私の男

  • 4275人登録
  • 3.56評価
    • (450)
    • (674)
    • (879)
    • (189)
    • (58)
  • 939レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • ¥ 1,550
  • 文藝春秋 (2007年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163264301

私の男の感想・レビュー・書評

  • なんだ?この終わりは?

  • 読了2回目

    こんな終わり方だったっけ?

    物語は現在から過去に向かって進んでいく。

    間違ったことをしていた2人なのに、最後に幸せな結婚が出来た花は良かったと思うけど、安定した海上保安官の立場を捨てて、どんどん荒んでいった淳悟はどうなったんだろう。

    結末はこれが一番良かったんだろうけど、なぜだか花にはお父さんから離れないで欲しかったかも。

  • 親子間のタブー愛という先入観を持って読んでみたが、これは真の愛の物語と思う。そして人の心はいつまでも同じ所にとどまることができず二人は父として年頃の女性として離れて生きるのを選んだ。それが話の結末。すごくいいエンディングだと思った。明るい未来がありそうでないような終わり方。
    全てを受け入れてくれる、愛してくれる人は異性、同姓、親子とか関係ないのです。そういう人に出会っただけで充分ラッキーと思う。25才の淳吾は9才の花に救いを求めて花は、それを受け入れた。その場面は切なくて涙が出そうだった。タブーであるけど、そういう愛もあるかも。。

  • 個人的に苦手な作風だったが、なんとか読み進められた。センセーショナルと言われればセンセーショナル。これが映画化されたとは…!

  • ぐいぐい引き込まれた。
    全体的にじっとりと湿った雰囲気の描写で、ねっとりとして歪んでいる。
    読み進むたびに吐き気と嫌悪感を感じながらも、どこか惹きつけるものがあり最後まで一気に読んでしまった。

  • ドキドキしながら引込まれて読んだけれど、結局近親相姦。気持ち悪い。淳悟最低。

  • 凄く評価はわかれるだろうけど、
    わたし的には久々に刺さった。
    読まない間も気になって、気になって、
    映画の登場人物を見て読んだらハマっててさらに進んだ。
    母が憎くて、でも認められたかった。
    「ものすごく、さびしい。…たえられない」
    からのくだりがすごく理解できた。
    一本線だけの固執が分かる気がした。
    私は生物学上の父には死んで欲しいので父子関係としては憧れないけども

  • 近親相姦の話に運ぶための人物描写が薄く、共感できない。
    なぜ、そのような運びになるのか理由を深く読む部分が少ないので、近親相姦を描きたいために簡単に取って付けたような浅い話に感じた。
    内容がドロドロして深いなら、それを説得させる背景を読み解かないと、単なるエロリズムで後味悪い読み方になる。
    女性と男性のそれぞれの生い立ちや、エピソードを盛り込めば、「だからこの2人はこうなったんだ~」と共感できるかもしれないのにな~。
    もったいないな~。

  • 愛執とか曲がった愛とかそんな言葉で片付けられがちな話だけど好きだなーこの本。流氷から海に突き落とされてだれもあがってこれないってかんじで、でも淳悟は浅野忠信じゃないって!!

  • 描写は美しくて良いんだけど。
    自分自身父子家庭育ちだからか、父子モノは共感出来んと言うか抵抗がw

  • 逃れられない宿命の愛
    こんなにも苦しくて幸せな愛ってあるんだろうかと思う 重たくて、苦しくて、でも離れられなくて…
    テーマは近親相姦なのに、作者の筆力と、現代から過去に遡るという新鮮な展開であっという間に世界観に引き込まれた

  • 北海道の人が関西弁のような言葉を使うところに、ものすごく違和感。
    どのキャラにも共感できなかった。自分語りに重点が置かれてて、そのキャラの本質が見えないというか。
    近親相姦という重いテーマを軽い気持ちで物語にしてしまった感じ。
    しかし、桜庭さんの作品は他に良いのがたくさんあるのに、なんでこれが直木賞。

  • とにかくドロドロしてるし性的描写多めで、しかも父娘の禁断の愛なので、生理的に受け付けない方も多そう。淳吾の花への執着心に何となく共感。たった一人の肉親であり、たった一人の恋人。面白かったけどあまり再読しようとは思わない、、、

