対岸の彼女

  • 3050人登録
  • 3.55評価
    • (304)
    • (479)
    • (878)
    • (77)
    • (19)
  • 567レビュー
著者 : 角田光代
  • 文藝春秋 (2004年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163235103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

対岸の彼女の感想・レビュー・書評

  • 学生時代も社会に出てからも女って面倒くさい。運良く私は学生時代にトラブルはなかったし、中学からの友達と今でも一番付き合いがある。そして、この人は信頼できるという前職の友人も何人かいる。
    でも、歳を重ねただけ友人だった人の裏切りにも合ったし、かつてあんなに一緒にいたのに今では名前も忘れるくらいな友人(?)もいたり…今でも職場では表でいい顔して、上司にあることないこと告げ口しまくっている年上女に悩まされたり…そんな面倒くさい関係がリアルに綴られていた。
    女って何でこんなに面倒くさいんだろうと何度も思いながらも自分も他人から見たら面倒くさい時があったりして、未だに抜け出せなくてもがく自分がいる。女って一生そうかもね。

  • いわゆる普通の主婦・小夜子と、小さな会社の女社長・葵の物語。同い年で大学が一緒だという過去の偶然がきっかけで、小夜子は葵の会社で働きはじめる。とても気が合いずっと仲良くやっていけるような気がしていたが、立場の違う二人はだんだんとすれ違っていき…。

    久々に本読んでて、何かがせり上がってくるのを感じた。感動して泣く、というのともまた違うんだけど。

    ひとつ、印象に残った言葉。
    「ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも、ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと出会うことのほうが、うんと大事な気が、今になってするんだよね」

    なんか、学生の頃のこと思い出した。
    私も集団生活が苦手で学校生活もかなり苦戦したし、正直ひとりで居たほうが楽だと思ってたけど、でもやっぱり完全に孤立するのは怖かった。必死に頑張れる“何か”も見つけられてなかったから尚更。
    たまに人とつるむことにうんざりしてひとりで行動することはあったけど、それでも完全に孤立することはないようにって注意深く行動してた気がする。ひとりきりでもなんにも怖くない、とは言えなかった。

    大人になっても似たような繰り返しなんだって絶望して、その煩わしさを避けるように、ひとりでも出来る今の仕事を選んだ。
    社会に出ても学校の中の構図とほとんど変わらなかったから。仲間外れとか陰口とか、それらを避けるためにはうまく処世しなくちゃいけないこととか。ただ年齢が上がってるだけで、なんにも変わらなかった。その事実にぞっとしたんだと思う。

    結局は大人になってからも同じで、自分にとって大事なものが信念みたいな形で明確にわかっていれば、余計な横の繋がりなんてなくても大丈夫って思えるんだよね。
    今は無理に誰かと仲良くしなきゃとか全然思わないし、そういう中で違和感なく一緒にいられる人たちと出逢っていくんだってこともわかった。
    そういう感覚を学生のときに知ってたらずっとずっと楽だったんだろうけど、毎日続く学校生活ではなかなかそんな風には思えないよね。一段一段上ってきたから思えることであって、一気に全部飛び越えて強くなるなんて無理だから。

    そんなことを思った、思わされた小説。
    角田光代の小説にはしばしば打ちのめされます。こういうことあるあるって思う。特に女性はそう感じると思う。

    途中は葵に感情移入して辛くなったけれど、ラストは光を感じられるような終わり方でよかった。
    女同士って実際こういうすれ違い方をする。そういうことをリアルに感じられる作品でした。

  • 現在と過去の高校時代の場面の切り替えがとても巧い。
    混乱することなく、スムーズに読み進められる。

    ナナコは、『何もこわくなんかない。こんなところにあたしの大事なものはない。いやなら関わらなければいい。』と強い女の子の印象だが、実際は帰りたくないと泣き出し、葵と逃避行してしまう女の子。
    悲惨な境遇ゆえ学校では、どこにも属さないピエロを演じていたようだ。
    そんな不思議系ナナコには、好感を抱いた。

