タイニーストーリーズ

  • 752人登録
  • 3.46評価
    • (29)
    • (83)
    • (88)
    • (27)
    • (4)
  • 115レビュー
著者 : 山田詠美
  • 文藝春秋 (2010年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163296906

タイニーストーリーズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと不思議怖い系?

  • エイミーの超短編たちの詰め合わせ。米兵ってGI(government issue 官給品)って呼ぶのね。どの作品もひねりすぎてる気がするけど、山田詠美だと許せるのはなんでだろう。『電信柱さん』『420、加えてライトバルブの覚え書き』が良かった。

  • 少し色っぽい短篇が12.連作めいた「GIと遊んだ話」では米軍の兵隊の実態が日本人の女の目で見えるところが面白かった.特に驚いた話は「催涙雨」.エンドの”赤ちゃんヤモリ”が特異だった.

  • 短編集なんですが、どれもこれも面白い。

    特に面白かったのは、さえない主婦が、パート先で出会った万引き犯の老婆に影響を受けて、100歳になったらしたい事を、考える物語。

    しかも、そのしたい事は大体犯罪。
    若い男をレイプするという目標の為に「今から老けてらんない」とジム通いを始め、自分が変わると周りも変わって色んなことが上手くいく話。

    私は100歳までには死にたいけど、こんな目標を持つのもいいな。

  • これまで読んだ山田さんの作品に比べると少し読みにくさを感じた。スッと話に入っていけないものが多くて、読んでいてもページをめくる手が止まってしまった。
    短編集なので少しずつ少しずつ読みながら、やっとすべてが終ったという気持ちで、ちょっと疲れていた。
    読みやすく、読後感がしっかりあったのは『GIと遊んだ話(ニ)』かな。
    また時間を置いて、もう一度読み返してみようかと思う。

  • 久しぶりの山田詠美。前読んですごく好みの話だったような気がしてたけど、意外と(・・?)って話もあり…私の理解力の問題だと思うけど、いまいちオチがどういうことかわからないのもあったりして、それほど好きっ(≧∇≦)て感じではなかった。

  • 20以上の話がはいった短編集。山田詠美は短編も上手。
    ドキッとさせられたり、ぞくっとさせられたり。

  • 書店で文庫本が出ているのをみて気になったので図書館から借りる。Tiny=ちっぽけな。という表題のとおり短編がたくさん。つながりがある短編も中には。軽い気持ちでぱらぱらっと読めるのでおすすめ。2013/333

  • 好みじゃなかった。山田さんの本たぶん初めて読んだ。

  • 山田詠美の世界を楽しめたが、これもいつもの事だがどう理解したら良いのかわからない部分もあり。

全115件中 1 - 10件を表示

山田詠美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

タイニーストーリーズを本棚に「読みたい」で登録しているひと

タイニーストーリーズを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タイニーストーリーズを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タイニーストーリーズを本棚に「積読」で登録しているひと

タイニーストーリーズの作品紹介

デビュー25周年に到達した、誰も書いたことがない、短編小説の豊穣。

タイニーストーリーズの文庫

タイニーストーリーズのKindle版

ツイートする