三匹のおっさん

  • 5664人登録
  • 4.10評価
    • (944)
    • (1103)
    • (573)
    • (37)
    • (12)
  • 1060レビュー
著者 : 有川浩
  • 文藝春秋 (2009年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163280004

三匹のおっさんの感想・レビュー・書評

  • ドラマだか、映画にもなってるみたいだし、続編もたくさんある人気のシリーズみたいだし、ずっと気になっていた。先日、図書館でちょうど第一作を見つけてさっそく借りてきた。内容は、軽いコメディ。第一話はちょっとかっこいいな、ってところもあった。あとは普通かな。最後まで、気楽にすいすい一気に読めて、面白かった。
    難点を言うと、高校生の二人がちょっと「らしくない」。今どきな感じのセリフ回しをがんばってるなとは思うが、いったいこいつら何歳の前提?と違和感を時々感じる。ま、しょうがないか。
    それにしても最後の作者紹介を読んで、初めて作者が女性だと知って驚いた。名前から男性だとばっかり思っていた。

  • 4.0 初めて有川浩氏の作品を読みました。格好良いじいさんになりたいものです。

  • 腕に覚えありの武闘派2名、機械をいじらせたら無敵の頭脳派1名。かつての悪ガキが結成した自警団が、今日もご町内の悪を斬る!

  • いやはや痛快でした!
    おっさん達が立場をわきまえて
    現実的に解決するのがよかったです

    ヒーロー過ぎず、おっさんのまま

  • 思っていたの何倍も面白かった。

    有川浩は登場人物の表現がストーリーと良くマッチしていました。

    3匹のおっさんみたいな仲間とワイワイ過ごせるように年齢を重ねていきたい。

    そして、自分も、自分の手に届く範囲だけでも幸せにできるような大人として行動してみたい。

    これから読む続編も楽しみ!!です。

  • 60歳は、まだおじいちゃんと呼ばれたくないのか。私の父も数年前に60歳をむかえましたが、まだまだ若い扱いをした方がいいのかな(笑)それはともかく、三匹のおっさんたち、それぞれ個性があって良かったです。犯人を懲らしめるシーンは読んでてスッキリ。早苗ちゃんと祐希の関係にもキュンとします。有川さんの描く恋愛は、どうしてこんなにキュンキュンするんだろう!

  • 剣道の達人キヨ、柔道家で居酒屋経営者のシゲ、工場経営者ノリの還暦を迎えた三人のおっさんが自警団を結成。痴漢や動物虐待といった、町内の身近な悪を成敗する物語。
    「図書館戦争」シリーズを手掛けた、有川浩の作品です。
    (845569/913.6/A/大学図書館)

  • ドラマの方を先に知っていたので(と言っても予告のCMを見る程度)あまり期待はしてなかったんだけど、すごく面白くてびっくりだった。
    三匹のおっさんがスパッと解決してくれるので、安心して読みすすめられた。
    私の周りにもおっさんがいてくれたらなぁ。
    こうなるとドラマも見たくなった。


    「三匹のおっさん」とは…定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ。柔道家で居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ。機械をいじらせたら無敵の頭脳派、工場経営者ノリ。孫と娘の高校生コンビも手伝って、詐欺に痴漢に動物虐待…身近な悪を成敗。

  • 「「俺たちのことはジジイと呼ぶな。――おっさんと呼べ」還暦を迎えた、かつての悪ガキ三人組が、私設自警団を結成した。剣道の達人キヨ、武闘派の柔道家シゲ、危ない頭脳派ノリ。ゆすり、たかりに悪徳詐欺、卑劣な痴漢に動物虐待……。キヨの孫・祐希とノリの愛娘・早苗の高校生コンビも加わって、町内の悪を成敗する!“三匹”の活躍に胸がすく痛快活劇小説。シリーズ第一弾。」


