ダナエ

  • 256人登録
  • 3.31評価
    • (10)
    • (49)
    • (85)
    • (11)
    • (4)
  • 56レビュー
著者 : 藤原伊織
  • 文藝春秋 (2007年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163255903

ダナエの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 覚えてない

  • この人の作品は、登場人物の会話がいい。
    ハッキリとしない言い方で、回りくどいけどなんか好きだ。
    先は簡単に読めるけど、だからといって興醒めしない。
    すごく知的な会話を楽しんだな、という気がして、スッキリする。
    惜しい人を亡くしたものだ。

  • 素人の原則論と抽象論。

  • 昔読んだ「テロリストのパラソル(直木賞)」面白かった♪作家の事実上の遺作のようです。表題ダナエはレンブラント-ギリシャ神話から着想した作品で面白かった!!どれも悲しくでも清々しさの残る後味の中篇集でした(^^)こんな才能が亡くなってしまうのは惜しいですね☆

  • もう少しミステリーを期待してたけど、結局は親子としての情で落ち着いた感じ?!

  • ・中篇3本。とてつもなくどうしようもないのに物凄くカッコいい男が主人公なのが2本。テロリストのパラソルの主人公にどこか通じるものを感じて楽しめた。けど、どこにこんな連中がいるんだろうか。真ん中の1本もじんわりとおかしみがあって良かった。

  • 画家の話等3話。もっと読みたくなってしまうのが悲しい。

  • 「ダナエ」「まぼろしの虹」「水母」の三作から成る短編集。
    どれも後悔を抱えた男の物語。

  • 藤原さんは絵画の世界を描くことがあるけど、
    描けない人がメインの話も読みたかったな。
    (自分がそっちなので)

    「水母」はタイトル、書籍にする前のタイトル「卒業」がいいな!

    3篇とも、苦くて切なくて取り返しのつかない過ぎた日々が、
    痛い。痛いけどいい。

    藤原節だな〜

  • 短編集。どれも読みやすい。藤原さんは短編も面白い。

全56件中 1 - 10件を表示

ダナエのその他の作品

ダナエ (文春文庫) Kindle版 ダナエ (文春文庫) 藤原伊織
ダナエ (文春文庫) 文庫 ダナエ (文春文庫) 藤原伊織

藤原伊織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉田 修一
東野 圭吾
東野 圭吾
有川 浩
道尾 秀介
奥田 英朗
有川 浩
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
海堂 尊
東野 圭吾
万城目 学
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有川 浩
村上 春樹
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

ダナエを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする