人生のちょっとした煩い

  • 101人登録
  • 3.33評価
    • (4)
    • (7)
    • (23)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : 村上 春樹 
  • 文藝春秋 (2005年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163240701

人生のちょっとした煩いの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「村上春樹翻訳ほとんど全仕事」を読んでいる中で知り、そのあらすじや村上春樹本人の書評とコメントに惹かれて読んでみました。
    チャーミングで精神的に自立しているような女性が主人公の短編が多い印象です。
    作者のグレイス・ペイリーさんがフェミニストとして政治的活動も行っているから、その影響なのかもしれません。

    「若くても、若くなくても、女性というものは」は、13歳の少女が年上の従姉妹のボーイフレンドを実に官能的に誘惑するというとてもおもしろい話でした。そこに性的倒錯のような不快感はなく、とてもチャーミング。
    略奪してさらに婚約まで取り付けるという執念は、たしかに若くても、若くなくても、女性というものは、って言いたくなっちゃいますね。
    最終的に、母に出し抜かれたのような形のラストまで含めて。

    「人生への関心」もおもしろかった。離婚間際の夫婦と、妻の幼なじみ。おまけにその幼なじみの母親。
    自分が若い頃に求められていたという事実、かつひょっとしたら今もそうであるんじゃないかという優しくて温かな期待。
    自分がどれだけ哀れで同情に満ちているかを書いた紙を「人生のちょっとした煩い、みたいなものでしかないよ。」と小馬鹿に笑ってくれる存在のかけがえのなさは、いくら愛していたと言えど夫では再現できないだろう。
    この短編が一番好きかも。姉妹編も別の単行本におさめられているらしいので読んでみたい。

  • リアルな小説というのは
    設定や人間関係ではなくて、
    人間の感情がリアルだっていうことだと思う。

    なにもかもありえない、でも、よくわかる。わかりすぎる。
    そういう意味で、めちゃくちゃリアルな小説でした。

  • 女は年齢問わずたくましいという内容・・・かな?

  • 村上春樹が翻訳したものって必ずどっかに春樹っぽさが感じられて、モノによってはいやんなっちゃったりするんだけど(作品のチョイスがいいだけに)。
    これは完全に訳者が姿を消していた。春樹が脱春樹した!

  • 「そこにはまっとうな庶民としての強固な哲学があり、たしかな矜持がある」

  • ☆☆☆☆☆

全6件中 1 - 6件を表示

グレイス・ペイリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
レイモンド・チャ...
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

人生のちょっとした煩いを本棚に「読みたい」で登録しているひと

人生のちょっとした煩いを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生のちょっとした煩いを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする