風味絶佳

  • 1870人登録
  • 3.40評価
    • (127)
    • (288)
    • (734)
    • (44)
    • (11)
  • 383レビュー
著者 : 山田詠美
  • 文藝春秋 (2005年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163239309

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

風味絶佳の感想・レビュー・書評

  • 己の欲望に正直な
    淫らで甘やかな感性と
    独特な言葉のリズム、
    そして美しくほろ苦い
    読後の切なさ。


    若い頃に山田さんにハマった時より
    ストンと腑に落ちるこの感覚。


    やはり彼女の小説は
    様々な経験を経て初めて
    味わいが増すし、
    理解できる質のものなんだなぁ〜と
    改めて思い知りました(^_^;)




    鳶職の男の三角関係と
    ミステリアスな友人との不思議な日々を描いた
    「間食」、


    料理で男の胃袋を掴むことにすべてを懸ける元主婦と
    ゴミ収集の作業員の恋を描いた
    「夕餉」、


    キャラメルが恋人だというお婆ちゃんと
    GSで働く孫とその恋人たち
    「風味絶佳」、


    離婚した母娘と
    引越し屋さんの触れ合い
    「海の庭」、


    汚水槽の作業員と
    スナックのホステスの
    濃密で変態チックな関係がコワい
    「アトリエ」、


    好きな女を
    火葬場で働く親父に取られた
    息子の葛藤を描いた
    「春眠」、


    などどれも
    ガテン系の仕事をする男たちの恋愛話だけに
    同じ職種の自分としては
    共感しやすかったです。



    そして、
    ミラノ風カツレツ、
    黄色い箱の
    森永ミルクキャラメル、
    出汁の染みた高野豆腐、
    バスキン・ロビンスのアイスクリーム、
    甘くてとろとろしたシュークリームなどなど、
    食べ物の描写が
    ゴクリと喉を鳴らすほどに
    美味しそうなのも
    特筆すべき点かな。



    個人的には
    大人の淫靡さで
    もう一度初恋をやり直そうとする男女を
    娘の視点から描いた、
    『海の庭』に
    酔わせてもらいました。


    サガンの「悲しみよこんにちは」を彷彿とさせる、
    思春期の少女の心の揺れが
    絶妙な塩梅(笑)



    それにしても
    「たったひとりにだけ、
    嫌といいは
    同じ意味になるんだよ」は
    心の名言集に
    しかと刻まれましたよ(笑)(^_^)v



    滋養豊富、風味絶佳な
    6つの短編集。


    甘くとろけて
    香り立つ、
    極上の後引く味わいです。

  • 肉体労働の男との恋愛話6編。
    昔は3Kといって嫌われた肉体労働が、草食男子が増えた昨今、逆に人気のようですね。
    佐川男子なんて言葉もあるし。
    でもやっぱり男には多少なりともワイルドさが必要でしょ。
    だから「風味絶佳」の志郎は振られちゃったんだよね。
    ジェントルなだけではつまらないから。

  • 風味絶佳、海の庭、春眠が好きです。共通してちょっと切ない。
    風味絶佳は、女性側から見ていると感じる。シュガーとスパイスの配分はセンスと経験かな。グランマの孫にしては志郎センスないな。
    海の庭は、日向子の本当の初恋物語。夏と海と青色の物語。
    春眠の弥生は、生涯において奇跡的に出逢うべき人と出逢えた。それが居場所だってことは自分だからこそわかるんだろうな。

  • 海の庭、アトリエ、が好みだった。
    作並くんのようなおじさんは素敵だと思う。歳とともに積み上げてきたものは確かにあるだろうに、それを感じさせない気負いのなさは少女が恋するに十分だという気がする。情けなさが愛おしいの表現も非常に共感できる。
    アトリエはちょっと怖かった。どっちもおかしい。彼女の気鬱は不幸への憧れのようなもので、幸福を与えることで抜け出せるようなものじゃない。痛めつけて不幸と思い込ませた方が彼女は幸せだったと思う。

  • 「哲学の基本でしょ?」「プリモピアットはラザニア」「なんというイディオットな」「死っていうのがいつも隣にあったんじゃないかな」・・・山田詠美節炸裂の短編集だった。二十歳の頃はこういうの大好きだったんだけどね、今はもうキツいという事が解った。あと、すごい年下と交際したり結婚したりする人間は男女問わず、かなり地雷だから注意して!って感じだった。

  • 「思いを馳せる過去は、既に何かを失っているからだ」心に響きます。何かの本で「青春とは何かを失っていく事だ」と読んだ事がありますが、こっちの言葉もいいな。”間食”の主人公はどうしようもないクズ男だな。誰もが愛されたいと願っていて、ちょっと切ない。あと、グランマはいい女。

