羊の目

  • 113人登録
  • 3.77評価
    • (16)
    • (25)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 伊集院静
  • 文藝春秋 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163267401

羊の目の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 羊の目は純粋。

  • 夢中で読みました。
    ほんとにおもしろかった!!

    ですが、、、、最後の章に対する違和感がスゴイんですけど。
    いっそ無くてもよかったのでは。。。

    ああ、でもほんっとおもしろかった!!

  • 直木賞作家桜木紫乃さんが受賞式の後、ホテルに神崎武美さんからお花が届いたと朝日新聞に書いてるのを見て読みました。伊集院静も嫌いではなかったので。嫌いではないです。でも好きかというと・・・。神崎武美は確かに魅力的です。ケイと母親があまりに無防備に信じたところがちょっと違和感。他の人々はその危険性に多かれ少なかれ気づいたのにね。伊集院静では「お父やんとオジさん」が好きです。

  • 短編の名手・伊集院だけに
    連作にしたのは正解
    ただ、どうも主人公とその親分が
    身体に受け付けない
    感覚的なものなので
    しょうがないなあ
    4.0点

  • 任侠の世界を描いた小説。殺し殺されの世界が中盤続き、ちょっと嫌になりかけた。殺しの連鎖の最後はどう終わるのだろうと思っていたら、殺伐とした終わりにならなくてよかった。中盤よりキリスト的救いの物語が入ってきて、「羊の目」とはシャルロウという老神父の幼い頃の思い出から最後の最後に書かれている。血を分けた実の親でなく、やくざの世界で契を交わした親を唯一の信じるものとして生きてきた男の物語。

  • ヤクザのお話。
    非常に練り上げられた構成になっていると思います。
    章ごとに色々な人の視点から書かれてあるのも良い。

    でも、もう少し深い話を期待していたので、そこだけがちょっと残念。
    ていうか、もっと深くできる内容だと思ってしまった。
    まずまずというところです。

  • 侠客に育てられた男の生涯を、闇社会を背景に描いた作品。
    この手の本は初めて読んだが、読後のどろどろしさは全くなく、むしろすっきりとした清々しさを感じた。
    これは、胆の据わった、現代では少なくなった?大和男児の美しさに感じ入ることができたためでもある。
    昭和初期の混沌とした時期の日本は、皆が真剣に生きていて、その意味で力強く、清かったのだろう。
    こういう作品を読むことで、日本人の男の生きざまを感じ、自身を見つめ直すことができたことは貴重だった。

  • 始めは読みにくかったけど、読んで行くにつれて物語に引き込まれていった。
    神崎の生き方、かっこいい。

  • この小説もおもしろい。ベストです。簡単に言うとヤクザ者の話なんですが。自分が信じる人のために命も投げるし、人も殺す。一見残忍な人なんですが、根は優しいという・・・伊集院さんの小説に出てくる男はみんなかっこいいな。

  • 最近日本の小説をあまり読ま(め)なくなったのは、こういう美しい日本語、正しい日本語で書かれた日本文学としての芸術作品がもうほとんどでてこないから。物語としてのエンターテイメント性やリアリティを突き詰めていくのならばぶっちゃけ小説というメディアである必要のないものが数多あり、小説でなければならないものをこそ小説で読みたい自分のような人間にはどんどん選択肢がなくなってくる。
    この作品は文句なしで美しく、文章自体が輝いている。単純に品性の問題だが作品の崇高さで言えばここ数年で読了した中では一番だろう。
    10年後に読んでも50年後に読んでも変わらない感想/感動が出てくるに違いない。
    個人的に2010~2011年読了本のベスト①

全26件中 1 - 10件を表示

伊集院静の作品

羊の目はこんな本です

羊の目を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羊の目を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする