老醜の記

  • 11人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 勝目梓
  • 文藝春秋 (2007年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163255309

老醜の記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 72才の小説家と34才の女。
    そして、奇妙な三角関係へと発展。
    嫉妬も性愛も超えて、安らぎの境地へと至る。

  • ちっともワクワクしない。

    70前後の爺さんの若い女に対する愛欲と嫉妬と苦悩で最後は性を卓越した男女関係に落ち着く。世のお爺さんはこの本を読んで楽しくなるのだろうか?本当に?って思う。作品中に携帯がでてきて、?と思って発売日を見ると2007。そんな近年の作品なのか。作者が結構な年なんだろう。表現が古いからもっと昔の小説家と思った。

全2件中 1 - 2件を表示

老醜の記のその他の作品

勝目梓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
桜庭 一樹
村上 春樹
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
桜木 紫乃
有効な右矢印 無効な右矢印

老醜の記はこんな本です

ツイートする