その日のまえに

  • 3649人登録
  • 3.92評価
    • (710)
    • (594)
    • (779)
    • (36)
    • (8)
  • 730レビュー
著者 : 重松清
  • 文藝春秋 (2005年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163242101

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

その日のまえにの感想・レビュー・書評

  • 重松作品は、大好き。
    またまた、号泣。
    大切な人を残して逝く・・・・せつないなぁ。
    なんて、せつないんだろう。
    一編、一編がせつなくて、涙が止まらなかった。
    今日の私より、明日はもっとやさしくなれる。

  • 感動した。やはり重松さんは最高だ。
    言葉の旋律が美しい。言葉にしたくてもうまく伝えられないこと、深層心理にあるもの、そんなものをいとも簡単に、しかも美しく言葉に載せてくれる。
    ノスタルジックな気分にたっぷり浸り、家族への愛情を傍らに抱きしめながら、読み続けることができた。涙が出ないわけがない。
    大切な人の死とそれを受け入れ再出発することの美しさを刹那に感じられる良書だった。

  • 大切な人との別れは突然にやって来る。
    愛する人が消え去るなんてこと、普段は考えもしないだろう。
    けれども、誰しもに訪れる死が唐突に突きつけられたとき、人はそこから逃げることはできない。
    各々の立ち合い方、向き合い方が繊細に描かれている。

    永遠の別れをしなければいけないのは、愛する家族や大切な友人といった他人だけだろうか。
    他ならぬ自分とも、別れを告げなければならない。
    余命を宣告され、死から目を背けることを許されなくなったその人が思うことは、余りにも心に突き刺さる。

    若いからといって自分の命がいつまでも元気で続くなんて思い違いをしてはいけない。
    大切な人たち、愛すべきこの世界に自分は何を与えていけるのかを、この命を遣っていったい何をすべきなのかを、今一度考えさせられる作品であった。

  • やはり、短編集かなと思いきや、どれもが繋がっているお話でした。なかでも やはり、母子家庭、母親の癌のお話「ヒア・カムズ・ザ・サン」では、親子の心情に触れ、思いあまり涙腺が緩みました。
     
    「その日のあとで」の看護師の言葉に「終末医療にかかわって、いつも思うんです。「その日」を見つめて最後の日々を過ごすひとは、じつは幸せなのかもしれない、って。自分の生きてきた意味や、死んでいく意味について、ちゃんと考えることができますよね。あとに残される人のほうも、そうじゃないですか?」の言葉に深く考えさせられた。
    自分の両親も、若くして突然の死に中々、立ち直れなかったから。

    そして、一日一日の時間の大切さをまた、感じさせられた。

  • 昨日までの暮らしは、明日からも続くはずだった、それを不意に断ち切る、愛するひとの死-生と死と、幸せの意味を見つめる最新連作短編集(文藝春秋刊)。最近ちょと意に染まない作品が多かったけれど、久しぶりの重松ワールド、堪能できます。男と女が出会い、夫婦になり、家族をつくって、それで幸せな一生なのか?消えゆく命の前で、妻を静かに見送る父と子 (;O;)ガンに侵され、余命を告げられ、死に直面した人々の悲しくも、確実にやってくるその日まで、そしてその日のあと...主人公を微妙にずらしながら、表題作『その日のまえに』へと繋がり、溶け込み、そしてひとつの大きな物語になっていきます。死に逝く本人、看取る者の気持ちの両方が痛烈に心の琴線に触れ、思わず自分と重ねてしまう、死を受け入れるという事は、その瞬間だけでなく、その前にも、その後にも永遠に繋がっているのだという、厳然たる事実を痛感させられます。いずれはやってくる大切な人の、そして自分自身の『その日のまえに』、どう生き、何をしなければいけないのか?生きている事の素晴らしさ、命あることの尊さ、何が大切なのかを改めて問い直す、強いメッセージを持った本です。

  • 誰もが持つ人間の迷い、葛藤など、心のひだを丁寧に描くので、主人公一人一人の気持ちに添いながら読んでいける。だから泣ける。自分のことのように泣けてしまう。重松さんは本当にやさしい方なのだなあと思う。