    再読。
    読んでいて安定して面白いので有川さんは本当に凄い。

  • 三浦しをんさんや菅野彰さんが書いたら面白そうな話。シルバー世代を主人公に据えた物語は、有川浩さんの著作の中では珍しいですね。
    孫同士の胸キュンも楽しめます。有川さんらしいっちゃらしいですが、男女間の価値観の差はやや古風な描き方。ヤマトナデシコ的な...。この本はその傾向が強いので、引っかかる人は引っかかるかも。

  • ヒデ、シゲ、ノリのおっさん3人とその孫、子の高校生二人のほほえましい関係が読んでいて心温まる。三匹のおっさん ふたたび を読んで面白いと思い、これを読んだ。順番は逆であるが、十分楽しめた

  • (2015.01.10読了)
    剣道、柔道、頭脳とそれぞれ得意分野をもつ幼馴染の三人組が、還暦を迎え暇になり、近所の小悪党と対決したりするお話。
    まあまあ面白いです(^∇^)

  • 2016年6月5日読了。
    現代社会に身近に存在する様々な問題を三匹のおっさんが斬る。それぞれに役割があり、この手の話は入り込みやすい。ギリギリ無さそうな設定が読んでいて楽しい。あくまでフィクション。
    おっさんの話だけだと若者には読んでいて飽きそうなところに、若者ふたりが絡んでくるあたりがまた秀逸。
    これで有川作品は2作目なのだが、とにかくよみやすい。また次に期待。

  • 語られることが多くて疲れる系。
    結構トピックが過激なものが多いんだけど、その割にはきっちりめでたしめでたしになってしまうお気軽話。TVとかにはなりやすそう。

  • 面白かったー!
    3人のおっさん達が自分の得意技を活用して問題を解決する。孫や家族問題もついでに改善していく。甘酸っぱい恋愛模様もあり、読後感がハンパなくスッキリしてました。ニマニマしながら本を読んだのは久しぶりです。

  • コムズ
    読みやすいが、まあ読んだだけって
    感じ。

  • おっさんかっこいい!おっさん最高!

  • 短編なのでサクサクっと面白く読めました。

    確かに今の60代は、まだまだお元気です。
    昔のおじいさんってイメージではないですよね。

    祐希くんが、読んでいくうちに、素直でかわいいのに、あの言葉づかいには違和感を感じますが・・・

    三匹のおやじ達が、解決していく様子は、気持ちがスカッとします。
    さわやかな読後で良かった。

  • 面白かったー!小説では久しぶりのヒットですね。読んでいてワクワクしてきます。昔、「図書館戦争」は読んだことあったけどこの著者の他の作品ももっと読んでみたいな。とりあえず「三匹のおっさんふたたび」は絶対読みます。

  • おもしろかった!
    ドラマのキャストで読んでしまうのが残念。
    時代劇っぽい殺陣の感じはテレビのほうが届きやすかったので、一長一短かな。
    次はいよいよ図書館戦争よんでみっか!

  • マンガのように楽しかった。

  • まだまだ「おじいさん」とは呼ばれたくないおっさん三匹が、身の回りで起きる事件を解決していくお話。

    一匹目の孫、二匹目の娘、三匹目の妻…と、身近な人に迫る危機を蹴散らし、最後はいつも円満解決、という構図は、とっても明快で爽快。
    ノリさんの道具のなんでもアリ感は許容範囲をちょっっっと超えたところで微妙ですが、まぁそれも許せる空気感。
    特に、キャラクターがみんな魅力的で素敵。
    読み終える時には、大好きな知人との別れや憧れの有名人の引退のような、「ああ、もうこの人と会えることはないのか」という寂しさが過ぎりました。
    特に、高校生コンビのあまずっぱさ!!

    なんだか、続編も出ているようなのでぜひ読んでみたいと思います。

  • おもしろい。。

    のりおのキャラが好き。。www
    ふたたび も読みたい。。

全1060件中 1 - 25件を表示

三匹のおっさんに関連する談話室の質問

三匹のおっさんを本棚に「読みたい」で登録しているひと

三匹のおっさんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三匹のおっさんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三匹のおっさんを本棚に「積読」で登録しているひと

三匹のおっさんの文庫

ツイートする