三匹のおっさん

  • 5708人登録
  • 4.10評価
    • (945)
    • (1112)
    • (577)
    • (37)
    • (12)
  • 1061レビュー
著者 : 有川浩
  • 文藝春秋 (2009年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163280004

三匹のおっさんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正直私は、
    タイトルがその内容を示唆しすぎている類の本は
    あまり好まないのだが、
    まだ未読の『有川浩』さん。

    (一冊くらい読んでみようかな?)と、手にとってみた。

    そして、
    想像通りその内容は、

    正義の剣を振りかざし(木刀)
    完膚なきまでに敵を叩きのめし(柔道技で)
    悪を(感電)ノックアウトさせる、という正義のおっさん達の物語、

    ではあったのだが、
    ひとつ、予想が大きく外れていたのは、
    このおっさん達のキャラ。

    (どうせ、二次元のヒーローだし)

    と、パタンと本を閉じた後、あっという間に消えてく類の人達じゃなかった。

    (また、会いたいな~)
    まるで、正月久々に会えるのが、超楽しみな親戚のおじさん♪
    くらいにUPしてしまったこの親近感!

    これぞ、著者がもつ『仲人力』の強さ、とでも言おうか?(違うか)

    著者の他の作品も、ぜひ読んでみたい、と思った。

  • 「則夫・エレクトリカルパレーーーーードッ!」のセリフと
    第二話ラストに描かれた
    エレクトリカルパレード発動1秒前のイラストが
    読んだが最後、頭から離れない!

    アミューズメントパークを根城に荒稼ぎするチンピラ。
    女の子を続けざまに狙う野獣のような痴漢野郎。
    主婦の純情を踏みにじる初恋詐欺師。
    飼育係が懸命に世話をするカモに血も涙もない虐待をする犯人。
    写真をネタに世間知らずの女子高生を脅迫する男。
    老人の孤独に付け入って大金を搾り取る催眠商法。

    そんな不埒な奴らを迎え撃つ、
    還暦を迎えたキヨ、シゲ、ノリ達「三匹のおっさん」の、
    イケメン戦隊も顔負けのカッコよさ!

    敬遠してた祖父のキヨの活躍に感化されて
    三匹に協力したくてたまらない風情の孫の祐希と
    一見ひ弱そうなのに、コートの中に
    名状しがたい凶悪な武器を隠し持つ、
    実は一番危険なおっさん ノリの娘である早苗との
    もどかしくも初々しい恋の経緯も見逃せません♪

    シゲは、『三匹の悪ガキ』のなれの果ての『三匹のおっさん』
    なんて言っていたけれど、とんでもない!

    『三匹の悪ガキ』は、すくすくと育ち、
    社会の荒波に揉まれ、経験値をたくさん積んで
    『三匹のおっさん』に進化したのです!!!

  • 「三匹の悪ガキ」と呼ばれていたおっさんが、還暦を迎えた今、「町内見回り自警団」をはじめる。
    剣道の達人キヨ、柔道の達人で居酒屋の元店主シゲ、
    一番小柄だが、三匹の中で一番危ないとうわさされるノリ。

    爽快ハチャメチャで読んでて楽しい!

    内容も、現代が抱える問題をかっこよく切り捨てていく!!

    ああ、読んでいて楽しいし、「三匹のおっさん」の中に入らせてもらっているような気分♪

    そして、キヨの孫・祐希とノリの愛娘・早苗の「恋」も可愛らしくてキュンとする。

    さすが、有川さんだ・・・と感心させられる一面も。

  • 御近所の悪に立ち向かう、おっさん達の活躍が、たいへん小気味いいです。
    すっきりしたい時に、おすすめです。

  •  タイトルと表紙のイラストで「ん?」とちょっと構えた。(笑)
    読んでみれば、”おっさん”たちのセリフが堂上と小牧にかぶる!
    ”おっさん”たちだというリアル感もうすいし、
    ちょっとときめいたりなんかして・・・。
    孫の祐希もいい存在感。
    期待の甘さもあり、おもしろかった一冊。

  • 元「三匹の悪ガキ」が仲良く還暦を迎えた。
    元ゼネコン勤務・剣道の達人キヨ、柔道の達人で居酒屋「酔いどれ鯨」の元店主シゲ、そして3人の中では一番小柄ながらある意味一番危険なノリ。「三匹のおっさん」は暇と体力を持て余し、ご町内の自警団をこっそり結成する。

    そこにキヨの「素直じゃない」DNAを色濃く受け継いだ孫の祐希や、ノリの愛娘早苗もいつの間にやら取り込まれ、もう・・・

    だ・れ・か「おじいさんと呼ばないで」
    だ・れ・か「赤いちゃんちゃんこを着せないで」
    だ・れ・か「ロマンチック・と・め・て」状態である。

    どのおっさんも素敵でほほえましくってかっこいい。
    おっさん、最高!

    巻末に故・児玉清さんのラジオトークが収録されていて、児玉さんもこの本が大好きだったのが良く分かる。

  • あまりの面白さに一気読み(笑)休みで良かったよ。登場人物みんなキャラクターが( ・∀・)イイ! 多少むちゃくちゃだけど腕っぷしも強くて頭も良くて度胸もすわってる三匹のおっさんにもっとやれ〜と声援を送りたくなるような作品。

  • 【軽快・痛快なストーリー】
    大人のライトノベル、というイメージの強い有川さんの作品ですが、
    この本は主人公らの年齢がシニア層のため、むず痒くなるようなラブコメ要素はあまり高くありません。
    (そこがまた良い!!)

    ちょっとラブコメを読みたい気分ではなかった私としては、なんだかほっとしたというか、
    ちょうどいい具合の本だったなぁ、と思いました。

    3人のうち、キヨさんとノリさんにスポットライトがあたりがちだなと
    少々思いましたが、孫たちのことを考えるとまぁ仕方がないのかなと。
    シゲさんには申し訳ないですが、少し影が薄かった気がしました。
    (ズッコケ3人組のように、3人が主人公…というのは、大人になってからでは難しいのでしょうかね。
    まぁ、ズッコケ…を読んだのも15年以上前で、ストーリーはほぼ覚えていないに等しいのですが…)

    細かいことを抜きにすれば、とても面白い1冊でした。
    レイプ事件とかもありましたが、そこさえOKであれば、
    子供や低年齢層でも楽しく読める本だと思います。

  • いやぁ!久々に腹の底から「おもしろい!!」と思える本に出会えた!

    年寄りメインに据えるとかマジかwwと思ってたが…
    侮っていた!やっぱり年寄りが元気に立ち回っているのを見るとコッチもワクワクしたり楽しくなったりするね!

    昨今のいただけない事件や問題を、これからもばっさばっさと切り捨てて、頭の弱い可哀想な馬鹿者たちに喝を入れていって欲しいもんだわ!

  • すらすら読める上におっさんたちのアクティブさが気持ちよく、ほろりと来るところもあり、さすがの有川浩さんだと思いました。

全1061件中 1 - 10件を表示

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

三匹のおっさんに関連する談話室の質問

三匹のおっさんを本棚に「読みたい」で登録しているひと

三匹のおっさんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三匹のおっさんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三匹のおっさんの作品紹介

「三匹のおっさん」とは…定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ。柔道家で居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ。機械をいじらせたら無敵の頭脳派、工場経営者ノリ。孫と娘の高校生コンビも手伝って、詐欺に痴漢に動物虐待…身近な悪を成敗。

三匹のおっさんの文庫

ツイートする