悪の教典 上

  • 4806人登録
  • 3.84評価
    • (494)
    • (933)
    • (608)
    • (83)
    • (20)
  • 788レビュー
著者 : 貴志祐介
  • 文藝春秋 (2010年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163293806

悪の教典 上の感想・レビュー・書評

  • なんの感情もなくさっくさく人が殺されていく。

    ノーカントリーの殺人シーンを思い出したけどもっと強烈。

    冷静に、他者との共感性が全くないサイコパスな自分を分析し、やってることと言ってることの温度差にまたゾッとします。



    今まで、悪鬼とか殺人鬼とかに主人公が立ち向かう話やったから、今回もそうかと思って読み進めていったらまさかまさかの人が殺人鬼なんて。

    どこをよりどころにして読んでいいかわからずただもうこわい。



    新世界よりの世界観はものすごかったけど、蓮実という人間を創りあげた貴志さんはほんまにすごい。

    いや、でも読めば読むほどハスミンに魅かれていきます。



    映画化に向けて再読。

    伊藤英明じゃないなぁ。。

  • なんて胸くそ悪い…。気持ちが悪くて仕方がないですね。学校が舞台だからなおさらなのかもしれない。
    そしてこういう感情も、主人公には欠如しているのでしょう。
    こんなことしてたら、世界中の人間すべて抹殺しなくちゃいけなくなりますよ。その前に自分が消えた方が合理的なのかもしれませんね…自分を守りたいという感情はちゃんとあるんだろうなあ。

  • 4.0 蓮実先生、格好良すすぎ。ただ上巻のハイテンポな面白さに比べ、後半の学校内のシーンはちょっとダレた感があり残念でした。

  • ひさしぶりのホラー。下巻からのさらなる恐怖を予感させられる上巻でした。こっわい。

  • 安く売っていたので上下セットで購入。
    文章は淡泊だが、読みやすい。
    簡単に人を殺していく。
    重要な人物かと思いきやあっけなく殺される。
    下巻も楽しみ。

  • 悪の教典というくらいだから、女王の教室をイメージしていたんですが、全然違いました。読み終えて、個人的には怖いというよりも、不気味というイメージの方が強かったです。表面上では、生徒思いの良い先生、でもそれを築くために何故あんなに残酷なことをできるのか…。たんたんと人を殺してしまう蓮見先生の心情がつかめなくて不気味でした。憂実ちゃんが生きていたら、何か変わっていたのかもしれないと少し思いました。

  • 以前に、映画公開され、内容が気になり読んだ本。蓮実が見た目は誠実そうで、親衛隊がいるなど、生徒からも人望が篤いのが、意外な裏の顔が見え隠れてしている、それは子供時代の蓮実の環境などから見えてくる。生徒への対応からして、サイコパスな要素は微塵も感じられないが、生徒の一人の家が火災に遭い、モンスターペアレントの問題、釣井先生の死去後の蓮実が生徒に向けて放った言葉からも、何か不穏なことが起こりそうな予感が感じられる。生徒たちは蓮実の裏の顔、薄々と悲劇の予感が漂うが、次巻でどうなるのか、ゾワゾワとしてくる。

  • 恐いなと思いつつも引き込まれて、先を読み進めたくなる。サイコパスと呼ばれている人はこういう考え方をするのか、と思うとぞっとする。

  • じわじわとくる怖さですね。
    こんなに頭がいいならもっと別の使い道があるはずなのに。

    普通の一般的な生徒が可哀想に感じました。
    私も生徒の立場だったら騙されそうですが...。

    続きが気になります。

  • 主人公が悪の化身なのが怖いけど、上巻はスリルのある展開で面白い

  • 恐ろしいと怖いとかじゃなくて
    汚い。

    上から目線みたいなカンジ…。
    読んでて気分悪い。

    こんだけのページもんで
    そんな印象しか受けないのも珍しい。

  • 気分のいい話ではないことがわかっていたために手を出していなかった本。他の映画のDVDで映画の予告を見てついつい手を出してしまった。

    読み始めたら案の定とまらない。
    やっぱり気分はよくないけど、続きが知りたくないかといったら嘘になる。
    下巻も読みます。

  • 請求記号:913.6/Ki56/1
    選書コメント:
    貴志祐介のベストセラー作品「悪の教典」は映画化、漫画化されるほどの人気作品です。まだ原作を読んだことのない方、ぜひ読んでみてください。
    (図書館学生スタッフ)

  • 怖い!!
    ジワジワくる感じ「青鬼」にそっくり。

  • この作家の本をはじて読んだけど、ついつい内容に引き込まれて、上巻を読了しました。さっそく下巻を読みたくなります。

  • 図書館の予約が凄いし、文庫落ちまで待つつもりでいたのに、350円の超掘り出し物を発見して購入してしまった。こんなに長いのにあっという間。サイコパス・ハスミンの狡猾さと人心掌握術が恐ろしい。まだ序章って下巻は一体どうなっちゃうの?最近の貴志作品ははまらないのが多かったけど、これは面白い。2012/387

  • 娘に借りて読みましたが、中1の娘が読んでしまっていることの方がコワイです。

  • ジワリジワリと来る何か、、、。
    うまくは説明出来ないけど。
    色々と聞いてたわりには、あんまり残虐的に感じないのは上巻やからか?
    さぁ、今から下巻。

  • この手のジャンルの本を今まで読んだ事なかったから少し怖いなと思いながら読んだ。
    ほとんどの人間からとても好かれ、人気者の蓮実先生。
    でも実際は気に入らないこと、自分の邪魔になりそうな人を片っ端から抹殺していく凶悪な殺人鬼。
    人を殺すことを何の感情もなくできる…

    最近のニュースとかでも殺すことに何の抵抗もない殺人鬼とか出てくるから正直怖い。

    こんなに人を殺してて捕まらないのもおかしいが、まぁ小説だからしょうがないかもだけど
    映画の予告とかで見たけど、下巻ではたくさんの生徒が死んじゃうんだろうな。もっと残忍に、派手に。。。
    怖い。とりあえずこんな人は小説の中だけであってほしい。

  • 主人公がアホすぎる……。
    殺人が完璧じゃない。穴がありすぎ。そんなんじゃすぐ逮捕されるだろ。殺人の動機も馬鹿らしいものばかり。本当に主人公が賢いなら、論理的に相手を追い詰めて解決することだっていくらでもできただろう。正直こんなことで人を殺してくのは小学生レベルの知能しかないんじゃないかと思ってしまう。なのに雑学や心理学の知識は豊富で、余計ちぐはぐな印象を受ける。その心理学を応用すればいくらでも解決できたんじゃないの?
    しかも全然魅力がない。女と寝ることばっか考えてる、つまらない男。超女好きの変態とかにしてくれれば面白かったのに、そこまでふりきって変態というわけでもないし、中途半端で小物臭がすごい。
    登場キャラも馬鹿ばっかで、なんだかアホらしくなってくるけど、そこは逆に笑えてよかった。

  • たぶん、えげつなくて人が死んで、ついでに性的な気持ち悪いのが出てくるんだろうなー
    って思って読み始めたら
    その通りだった
    挫折した『新世界より』と同じような描写

    『新世界より』は挫折したけどアニメで全部見れた
    この作品は舞台が現代に固定されてるから平気だった
    現代なのか異世界なのか曖昧なやつは読めないんだよね
    異世界なら異世界って書いてくれれば平気なんだけど

    暗くてえげつない作品だけど飽きさせない
    夢中になって読んでしまう
    『新世界より』のラストは驚愕したし、感心した
    この作品も同じようにどう結末を迎えるのか楽しみだ

    残酷でえげつなくて暗いだけの作品でないと期待して先を読もう

  • 分厚いがすぐ読めた。不気味な進行具合。かなりゆっくりな展開。100冊目。

全788件中 1 - 25件を表示

悪の教典 上に関連するまとめ

悪の教典 上を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪の教典 上を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪の教典 上の作品紹介

学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は高いIQと好青年の貌を持っていた。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。

悪の教典 上のKindle版

ツイートする