  • なかなか良い。20150116読了

  • ここ十年で一番。素晴らしい。

  • 同じ血が流れる、それはわたしの父で、わたしの男である。

    2008年、真っ当な過程で育った男と結婚することになり、花と養父との別れ。
    2005年、惹かれる雰囲気を漂わせる花と恐怖をもらたす養父の家で美郎が見た、見開かれた眼球の窪みを持つ死体。

    2000年、過去の真実を暴くためにやってきた田岡を、いともたやすく殺した淳悟。
    2000年、北で、父娘の秘密を知られたことで大塩のじいさんを殺してしまった花。

    1996年、恋人だった淳悟を得体の知れない小娘に取られた小町が見た父娘の異常さ。
    1993年、震災孤児となった花が、淳悟と出会い共に生活をするまで。

    大好きでずっと一緒にいたくてだけど逃げたくて
    離れたくなくて苦しくてでも、傍にいたかった父、淳悟と花の歪んでしまった愛情と希望と後悔。

    未来から過去へと話は進んでいくよ~。
    結局淳悟が16歳のときに花のお母さんと関係を持って、花が生まれてきて
    震災で孤児になった花と再び再会し、養子縁組の末に父娘からの~近親相姦な関係からの~殺人~。

    押入れに死体入っているとかなんかトラウマになったw
    砂糖菓子の弾丸とちょっと似てたね。

    東京で花が働くようになって、淳悟はニートで、毎日後悔しているってところが印象的。
    淳悟はどこに行っちゃったんだろ~?)^o^(

  • 花が結婚するところからは話は始まり、章が進むごとに物語の時代は遡って行く。

    最終章では、花が地震に遭遇して家族の中で一人助かり、遠い親戚の淳悟に引き取られ、養女となる。
    二人の間に通う、密やかな愛の物語の始まりで物語は終わる。

  • 濃厚すぎて胸焼けがする。歪な関係は甘い腐臭を放ち、そのせいで秘密は他人に嗅ぎつけられてしまう。

    浅野忠信と二階堂ふみ、この二人であればきっとこの汚れた密事も美しい映像に成り得るだろう。

  • 章を追う事に過去へと進んでいく物語。
    すっきりとしない終わり方が桜庭氏らしい。
    二人の関係は好き嫌い分かれそうだが、ある意味素敵な形なのかもしれない。

  • ねっとりと絡まるふたりの過去

  • 謎が解けてない・・・。

  • 歪んでいてどうしようもないけど
    純愛だと思った。
    文章のねっとりした感じが好き。
    薄暗いけど透明な話。

全939件中 1 - 25件を表示

私の男に関連するまとめ

私の男を本棚に登録しているひと

私の男を本棚に「読みたい」で登録しているひと

私の男を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私の男を本棚に「積読」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

電子書籍

火花

又吉 直樹

芸人とは?漫才とは?「夢」を追いかけた10年間の話

生き残りの厳しいお笑いの世界で、もはや売れっ子と呼んで差し支えない知名度を獲得した芸人コンビ・ピースのボケ担当、又吉直樹氏による文芸誌のデビュー作。処女作にも関わらず第153回芥川龍之介賞を受賞したことで話題の一冊です。 語り手である漫才師の卵、徳永が地方営業で参加したある花火大会で長年の師匠となる神谷と出会ったところから物語は始まり、この二人の会話を中心に物語は進みます。 大きな一つのストーリーがあるわけではなく数ページほどでまとまっているエピソードが無数にある形式で、エッセイを読んでいるような気分に陥ります。一見つながりの無いように見えるそれらのエピソードの中で少しずつ時間とともに物語は進み、変わっていく環境に翻弄される師匠と弟子。二人のやりとりはそれこそ漫才のようで、ボケとツッコミが入り交じりますが、不思議と滑稽さを感じないのは本書に於いて著者が記した「笑い」に対する分析が真摯なせいでしょうか。

直接的に感情移入できるような文章では無いにもかかわらず、徳永が煩悶する姿を見るにつれ引き込まれ、クライマックスでは感情の昂ぶりを抑えられなくなってしまいました。 終盤の意外な展開は著者の芸風にも合ったシュールな仕上がりで不思議な読後感を作り出してくれます。

本の詳細&レビューを読む»