当たるも八卦の墨色占い―縮尻鏡三郎

  • 34人登録
  • 3.15評価
    • (0)
    • (3)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 佐藤雅美
  • 文藝春秋 (2008年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163270609

当たるも八卦の墨色占い―縮尻鏡三郎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もう少しだったのにな。知穂さんが気の毒。

  • 縮尻鏡三郎シリーズ!
    おお、娘にせっかく舞い降りた
    縁談(?)が、運命のいたずらで
    相手が死んでしまう
    簡単に身辺に重大な変化が起きる
    のは佐藤雅美先生の作風なのか?

    金持ちで誠意ある頓馬な夫に合掌

  • この人の文体の持つリズムが好き。くじら屋のももんじいは、そんなに美味しいのだろうか。

  • 縮尻鏡三郎の5〜時計細工師が詐欺に合いそうになり,墨色で色が深いと云われた娘が取り替え引き替えで男をくわえこんだり,不義密通をしたと噂を立てられた女性が実は違う縁談を実行するために強姦されていたり,質屋をしくじった二人の運命が交錯したり,御家人株を買った養子が殺されたり,旗本が自分の次男に分家を嗣がせようと企んで脅迫に来た女を門外まで追って殺したり,火事で行方が紛れた柳行李を取りに来た浪人が強盗の上がりをかすめていたり・・・しながら,,娘知穂が経営している塾の地面を買い取って呉れた男性と縁談がまとまり掛けて殺される〜金があるところにはあって,ないところにはないってことか?

全4件中 1 - 4件を表示

当たるも八卦の墨色占い―縮尻鏡三郎のその他の作品

佐藤雅美の作品

当たるも八卦の墨色占い―縮尻鏡三郎はこんな本です

ツイートする