    葵の父親のグッドジョブな計らいで、再び渡良瀬川での再会のシーンは、嬉しいはずなのにどことなく永遠の別れを予感させる。

    高校時代、 夏休みの伊豆でのアルバイトと、現在の掃除の仕事、そして小夜子と葵との関係は重なり合うものがある。

    一人の人生ってそんなふうに、繰り返し繰り返し似たような相対関係が在るものなのかなと感じた。

  • 高校時代のパートはいいなぁ…すごくいい。
    アオイとナナコが生き生きしていて、どの場面も(苦しいところでも)魅きつけられる。
    彼女達の笑顔と、川や海の美しい光景も鮮やかに目に浮かんだ。
    行き着くところはどうあれ、二人が出会ったことは確かに眩しい幸福だった。

    …この、高校時代だけで良かったなぁ、私は…。
    現在パートの始まったところでは興味の持てたアオイもサヨコも、好感は読めば読むほど失われてしまった…。
    まずアオイは何なの…。
    自分の満たされなさにナナコぶって(まあ下手な物真似!)他人を巻き込んでビジネスをさえ装うとか…。
    こんな経営者、私も辞めるわ。
    何で辞めた方が悪者みたいな描き方なのかわからない。
    そしてサヨコも何様なのか…。
    幼稚園ママ達が保育園を悪く言う場面が特に苛立った。
    サヨコに対しても、作者に対しても。
    全編通じて一面的なんだよね…。
    サヨコは働く母と家にいる母、両方がわかるはずだろうに、何で断罪目線なの何で自分は違うって目線なの。
    現在だけでなく、これまでも彼女はそうやって自分は違うと無意識に上から見ていたんだろうな…そりゃあ友達出来ないわ。
    で、働きたい、自分はそれが合ってる、と思うのはいい。
    それは個人の選択。
    でもそこで選ぶべきは中越典子の方だろう…。
    アオイに友情を感じていたから、ということにしたいんだろうけど、私には双方どちらも友情を感じられない。
    アオイは自分をナナコのように感じさせてくれるサヨコが便利、サヨコは自分を便利だと思ってくれるアオイが便利。
    結局、二人ともナナコの幻を介していて、お互いを真っ直ぐに見ることなしに終わる。
    アオイの次の会社も二人の仲も、また大して経たずに終わるだろう。
    バッドエンドとして書かれているなら私はむしろ納得したのだけど、ハッピーエンドなんだよね、作者としては…。
    高校パートは本当に良かったので、現在パートが私に合わなかったのがとても残念だった。

  • 誰でも一度は私ではない他の誰かになれたなら幸せになれる。と、見えない幸せを妬んで過ごしたことがあるんじゃないかなと思う。専業主婦から社会に再び出ることの難しさ、憧れと失望感を繰り返し日々過ごす小夜子の想い。葵の心にナナコはずっと寄り添っていて大人になりそれぞれ違う世界で過ごしていても葵は心に彼女を生かして生活している気がした。歳を重ねるということは出会いに喜び別れを忘れず想いを繋げていける人ではないかとも思った。作者の書き方がとても巧く心に残る一冊。

  • 直木賞受賞作

    「ひとりぼっち恐怖症」


    そんな私世代の既婚女性小夜子と未婚女性葵のお話。
    それぞれ対岸にいる二人の過去と現代を交差させたお話。

    共感できちゃうことばかり。
    友達がいないと世界が終わる・・・
    ずっとそう思って小さい世界を生きてきたなぁ。
    いつからだろう。
    ひとりでもいいって思えるようになったのは。
    必死になって誰かと繋がっていなくちゃって思わなくなったのは。


    そんなこと思いながら読みました。
    きっとものすごく前向きになれるお話なんだと思う。
    最後はハッピーエンドだし。
    でも、私には入り込めなかったかな。
    表現の仕方のせいなのか、
    最後の展開のせいなのか。

  • 今日から第3学期定期考査が始まりました。
    早い生徒は、1時間で今日のテストは終了。で2時間目から図書室に来ていました。

    そして、今日は教職員の「学年対抗バドミントン大会」が開かれ、
    司書含めの事務部は3学年に組み込まれ、体育館にて試合が行われましたが、私はもう年なので応援に回らせていただき、久々に声を張り上げ応援いたしました。
    そのかいあって(?)、なんと、3学年が優勝。みなさん、大変お上手でした。

    角田光代著 「対岸の彼女」

    第132回 直木賞受賞
      どなたかが以前おっしゃっていました。
      やはり、直木賞は違う。と。
      何と違うかは失礼になってはいけませんので・・・。

    『大人になれば、自分で何かを選べるの?』
    女の人を区別するのは女の人だ。
    既婚と未婚、働く女と家事をする女、子のいる女といない女。
    立場が違うということは、時に女同士を決裂させる』

    『高校生のころは友だちを作るのは簡単だった。
    一緒に学校を出て、甘いものを食べて、いつか分からない将来の話をしているだけで満たされた。
    けれど私は思うのだ。
    あのころのような、全身で信じられる女友達を必要なのは、大人になった今なのに、と』

    この本を読んだのはいつだったか。
    主人公の大人になった今と、思い出のように高校生時代が描かれていますが、私は高校生時代の思い出に心が惹かれました。

    子どもであるはずの高校生が、子どもでいられないとするなら、それらは全て周りの大人のせいです。

    分類 913/カ

  • 直木賞受賞作品。
    この人は女の心理を描くのがとてもうまい。
    読んでいるとだんだん自分にもこういうところあるな、と落ち込んでくるくらい。

    最後ちょっと明るい感じで終わって良かった。

  • 第123回直木賞受賞作品。

    小夜子、女社長の葵、あかり、ナナコ、中里さん。
    作品に登場する人たちは、みんなどこかであったことのある人みたいです。

    角田さんは、非常に器用な作家さんなのではないかなと思います。
    上手だな~、という感想。
    嫌味がなくって少々羨ましい。

    器用に生きられたらいいけど、なかなかそうはいきません。
    難しいですネ。

  • 既婚、未婚というそれぞれ違った立場にいる30代の女性同士の微妙な関係、みたいなふれこみで、何となく斜めな気持ちを持ちながらも、興味がないわけじゃなかったので手にとってみたのだけど、そんな陳腐なもんではなくて、なんと言うか、思春期の女子独特の儚さや脆さ、ピュアな幼さがひたひたとしみいってきて、自分の奥深いとこにある何かが揺り起こされるような感じがして、読後、爽やかなものが残った。頬を伝う汗や、エイトフォーの香りを思い出した。

  • 再読。改めて、大好きな作品だと実感した。
    小夜子の章は現代、葵の章は過去が描かれている。どちらの時代の話もすごく共感出来て物語の中に自分が見事に入り込んでいる錯覚さえする。読書っておもしろいっと思わせてくれる1冊。

  • むか~し読んだのを再読
    やっぱり良いね


    35歳という歳と高校生という時代がリアルに描かれている
    その2つの世代の狭間の時間を考えると今の僕に近い過去と近い未来は他人ごとではない

    不確かな毎日を確かだと言い聞かせてなんとか生きる姿勢は過去も未来も変わらないけれど、決断ができるだけ過去より未来の方がクリアなのだろう
    もちろん、決断には責任が伴いそれは本当に重たいものだけど
    押し潰されそうになるけれど

    迷ったり、失敗したり、依存したり、裏切られたり
    完璧な人間はいない
    いくら歳をとっても完璧にはなれない
    昔はそれが絶望だった
    今はそれが希望だ

    間違っても毎日は生きていける
    間違っても毎日はやり直していける
    この作品はそんな救いがある

  • 面白かった。元気でた。
    同じ歳の主婦の小夜子と小さい会社を経営する葵との、奇妙な繋がりを描く。
    学生時代の葵と現代の小夜子、二つの視点で物語が流れる。
    誰もがもつ人との繋がり。人からの裏切り。環境の変化。それを乗り越え何のために生きるのか。

  • どれも、人生。

    向こう岸が輝いて見えたり、隣りの芝が青く見えたり。
    「もしかしてそうであったかもしれない・・・」、
    と考えながら生きる、
    今ココに在る私の人生の不思議。

