本朝金瓶梅 西国漫遊篇

  • 51人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (7)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 林真理子
  • 文藝春秋 (2010年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163295008

本朝金瓶梅 西国漫遊篇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何時もながら読みやすい。
    この人がエロ本書くのも珍しいし、好きな本の1冊

  • 最後の方は読む勢いが落ちたけど、
    まぁあっさりと楽しめましたー。

  • 江戸の札差慶左衛門とお妾二人くんずほぐれつ西国漫遊篇。 江戸時代ってみなさん大らかだったんだねぇ。

  • 西門屋慶左衛門を主人公とした時代小説の第三弾。

  • 相変わらずの珍道中。さて、つづきはどうなることやら??
    内容(「BOOK」データベースより)
    お伊勢参りのおかげか、男の武器がこっそりと回復した江戸の札差、慶左衛門、まっすぐ江戸へ帰るわけがない。京都で、大坂で、はたまた金毘羅で、さまざまな騒動を巻き起こす…。三度の飯より女が好きな色男の西門屋慶左衛門と、嫉妬深い妾のおきん。色と欲にまみれた男女を描いた、痛快かつエロティックな時代小説第三弾。

  • 相変わらず笑えます♪おきんは彼女自身かな?それとも慶さんが彼女の願望の表れ?!

全6件中 1 - 6件を表示

本朝金瓶梅 西国漫遊篇のその他の作品

林真理子の作品

本朝金瓶梅 西国漫遊篇はこんな本です

本朝金瓶梅 西国漫遊篇を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本朝金瓶梅 西国漫遊篇の作品紹介

お伊勢参りのおかげか、男の武器がこっそりと回復した江戸の札差、慶左衛門、まっすぐ江戸へ帰るわけがない。京都で、大坂で、はたまた金毘羅で、さまざまな騒動を巻き起こす…。三度の飯より女が好きな色男の西門屋慶左衛門と、嫉妬深い妾のおきん。色と欲にまみれた男女を描いた、痛快かつエロティックな時代小説第三弾。

ツイートする