その日のまえに

  • 3647人登録
  • 3.92評価
    • (709)
    • (592)
    • (779)
    • (36)
    • (8)
  • 728レビュー
著者 : 重松清
  • 文藝春秋 (2005年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163242101

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

その日のまえにの感想・レビュー・書評

  • すごく沁みました。
    大切な人の死は逃れられることなく、いつかは訪れる。もちろん、嫌いな人の死も、自分の死も・・。
    突然の死、余命の宣告される死、様々な死を描いた短編が絡み合うお話。
    でも暗くない。話全体を通じて流れるゆったりとした空気が、死について優しく考えさせてくれます。

  • 「感情を持つな。どうせ手のひらからこぼれ落ちてしまう勘定なら最初からもたないほうがいい」

    重松清、初読。
    短編7編だと思ったが、最後の「その日の前に」「その日」「その日の後に」で前のストーリーと関連していることに気づく。
    「その日の前に」を読んだ段階で、残り2作でどうなるかがわかってしまうのだが、わかっていても残り2作を読んでいるとき涙が出てきた。

  • 東京湾を望みながら走る、湾岸線の沿線に住む人々。大切な人を喪った人々、去って行く人々。オムニバス形式だが、最後にリンクする。
    題材が題材なので評価無し。

  • それぞれのその日の前に。様々な事件、想いが錯綜しながらも、人はいろんな想いを抱いて生きているのだ、と。高校の頃に読んだが、人間の一生にすごく切なく、また愛しくも想ったものだ。葬式に通う夫婦の話が印象的だった。

  • 人の死をテーマにした、ちょっとさびしい話です。
    ヒア・カムズ・ザ・サン という曲が気になりました。

  • 「その日にまえに」「その日」「その日のあとで」の連作がよかった。

  • 昨日までの暮らしは、明日からも続くはずだった、それを不意に断ち切る、愛するひとの死-生と死と、幸せの意味を見つめる最新連作短編集(文藝春秋刊)。最近ちょと意に染まない作品が多かったけれど、久しぶりの重松ワールド、堪能できます。男と女が出会い、夫婦になり、家族をつくって、それで幸せな一生なのか?消えゆく命の前で、妻を静かに見送る父と子 (;O;)ガンに侵され、余命を告げられ、死に直面した人々の悲しくも、確実にやってくるその日まで、そしてその日のあと...主人公を微妙にずらしながら、表題作『その日のまえに』へと繋がり、溶け込み、そしてひとつの大きな物語になっていきます。死に逝く本人、看取る者の気持ちの両方が痛烈に心の琴線に触れ、思わず自分と重ねてしまう、死を受け入れるという事は、その瞬間だけでなく、その前にも、その後にも永遠に繋がっているのだという、厳然たる事実を痛感させられます。いずれはやってくる大切な人の、そして自分自身の『その日のまえに』、どう生き、何をしなければいけないのか?生きている事の素晴らしさ、命あることの尊さ、何が大切なのかを改めて問い直す、強いメッセージを持った本です。

  • ★★★死について考えることができました。絶対に泣ける内容だけど、今回は読むタイミングが合わなかったのか、泣けませんでした。

  • 生と死がテーマのお話。とにかく涙が止まらなかった。
    死に対して、悲しさだけの涙ではなく、当人やそのまわりの家族、友人。
    それぞれの思いや優しさ、切なさがとても心に響いた。
    こんな風に、とことん死と向き合えるのはある意味幸せなことなのかもとも思った。

  • 世の中にこんなにたくさんひとがいて、
    こんなにたくさん家族があるのに、
    どうして、和美だったんだ?
    どうして、わが家だったんだ?
    悔しい。
    悲しい。
    僕は子どもたちの肩に両手をかけたまま
    強くまばたいて、
    まぶたに溜まった涙を外に絞り出した。
    涙よ、邪魔をするな。僕は自分の妻を、
    もっと、ずっと、見つめていたいのだ。
    ー旦那

    「終末医療にかかわって、いつも思うんです。『その日』を見つめて最後の日々を過ごすひとは、じつはしあわせなのかもしれない、って。自分の生きてきた意味や、死んでいく意味について、ちゃんと考えることができますよね。あとにのこされるひとのほうも、そうじゃないですか?」
    ー山本美代子


    大切な人の
    “死=その日”について
    考えさせられる一冊。

  • 落涙必至の短編集。"その日"を迎えるにあたって、過去を遡りたくなる、、、というのはわかるようなわからないような。。。

  • 重いテーマを冷静に綴っている 床に倒れこみ、手足をばたつかせて僕は家族の誰よりも幼く涙を流しつづけたのだった なにより看護師は生きている患者を支える仕事なのだ。亡くなった患者の法要にいちいちつき合わされていたら、体がいくつなっても足りなくなってしまうだろう

  • 死をテーマにした全7話の短編集。「その日の前に」「その日」「その日のあとで」は1つの繋がった話で、残りの4つの話も微妙にリンクしてくるんですが、これが余計な感じがしました。無理にリンクさせる必要なかったように思います。どの話も、いずれくるであろう死について考えさせられる話でした。面白い本とは言えませんが、家族は大事にしなければならないと何度も思わされる本でした。家族を大事にしていない自分はもっと早くに読むべきだったように思いました。

  • ひこうき雲
    朝日のあたる家
    潮騒
    ヒア・カムズ・ザ・サン
    その日のまえに
    その日
    その日のあとで

    人って必ず死ぬってわかっているんだけど
    やっぱ、順序ってあるでしょ
    って思ってるから…

    そんな思いこみが違った風になると
    普段、覚悟がないだけに、すごく辛い。

    あー、これって日常に潜んでいる
    種子だったりするかも、
    って。
    でも、覚悟なんて普段、持っていたくない。

  •  ある人が「いた世界」は、死別の日から、「いない世界」へ急に切り替わる。私たちはそう考えがちだ。けれども、本当にそうなのだろうか…。
     この本は「その日」が身近になった人たちを描いた短編集です。
     死ぬこと、生きること、先立つこと、遺されること。誰にでも訪れることなのに、普段は頭の隅に追いやっているこれらのこと。自身や周りの人の「その日」が来る前に一度向き合っておくのもよいかもしれません。

  • 泣きたくなる本を選んで読んだら泣けてきた。尚更なのは、「その日のまえに」の夫婦の年齢が自分たち夫婦とほぼ同じだから。自分に降りかかってきたらその悲しみに耐えられるかどうかも分からない。人生の中で「その日」は必ずやってくるものであり、それとどう向き合うか。そして、「その日」はそこで終わるのではなく、その日が過ぎても考えることであること。重すぎる話でしたが、内容と全ての短編が最後につながるストーリー立てが好きで他の人にも薦められます。

  • 号泣の一冊。短編。最後の章で物語がつながる。妻がガンと判明し、余命残り1年。妻が亡くなる日を「その日」とし、「その日のまえに」、「その日」、「その日のあとで」と物語が構成。
    遺された家族が少しずつ前に進んでて、少しずつ時間が経過して…悲しい話だけど、あたたかい。

  • 著者はどうしてこういう作品を書けるのだろう、と感じた。著者と同年代にして40代後半になると命に関して若い頃とは違う感覚、考え、ある意味悟るものなのでしょう。それにしても繊細な感覚を覚える、というか子供の頃以来忘れていた感覚を引き起こすような作品でした。

  • 何度も泣いたのは、和美さんが亡くなる過程が父と重なってしまったからかもしれない。重いし難しいテーマ。私も今も分からない。その日の前に父は悔いを残さなかったのだろうか。永遠に分からないけど。遺された者がどう生きるのか…それが旅立った人の生きざまなんだと思います。家族、友人、病気、事故。今日か明日か何十年後か。必ず来るその日の前に…大袈裟に考えることでは無くて、日々を粛々と生きていけば自然とそこへたどり着く。その事を忘れない、という事なのでしょう。立派な事をしなくても、生きているだけで尊いんだと。持論ですが。

  • 亡くなる人を迎える周囲の人の心構え、心の準備。その日を迎えるにあたって、本人、周りの…。切ないけれど、暖かい死に向けての話。それぞれが独立の話かと思いきや、繋がっていて、安心。涙するけど、心が暖かくなる一冊。

  • 逝く人と、遺される人。
    「その日」は必ずくると分かっていても溢れるやりきれなさや悲しみは、互いを思いやる気持ちと同じだけなんだろうなと思った。

    自分の死よりも残されるほうが遺されるほうが怖いと思ってしまう私は、大事な人がいないのかな。思いやりがないのかな。
    本を閉じたとき、そう思った。

  • もう何度目の再読かわかりません。初めて読んだときは中央線の中で、涙を抑えることができなくて苦労しました。今、読んでも心が波立ちます。誰もが、その日に向かっている。無理なことだけど少しでも後悔は小さくして逝きたいものです。

全728件中 1 - 25件を表示

その日のまえにに関連するまとめ

その日のまえにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

その日のまえにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その日のまえにを本棚に「積読」で登録しているひと

その日のまえにの文庫

その日のまえにのKindle版

ツイートする