  • 苦手だった同級生。久しぶりに会った友人。母親。夫。妻。
    距離の遠い近いはあるけれど、どれも人の「死」を集めた短編集。

    いつかやってきて、誰もが迎える「その日」。
    来てほしくない、でも受け入れなければならない、大切な人の死。それが身近になった時、人はどんなことを思い、何を願うのか。

    個人的な事情もあり、悲しくて寂しくて感動した。何度も感情がシンクロして泣いた。
    ずっと避けたくて逃げたかった日。実際に迎えたら、想像しなかった感情がたくさん出てきた日。
    これからの人生で、いろんな人の死を感じることが増えるだろうけれど、その時その時で思うことが違うはず。
    繰り返して読みたい一冊だった。

  • 自分の生きてきた意味、死んでいく意味をちゃんと考えること

    何日、何年かけても答えは出ないかもしれないけれど

    それをちゃんと考えることが、答え

    という文章に共感

    校正的にも最初と最後がきちんとつながってる
    私的には好みの構成で
    深く感動した作品

  • 近く必ず訪れる死を覚悟し、「その日」が来るまで残された時間を待つなんて。
    妻の今後を子供たちに伝えるシーンがとてもリアルで、心が苦しくなった。
    あと、自分の死後に残るよういたずらをして夫に怒られる妻の姿が、なんだかいじらしくて胸がきゅっと痛んだ。
     
    この本の全てのストーリーが繋がっていることで、話を読む視点が私自身のみならず登場人物の視点も見られておもしろかった。

  • バスの中で泣きましたよ。
    この辺のテーマは重松さんの得意分野ですね。

  • 世の中にこんなにたくさんひとがいて、
    こんなにたくさん家族があるのに、
    どうして、和美だったんだ?
    どうして、わが家だったんだ?
    悔しい。
    悲しい。
    僕は子どもたちの肩に両手をかけたまま
    強くまばたいて、
    まぶたに溜まった涙を外に絞り出した。
    涙よ、邪魔をするな。僕は自分の妻を、
    もっと、ずっと、見つめていたいのだ。
    ー旦那

    「終末医療にかかわって、いつも思うんです。『その日』を見つめて最後の日々を過ごすひとは、じつはしあわせなのかもしれない、って。自分の生きてきた意味や、死んでいく意味について、ちゃんと考えることができますよね。あとにのこされるひとのほうも、そうじゃないですか?」
    ー山本美代子


    大切な人の
    “死=その日”について
    考えさせられる一冊。

  • 帯に「涙!涙!!涙!!!とあるが、9年ぶりの再読でも、やはり涙なしには読めなかった。
    浅田次郎とともに、重松清も涙腺を刺激させる作家の代表といえようか。
    特に『その日』での、喪服に仕掛けたメモの記述なんて、何とうまい仕掛けだろう。脱帽せざるを得ない。

    蛇足
     ‘雪の宵 本読む老いの 眼に泪’

  • 文句なしの★5つ。連作短編集なのだが、特にその日のまえにでは涙が止まらなかった。

  • 目が腫れてしまって、明日仕事納めなのに心配なくらい。
    読む年によって感じ方は違って、それは年を増す毎に心に響く気がする。
    ヒア・カム・ズ・サンは特に個人的にキツかった。さらにラスト。
    事前に心がまえをしておいたほうがいいような気もするけれど、考えたくもない苦しいこと。
    重松清さんは何故こんなに淡々と冷静に語ることが出来るんだろう。
    感情をいれながらも。

  • とても切ないお話だった。
    ただ、それぞれ「死」と向き合っているお話なんだけれど
    どれも悲愴感を演出している感じはなく
    目の前に突然現れた「死」と真摯に向き合っている人たちが
    優しい言葉で描かれていた。
    言葉で表現できない切なさ、温かさ、悲しさが
    本全体を通して伝わってきた。
    重松清さんの本は初めて読んだけれど、別の本も読んでみたい☆

  • 号泣。重松清をじっくり読んだことはあまりなかったが、好きな作家になる予感。

  • もうかなり、かなり前に、何の気なしに重松清さんの本だ、と思って買った本。

    でも改めてタイトルを見て、「その日のまえに、のその日って…」と思い、読む気をなくしてました。
    だって、絶対泣くのわかってたから。
    泣くとわかっている話ってあんまり好きじゃないし、それで泣くのも嫌なので。