    二人の対照的な人生を軸に、相手をみて自分の立ち位置を知る彼女たち。

    片方が抱える「過去」が明かされることで、実はもう片方もその人生に寄り添って生きていたことがわかった。

    交錯する人生は、案外面白いのかもしれない。

  • 人付き合いが苦手な専業主婦・小夜子は公園での母親同士の付き合いを避けるように3歳の娘を連れて
    数々の公園を渡り歩く「公園ジプシー」な日々を過ごしていた。
    しかしこのままでいいのか?娘のためにも良くないのではないだろうか?
    様々な不安に苛まれ小夜子は娘を保育園に預けて働く決心をする。
    何度も面接に出向いては採用に結びつかず、ある日の面接で出会った女性社長・葵は
    偶然にも出身大学が同じでしかも同い年だった。
    小夜子は自身に無いものを持ち合わせる明るく前向きな葵に惹かれてゆくが・・・・。第132回直木賞受賞作。

    旅行会社を自分で立ち上げイキイキとこなしてゆく姿の葵の現在と高校生時代の回想を交互に織り交ぜ
    物語は進んでゆく形になっている。現在からは到底想像できない葵の過去が徐々にあらわになってゆく。
    人と群れることで安心しながらも同時に不安を拭いきれない。
    他人より目立つことでのけ者にされるのではないかという恐怖。
    誰もが少なからず感じてきただろう感情がとてもつぶさに表現されていて共感できた

  • なんとなく読み始めたけど、すごく引き込まれちゃって。
    つい寝るのも忘れて夜中に読破 笑
     

  • 男性にとっては直接関係のない題材かもしれない。しかし、繊細な描写と現在と過去を交錯させる巧みな構成で、全編隙がなく、しかも小夜子に感情移入までしてしまった。タイトルがとにかく生きている。対岸にいるか、同じ岸にいるか、実は紙一重。小夜子にとって対岸にいる葵、葵にとって対岸にいるナナコ。でも、いつでも同じ岸に行ける、人間って変われるんだという前向きさを感じさせてくれた。シビアな現実を描きつつ、希望に溢れている心地よい小説。すごく良い!

  • 最近、人間関係の微妙なずれとか、周囲との微妙な違和感を描く小説によく出会うけど、多くの場合、なんとなく憂鬱な読後感だけのこって、「こういう小説も、まあアリなのかもね」みたいな感想を抱くのですが、この作品はそういう多くの作品とは明らかに異なる何かを持っていると読み始めてすぐに感じました。描写が自然で、絶妙。とってつけたような文学的修辞に鼻じらむことなく、かといってそっけないという感じもない。文体に余裕を感じます。誰かと一緒に行動し、グループに属さないと不安な女の心理が絶妙に描かれています。私は、子どものころは男勝りで、女の子グループからは率先してはみ出していたので、この本で世の女の子の幼少時代からの腐心と苦悩を目の当たりにできて、すごく新鮮な驚きでした。

  • さすが角田光代‼︎


    女子高校生葵は中学ときのいじめを契機に群馬へ引越しする。

    葵は中学時代のいじめは女子グループによる問題もあったので、高校では様子を見ながら生活をすることに決める。
    その中、ナナコと入学早々友達になる。
    葵はナナコと気が合うが、校内では親しくすることもなく、専ら放課後一緒に遊ぶ。


    その話と並行して進むのが、小夜子という主婦の話。義母の小言に悩まされたり、また夫の修二は育児にどこか協力的ではなかったり…そこで、子どものあかりを保育園に預け、小夜子は働きに出る。
    小夜子は面接を受けるが、悉く不採用。そんな中、偶然大学が同じである葵の会社に採用されることになる。

    小夜子は掃除代行の仕事を始めることにする。



    葵とナナコは相変わらず仲良くしていた。
    夏休みに2人は、住み込みで宿のアルバイトをすることに。
    電車に乗り、群馬とは違って海の見える、別世界とも言える環境に2人で住み込みながら働く日々。
    やがて夏休みの終わりに、ナナコは家に帰ることを拒否。
    2人は放浪の旅に出る。

    横浜に来た2人は、荷物を身軽にし、金銭のかからない生活を目指す。
    しかし、そこに限度を感じると、葵はかつての旧友からカツアゲをするなどもした。
    だが、そこにも行き詰まりを感じた時、2人はマンションから飛び降りる。


    やがて、葵は気づくと病院にいた。
    父と母は心配し、退院後は常に葵と一緒に誰かが在中することになった。
    葵はナナコの所在を尋ねたが、誰も教えてくれなかった。


