元禄秘曲

  • 10人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高橋義夫
  • 文藝春秋 (2009年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163282909

元禄秘曲の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。綺麗だなあ、という印象。どこがだかわからないんだけど。
    殺されるために出てきてあっさり死ぬ斬られ役みたいなキャラクターの死がきちんと「人の死」として描かれているとか、簡単にわかりあったり目と目で通じ合ったりしないところとか、でも斜に構えたわけじゃないところとか、快い書き方だ。
    あとは女の子が可愛ければなあ。人も筋ももう少し掘り下げて欲しかったかもしれない。

  • 消えた虚無僧
    桜の下の海坊主
    のっそり十郎
    音無しの剣
    闇の中の黒猫
    のっそり初手柄
    奇書『常磐之水鏡(ときわのみずかがみ)』

    「続き」がありそうなので主な登場人物を記しておきます。
    花房百助(はなぶさももすけ) 二ツ目の小天狗
     叔父 友二郎
    一刀流石川道場 道場主 石川礫斎(れきさい)
    古木要蔵(ようぞう) 二ツ目の大天狗
    神尾行蔵(かんおこうぞう)
     妹 お鈴
    火付け盗賊改め 能勢惣十郎(のせそうじゅうろう) のっそり十郎
     同心 窪田造酒之助(みきのすけ)
     目明し 海坊主の斧吉(おのきち)
     斧吉の子分 仁之助
    お仙 盗賊の一味として捕らえられたが

  • 主人公は旗本の二男で剣術家の内弟子。伏流に堀田老中暗殺事件をめぐる柳沢と堀田家旧臣の暗闘や、虚無僧となった主人公の叔父などが絡む。

全3件中 1 - 3件を表示

高橋義夫の作品

元禄秘曲の作品紹介

本所の小天狗といわれる、二百石の旗本の若様花房百助は石川道場で修行三昧。そんな百助が街の難問に巻き込まれるが、冴え渡る一刀流の剣で見事解決。

ツイートする