    だけどいつまでも積読状態なのもなあと読み始めたら、やっぱりその日はあの日でしたが、短編集で、最初の何話かはピンとこなくて、「なんだ、泣かないじゃん大丈夫大丈夫」と思ってたら、母子家庭の話しでグッときて、「その日のまえに」「その日」「その日のあとで」で涙が……。

    泣くのは好きじゃないけど、読んでよかった作品です。

    他の短編の登場人物も出て来たりして、そういうのもよかったです。

    今年の乳ガン、子宮ガン検診、億劫がってまだ行ってないけど、来週やっぱり行こうと決めました。
    自分が先に死んで、子供達を悲しませるのだけは嫌だから。

  • この人の本を読むと、いつも涙が出る。
    悲しいとか嬉しいとか、涙の理由はあいまいだけど
    ポロポロと涙が出る。
    そしてその後は、心が浄化されたような気持ちになる。

    こんな作品を書ける人は
    そうはいないのではないかと思う。

    これまで、重松作品を何度か読んできたけど
    この「その日のまえに」は最高傑作だと思う。

    少し間違えれば、重苦しいテーマになってしまう『死』を
    暖かく、それでいてほろ苦く、せつなく描く文才はさすが。

    人間が死んでしまう『その日』。
    前触れもなく突然やってくる方がいいのか
    それとも、『その日』を知っていた方がいいのか
    考えても考えても、絶対に答えは出ない。
    人には様々な状況があるし
    答えは絶対に一つではないから。

    けど・・・
    そうやって考えることが答えなのだ、と。
    婦長の山本さんが言った言葉が全てを包み込んでくれたような気がした。

    大切な人に、是非読んでもらいたい一冊。
    絶対に読んで後悔しない一冊です。

  • ガンや病気で亡くなる何人かのひとたち。
    当たり前のことのように、それぞれ一人ひとりにそれぞれの人生がある。

    医学が発達した今日、病気で突然亡くなることはあまりない。自分がどれだけ生きられるかもお医者さんは教えてくれる。
    でも、事故で突然死んでしまうことだってあるし、脳の出血で急に逝ってしまうこともある。

    みんないつかは死んでしまう。
    自分がなんとなく過ごした日は、誰かの大切なひとが亡くなった「その日」なのかもしれない。

    奥さんが亡くなった日に、病院で仲良くおしゃべりする親子を見かけるシーンはものすごく大切な対比だと思った。

    それまでの話にでてきたひとたちが最後の話に登場するのがすごく嬉しかった。

    漫画の最終回に、それまでのキャラクターが集合する感じ。
    やっぱりこういうのにグッときてしまう。

    みんな誰かの死を背負って生きている。
    <忘れてもいいよ>と言われても、決して忘れない。

  • 日常の中に「その日」は紛れていること。
    「その日」のあとも、時間はとまらずに過ぎていくこと。

    「その日」を非日常のものとしてではなく、日常のものとして、書いてくれていることに救われる。

  • 「その日」がもし準備されていたら僕ならどのように「その日」を待つだろうか。しかし、無常にも「その日」は突然やってくるものでもある。
    だからこそ、今生きなきゃ。

  • 他人事としての死を並び立てられることでしか人は自分の事としての死を受け止められない。ただ、他人事として感動した。そして、自分のためのエネルギーをもらった。

  • いくつかの「死」にまつわるエピソードが続く。ただ、死とは何か。ではなく、生とは何か。というメッセージがより強く感じられた。
    これから生きる上で何を大切にしていこう。そんなヒントがちりばめられた作品。

  • 淡々としているけれど、つい引き込まれてしまう。読ませる文章。

    "その日のまえ"から"その日"を経て"その日のあと"を生きる登場人物たちの姿が見えるという構成が素晴らしい。ニヤッとしてしまう。
    読者同様に彼らも、死について考え、これからを生きるのであろう。

    家族、親子の繋がりにスポットを当てた話が多いので、そういったものに弱い人は目頭が熱くなること間違いなし。

全730件中 1 - 25件を表示

その日のまえにに関連するまとめ

その日のまえにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

その日のまえにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

その日のまえにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その日のまえにの文庫

その日のまえにのKindle版

ツイートする