    冬になり、クリスマスが近づいた。
    父は葵に何が欲しいか聞かれたが、葵はナナコに会いたいと答えた。
    すると、父は翌日ナナコと会わせてくれることを約束した。


    遂にナナコと会う日。
    葵は聞きたいことが山ほどあったが、いざ対面すると、言葉が出てこず、他愛のない話ばかりしていた。

  • 購入当時、なかなか私の頭の中に入ってこなくてすらすら読めず、途中で挫折をした「対岸の彼女」。第132回の直木賞受賞作で、当時ちらっと話題になりました。35歳の独身女性・葵と、同じ年の主婦・小夜子の二人の女性の生き方を描いた作品。

    今回はちゃんと読めました。仕事を初めて丸3年が過ぎ、仕事とプライベートと、友情と、よりリアルに彼女たちの感じる日常を想像できるようになったからかもしれません。

    小夜子は、一児の母。仕事もしていない専業主婦。結婚前はバリバリと働いていたけど、社会に出て人間関係がわずらわしくなったり、毎日に疲れることが多くなって、寿退社をした。結婚したら、子供ができて、旦那の言われるままにいい主婦をやっている。ただ、何か踏み込めずにいる自分に少しだけ失望している。私がこんなだから、娘も人とすぐに打ち解けられず、泣いてばかりなのではないかと、自己嫌悪の日々。

    働こうと思った。

    電話をかけた就職活動先の会社の社長が、葵だった。同じ年だった。破天荒に仕事にバリバリ、思いのままに生きているように見える葵に少しずつひかれていく。
    そんな葵の高校時代は、今からは想像もできないぐらい後ろ向きだった。いじめに合い、転校先でも自分を隠して、母との関係もぎくしゃくしている。そんなとき、出会ったナナコという同級生。二人のちょっと奇妙なだけど、とても共感できる友情の話。

    その二つが交互に語られるところに、同作の魅力があるんだと思う。対岸の右側と左側に立っているような彼女たちは、お互いをわかりあえることなどあるのだろうか。

    結婚と、仕事。それ以上に、女同士の友情とはなんなのか。
    大人になればなる程、傷ついた分だけ臆病になる。知恵をもったぶんだけ、嘘がうまくなる。本当の自分はいったいどこにいるのだろう。大人になってからの友情なんて成立しないのだろうか。

    という話。本当にわかり合える人に出会えるのって、すごい貴重だよなぁと改めて思ったりして。でもね、それは何歳になっても、奇跡やタイミングだけなんかじゃなくって、自分自身の勇気によるんじゃないかと思います。声をかける勇気。笑いかける勇気。本音を伝える勇気。自分らしくいる勇気。

    大人になると億劫になることは増えていく。まぁいいかなどと片付けてしまったり、取り繕ったりすることも。でもそれでも前に進む清々しさや、心から笑える人との出会いを知ってしまったから、年を重ねても人と過ごす時間を丁寧にしたい。

  • どうしてこんな物語が書けたのか、不思議になるくらい緻密で、でもつながっていて引き込まれた。かつ、読み終わったら、どこに特に心打たれたかもあいまいなままに泣けてしまった。
    人って孤独なのか、繋がりや友情が何かもたらしてくれるのか、家庭では、シングルの身では、いじめられている学生では、仕事の中では。うまく説明できないけど、どこか当てはまるんだと思う。

  • アラサー独身女性は読むべき!

  • 図書館で借りた本。旅行・掃除を請け負う会社社長の葵。葵の会社に採用された小さな子供持ちの小夜子。小夜子は掃除の仕事を通じ社長の葵と親しくなっていくが…葵の幼少期から高校の思い出が交差しながら話は進んでいく。いじめられっ子だった葵は住所を変え群馬に。女子校に進学し、ナナコという親友もできたのだが事件が起きてしまい…葵は程々の距離感がなぜ分からないのかと思っていたが、小夜子という似た者同士の気質だとお互いが側でずっと繋がりを持ちたいのかなと思ったりした。

  • 鬱陶しいなとか思いながらも面白かった。
    高校時代の瑞々しさに涙が出そう

全567件中 1 - 25件を表示

対岸の彼女に関連するまとめ

対岸の彼女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

対岸の彼女を本棚に「積読」で登録しているひと

対岸の彼女のKindle版

ツイートする