  • 『間食』、『夕餉』はどきどきする作品だった。恋をしてようやく分かる自分の姿は恥ずかしいけれど誇らしい。

    『風味絶佳』は恋愛小説というより女性小説として読んだ。主人公は男の子だけど、グランマや乃里子の生き様のほうがより鮮烈に映った。

    『海の庭』は流れる時間がとてもゆるやか。進行もゆるやか。ラストは表面上の変化はゆるやかだが、主人公は確実に変わったと思った。

    『アトリエ』、『春眠』は少し退屈な話だった。わたしの集中力が途切れてしまったのかもしれない。『アトリエ』はよく分からなかった。また読み返して考えてみたい。


    ひとつひとつの短編のタイトルと内容のリンクに戦慄した。タイトルは皆内容を最小に凝縮したワードであると思う。特に『海の庭』などはどんな話だったかと聞かれれば海の庭の話だったと答えるのが一番しっくりくる。

  • 「間食」での言葉。
    「頬をこすり付けて、自分の匂いを移すためにあるもの。噛んだり、羽交い締めにしたり、つねったり。可愛がりたい気持ちが行きすぎて、ついそんな行動に出てしまいたくなる対象。」

    あまりにも表現が愛しすぎて
    号泣してしまいたい衝動に駆られてしまった。危ない。

    これには一ページ目からやられた。

    愛されたくて、愛された分だけ誰かを愛したくて。
    人がたくさんいるように、愛し方も同じようにたくさんある。
    無条件な愛情。

    生活の中で欠かせない職だが、表にはなかなか出ない仕事柄がよく出てきた。

    高3の時に風味絶佳シュガー&スパイス映画を観たけど、
    映画の印象とグランマ役の夏木マリの印象が強すぎ。

    金原ひとみが著者の影響を受けているなぁwってわかった。
    うん。とにかく、なんかすごい)^o^(

  • 恋愛モノは苦手だけど、これはすごく良い!完璧です。+★★
    料理欲のストーリーには共感。私もダーリンに手の込んだ料理を毎日食べさせてあげたい!(妄想)
    こりゃあ、女性向きだなと思って読んでたけど、読み終わったあとに主人公全部男なのに気づいてびっくり。
    女の強さが最大限に出ていて(少なくとも私はそう感じた)鼻が高い気分。

  • イキなグランマが登場する表題の小説もよかったですが、
    最後から2つのお話しは、死を意識した刹那さで泣けてきました。
    とても幸せそうな、その瞬間が本当に貴重な感じでした。

  • 「甘くとろけるもんは女の子だけじゃないんだから」。孫にグランマと呼ぶことを強要する祖母・不二子は真っ赤なカマロの助手席にはボーイフレンドを、バッグには森永ミルクキャラメルを携え、70歳の今も現役ぶりを発揮する――。

     鳶職の男を隅から隅まで慈しみ、彼のためなら何でもする女、「料理は性欲以上に愛の証」とばかりに、清掃作業員の彼に食べさせる料理に心血を注ぐ元主婦など、お互いにしかわからない本能の愛の形を描いた珠玉の6篇を収録。

     山田詠美が作家生活20年目に贈る贅を尽くした最高傑作。

    小説は、ままならない恋そのものである。

  • 風味絶佳、これは森永ミルクキャラメルの宣伝コピーだそうです。良い言葉ですね、六篇の短編集に登場する人間のかもし出す風味、たたずまい、何とも言えぬ香ばしさ、まさに絶佳。詠美フリークだからかも知れませんが、心が落ち込んでいる時に、詠美さんの本を読むと、心がぬくぬくとしてくるのです。

  • 恋愛の短編だと思って読み進めていたら、作者のあとがきを読んでびっくり。
    まさかキーワードが「職人」だとは思わなかった……!
    読み返してみると、職人というよりガテン系?のような気がする。
    要するに肉体労働者の恋物語ってわけですね。

    「間食」
    職業:大工
    二股をかける雄太。浮気相手の花にたっぷりとした愛情をかける傍ら、本命の加代にはどっぷり愛され甘やかされている雄太。その甘やかされっぷりは、見ていてこっちがはずかしい。スイカの種くらい自分で取れよ、と突っ込みたくなる。愛され過ぎて愛すことが出来ないからといって、余りまくった愛情をぶつける捌け口に花を使っている雄太が人間のクズにしか見えない。変人扱いされている仕事仲間の寺内は、少し不気味だけど中々魅力的。

    「夕餉」
    職業:ゴミの作業員
    旦那と別れ、同居する絋のため料理を作る美々。 その料理にかける情熱は執念と言ってもいい。
    その美々の作る料理はとても美味しそうで、読んでるとお腹が空いてくる。
    一緒に暮らしてる絋が、少し子供っぽさがが残るけどチャーミングで優しくて素敵。
    このお話が一番好き。二人の間に流れる時間が暖かくて心がほっこりする。まるで出来立ての美味しい手料理を食べたときみたいに。

    「風味絶佳」
    職業:ガソリンスタンドの店員
    アメリカかぶれのグランマにふりまわされる史朗。
    このグランマがまた強烈で、70歳なのに真っ赤なカマロを乗り回し、孫とたいして歳の変わらない男をボーイフレンドとして隣に置いてる。しかも彼女のいうボーイフレンドは、寝た男に与える称号らしいのだ。このグランマはわりと読者の方には人気らしいが、私はどうも好きになれない……。確かに見ていて飽きないし面白いけど、実際こんやお婆ちゃんがいたらちょっと恥ずかしいかなぁ…。
    グランマに仕込まれたレディファーストを持て余してる史朗が、少し哀れでした。

