風の條―王国記〈8〉

  • 29人登録
  • 3.79評価
    • (4)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 花村萬月
  • 文藝春秋 (2010年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163293103

風の條―王国記〈8〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世代交代で第一部完。
    となると、どこまで続けて、どうオチをつけるんだろう?続きが書かれるのかな?

    なんだかんだ言いながら結局のところ、元凶は朧だがこうなるように組み立てていったのは太郎なんじゃないかと。
    花子の女王様としての貫録、すごい。

  • ・王国記第一部完。
    ・「風の條」朧視点、「白色について」前橋視点

    ・王国の主になれなかった朧の最期に号泣した。衝撃的な場面がスローモーションのように脳内に再生される。頭が良くて言葉ばかりに縋りつき、ついに本質に至ることができなかった朧。王国の「犬」となってからかつてのカリスマ性は薄れてしまったが、寂しく愛しい人物だった。

    ・第二部は次郎が主役だと言う。想像できない…

  • ★★★☆☆

    「ゲルマニウムの夜」から続いたシリーズも本書で第一部完。9冊12年にわたって書かれてきたものがようやく一つの区切りを迎えるというのは、自分の年齢の積み重ねもあってそれだけで感動的なものがあります。

    ただ、第一部完とあるように、物語はまだ途上といった印象です。当初の主人公である朧の物語に一応の結末が付けられますが、次世代の主人公である太郎と花子、あるいは王国そのものの物語はこれから。第一部完の意味は、主人公の世代交代が完了したということだけで、これからも王国の物語は続いていく、そういった印象のラストです。

    第二部が本当に書かれるのかはわかりませんが、第二部が出るのを楽しみの待ちたいところです。

  •  王国記第一部完。……第一部?  え、そうなの? こうなるの? 
     いろいろ動いた巻でした。上げて落として上げて落として……前振りはなんだったの?くらいに、。
     筋道立ててこうなったのか、思いつきなのか悩むストーリィになってきたなあ。朧の扱いが意外でした。「ゲルマニウムの夜」からだし、朧で悪噺家と思いきや。こういう話だから、肉体をもった朧が存在していることに拘らないのかもしれないけれ。
     しかし、前橋がこんなに出張ってくるとは思ってもみませんでした。孫・ひ孫代まで話が続いたりして。

全4件中 1 - 4件を表示

花村萬月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

風の條―王国記〈8〉はこんな本です

風の條―王国記〈8〉の作品紹介

「王国」の民の尊崇を集める「神の子」太郎と花子。そこには「王の犬」朧の居場所はなかった。王国建設に囚われた朧の運命は!?芥川賞受賞作『ゲルマニウムの夜』から12年、「王国記」第一部ここに完結。

ツイートする