出会ってしまう3人の話「樹海」、役場の青年とゴミ屋敷の老婆の話「ジャミラ」、堕胎手術に嫌気が差したナースがほかの女性達と富士登山する話「ひかりの子」。2010/5/28 読了。

  • タイトルと言い装丁といい内容といい全部好き。
    「あとがき」もグッときた。
    ランディ女史の作品の中では,今のところMy Best 1。

  • 後書きより
    テロリストが日本を狙うとして、一番日本人が嫌がる場所は?

    富士山。

    その後書きが面白かった。
    本章を読んだから面白かったという繋がりもお忘れなく。

  • 富士山は、日本人の心の原風景。生と死を孕んだ、ときに怖いほど美しく、巨大な富士山は、どこから見ても、どんな瞬間に見ても、人をハッとさせるんだなぁ。そんなことがしみじみわかる短編集でした。

  •  富士山が共通項の短編をまとめた一冊。コンビニを舞台にした「青い峰」、中学卒業記念に樹海に行く男の子三人の冒険譚「樹海」、ゴミ屋敷の住人と市役所の環境課職員の関係を描く「ジャミラ」、女性向けツアーで富士登山に挑む看護婦の物語「ひかりの子」の4篇。

     田口ランディは初めてだったが、違和感なく入りこんでするすると読める、好みの本だった。「青い峰」では、それぞれ傷を抱えながらコンビニで働く二人の気持ちの重なりかた、ズレかたにドキドキした。人間関係に臆病な岡野だが、その思想に好感。
    「樹海」での知らないこと、分からないことに興味を持つ男の子たちの考え方には、そうそう、私にもそんな時期があった、と懐かしく思った。

全40件中 1 - 10件を表示

田口ランディの作品

富士山に関連する談話室の質問

富士山はこんな本です

富士山を本棚に「読みたい」で登録しているひと

富士山を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

富士山の作品紹介

この世界に暖かい光が差し込んでくるせつなくも美しい魂の彷徨を描く最高傑作!小説集。

富士山の文庫

ツイートする