    「海の庭」
    職業:引っ越し屋業者
    離婚した母とその幼なじみの作並君が、こどもの頃の初恋をもう一度やり直す話。「大人が初恋やり直すっていやらしくて最高だろ?」っていう作並君が色っぽくて素敵だった。
    このお母さんと作並君の会話が、その台詞の前まではいじらしくて可愛いなぁ、と思って見ていたのが、一気に淫靡なものに見えてきて、さすがは山田詠美さん。
    主人公の日向ちゃんはこの作並君に恋しちゃうわけだけど、こういうおじさんがいたら多分このくらいの年齢の女の子は好きになっちゃうのも分かる気がする。というのも、作並君ってそれなりに歳を取ってるから、変に尖ったりすることもないし、いつも自然体でいるんだよね。若い者に対して見栄を張ったり張り合ったりすることもないから、気楽に付き合えるというか…。上手くいえないけど、思春期のささくれた少女が心を許すのは、きっと自然体で向き合ってくれる寛容な大人なんだと思うわけで、それが作並君何だよね、きっと。

    「アトリエ」
    職業:下水の清掃員
    ディープすぎてこどもの私にはよく分からない……。
    多分、どちらも30は過ぎてるのよね?
    してることが赤ちゃんプレイを見てるようで、気味悪かったのしか記憶がありません……。

    「春眠」
    職業:火葬員
    これも中々……。大学時代好きだった友人が自分の父親と結婚しました!というとんでもない内容から始まる。主人公の章造はイライラモヤモヤしながらも、二人と過ごしていくのだが、ある日家族旅行に出掛けた際にそれまでの不満が爆発してしまう。
    いや、これは爆発しても、仕方がないよ……。男手ひとつで育ててくれた親父が、若い嫁貰ってデレデレするところなんぞ見たくないし、ましてやそれが同級生で、しかも想い人となると心の葛藤は生半可なものではないだろう。しかもそのイチャイチャが見ていて非常... 続きを読む

  • 「いやって言うのは、いいことなんだよ」
    「そうなの?」
    「そうだよ。 たったひとりにだけ、
    いやといいは同じ意味になるんだよ」

    好みではなかったので、パラパラと読んだ。

  • やっぱり文章力がすごいな~と思いました!ひかれる。
    でもどれも半端な感じだったような気がするようなしないような?
    最後の話は、主人公に同情してしまいました。

  • 詠美さんらしい恋愛短編集。中でも表題作の「風味絶佳」が絶品!孫に自分のことをばぁばではなく、グランマと呼ばせるアメリカンなセンス。名言の数々。恋愛観。また、読み返したくなるんだろうなぁ。ただ、この本を読む前に「シュガー&スパイス」として映画化されたのを観たので、グランマのビジュアルは夏木マリさん、孫は柳楽優弥さんで固定されてしまいました。映画のグランマ、まさに私の理想どおりのグランマでした。

  • キーワードが職人さんなのだとは思わなかった。こういうれない小説なら読める。

  • 肉体労働の男性が出てくる短編集。私は引越し屋さんのお兄さんの話と、ガソリンスタンドで働く男の子とそのグランマの話が好きでした。

  • 短編集でした。

  • 1つ1つの短編は読みやすい。ただ、読後に印象が残るかというといまいちどれもいまいちしっくりくるものが無かった。
    最後が、ぼやけて終わっている話(余韻を残す?)が多い。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第15回目に紹介されたのは、 山田詠美の「風味絶佳」の「夕餉」に登場する『じゃがいものクロスティーニ』。

    ―ジェノヴェーゼのソースは市販のものを使う。
    つぶしたじゃがいもに混ぜて、パルミジャーノをたっぷりすり下ろす。



    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

  • きっと、まだこの小説たちの良さを、わたしはわかりきれていない。(文学的に良い意味で)気持ちわるい。すぐにではない、また読みたい。自分で納得のいく結論を見出せるくらい大人になってから。

  • 読んでよかった山田詠美。

    やっぱり面白い。
    「山田詠美ー!!」って感じの本でした。
    (レビューになりませんね・・・)

    なんというか、装丁からして好き!
    どっかで見たことある箱!なぜか懐かしい!
    (そりゃ、森永ミルクキャラメルだもの)
    遊び心も忘れずに。

    この前に読んだ山田詠美の本の『PAY DAY!!!』があんまり濃くなかった気がしたので、読後の満足感は凄まじかったです。

    やっぱり、山田詠美の本には匂いと味と触感がある。
    ほかに作家とは比べられないくらい濃密な空気が。
    生々しい。

    短編集なんですが、1番好きなのは『海の庭』かなー。
    『アトリエ』も、あの後味の悪さがたまらないよなー。(変な楽しみ方)
    いろいろ考えました。
    が、書くのはちょっと恥ずかしいので心にしまっときます。

全383件中 1 - 25件を表示

風味絶佳を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風味絶佳を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする