ピラミッド封印された数列 下

  • 33人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 村上 和久 
  • 文藝春秋 (2009年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163278605

ピラミッド封印された数列 下の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • インディージョーンズをきっちりお話にしたらこうなりました、という作品次回作ロゼッタの鍵も探してみようかなあ

  • ヘロドトスの書『歴史』に曰くピラミッドの地下には巨大な空洞がある―。メダルの謎は、その空洞へと誘うのか?ナポレオンとネルソンの海戦、陸地の追撃戦。英仏両大国の激しいつばぜりあいのなか、シラノ伯爵とゲイジの「絶対の叡智」をめぐる謎解き争いは、いよいよクライマックスをむかえる。バラバラだったパズルの断片が轟々と音をたてて、ひとつの形をつくりだした。フィボナッチ数列、黄金比、円周率π、そしてパスカルの三角形…。古代エジプトの知恵の精髄『トトの書』の秘密とは(「BOOK」データベースより)

    フィボナッチ数列だの黄金比だのパスカルの三角形だの・・・。
    そんなのこの手の話が好きな人ならとっくに知ってるっちゅーの!!
    この本で新たに得る知識はなかったです、残念。
    イーサンとアスティーザとのロマンスも中途半端~。
    つか上下巻にしておいて尚、「待て次号!」みたいなエンディングってなんなのよ?
    この続きの「The Rosetta Key」が刊行されるらしいのですが・・・。
    うーん、どうしようかな~。
    また心惹かれるアドベンチャーワードに引っ掛かっちゃう予感がビシバシします・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

ウィリアム・ディートリッヒの作品

ピラミッド封印された数列 下はこんな本です

ピラミッド封印された数列 下を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ピラミッド封印された数列 下を本棚に「積読」で登録しているひと

ピラミッド封印された数列 下の作品紹介

ヘロドトスの書『歴史』に曰くピラミッドの地下には巨大な空洞がある-。メダルの謎は、その空洞へと誘うのか?ナポレオンとネルソンの海戦、陸地の追撃戦。英仏両大国の激しいつばぜりあいのなか、シラノ伯爵とゲイジの「絶対の叡智」をめぐる謎解き争いは、いよいよクライマックスをむかえる。バラバラだったパズルの断片が轟々と音をたてて、ひとつの形をつくりだした。フィボナッチ数列、黄金比、円周率π、そしてパスカルの三角形…。古代エジプトの知恵の精髄『トトの書』の秘密とは。

ツイートする