PRIDE(プライド)―池袋ウエストゲートパーク<10>

  • 1028人登録
  • 3.76評価
    • (75)
    • (168)
    • (139)
    • (12)
    • (3)
  • 158レビュー
著者 : 石田衣良
  • 文藝春秋 (2010年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163298108

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

PRIDE(プライド)―池袋ウエストゲートパーク<10>の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり面白くてイッキ読みした。タカシの思いがけない部分にも惹かれた

  • ぃやぃやぃや。キングの『ひとなつっこい笑顔』って!
    シリーズ10冊目?にして初めて「タカシくんもフツーに男だったのね~」とついにやにやしちゃいまシタ。

    表題作の「PRIDE」、リンちゃんいい女だなぁ。
    ああいう場面で「負けないで」なんて言えるはずはないのに。
    マコトじゃなくっても惚れるデス!
    ああ でもマコトたちくらい気持ちがタフじゃないと、彼女の強さは受け止めきれないのかも。
    こういう強い女性なら、おかあさんともうまくいくと思うよ(笑。

    これで一旦シリーズ終了って噂があるけど、もしそうならサルが出てこなかったのは淋しいなぁ。

  • 表題作「PRIDE」は、婦女暴行・生活保護の搾取と重いテーマを扱っていて、暴行犯は言わずもがな、被害者をさらに傷つける警察官・社会的弱者からビジネスと称して搾取を行う弁護士の姿に心底嫌気がさしたが、それでも負けずに戦うリンの姿に、自分も出来ることを精一杯やろうと思えた。
    「鬼子母神ランダウン」のキングが可愛らしかった。

  • やっと図書館で予約していたIWGPの新作が届きました!
    大好きな大好きなIWGPシリーズの10巻!
    私の愛しのキング様が3作品に登場していて私得な1冊。
    キングの意外な面も見れてびっくり!
    サルが出てこなかったのは残念・・・。

    *データBOXの蜘蛛
    *鬼子母神ランダウン
    *北口アイドル・アンダーグラウンド
    *PRIDE―プライド


    データBOXの蜘蛛は情報社会のお話。
    流行に敏感な石田さんなのでスマートフォンのネタを取り入れたかったのかなと思います。
    何でも携帯(スマフォ)1台で出来るというのは便利、でもその反面リスクが高いということも忘れてはいけないと感じました。
    とりあえず重要なのはタカシのアッパーですね!←おい
    タカシもようつべ見るんだなーとどうでもいいところで反応したのはお約束ですw

    鬼子母神ランダウンは予想外!!
    びっくりすぎる展開で口ぽかーん状態。
    あ、もちろんキングの面でw
    自転車事故のお話。
    最近CMでの呼びかけもあるように深刻な問題ですね・・・。
    さてさて事件はおいといて・・・
    とりあえず予想外を箇条書でw
    ①キングが自転車に乗る
    ②キングの人懐っこい笑顔(マコトもびっくり)
    ③キングが本気の恋に落ちる!!!
    ④照れるキング
    まだまだありそうだけどさすがに自分がキモくなってきたのでここら辺で控えますw
    キングが恋に落ちた相手はぽっちゃりした普通の女の子。
    ナナちゃんがうらやましいよ・・・
    キング・スマイルチケット・・・5000円なら私も買うだろうな~笑
    ここではタックルでキングが犯人を仕留めます。
    うん、かっこよすぎる!!
    そして最後にはナナちゃんとキングが付き合ってハッピーエンド(私の内心は複雑)と思いきやまさかの・・・。
    キングの恋愛小説とかあったらずっと鼻血出してる自信があるww

    地下アイドルのお話が北口アイドル・アンダーグラウンド。
    売れない三十路アイドルのお話。
    女性の嫉妬って本当に怖くて醜い・・・。
    そして女にだらしない男もかっこわるいと思う作品でした。
    ここではイナミのおっかけヲタクが大活躍します!
    ヲタクかっこよかった!!

    表題作PRIDE。
    やっぱり表題作が一番印象に残りました。
    そして一番心が痛くなったお話でした。
    テーマはレイプ。
    同じ女性として読んでて本当につらくなりました。
    警察での2回目のレイプはキツすぎる・・・。
    そして最後のとどめも。
    絶対に悪い方向に運ぶんだろうなーとは予想していたけど出来れば何もないことを祈ってました。
    だってあまりにもひどすぎる・・・。
    リンのメッセージで号泣。
    若いホームレスを対象とした職業支援の悪徳ビジネスとも上手に絡めてあって、さすが石田さんと思いました。
    オーナーの小森が本当に最低なヤツでした。
    若い人の職業難も深刻な問題ですね。
    ゼロワンが出てきたのが嬉しかったです。
    ここではなんと!
    キングの元カノ登場!(そして最後にむふふ)
    キングの恋愛は鬼子母神ランダウンで終わりだと思っていたので、びっくり!!
    まさか2作品にわたってキングの恋愛が出てくるとは・・・。
    あと裸の上にグレイのパーカーは反則ですよキング!
    パンチもかっこよすぎる!!
    そして最後の展開に「えええええええええ」
    なんとキングもマコトも彼女が出来るという予想外すぎる展開!
    キングが旅行の提案するくだりが大好きです。

    なんか大好きなIWGPがひとまず終わりということにショックを隠しきれないせいで、とってもきもちわるいレビューが完成しました。
    誤字脱字が多そうな予感。
    最近石田衣良欠乏症だったのできっちり充電完了!
    でも早く新作も読みたいです。



    「なあ、夢をあきらめたら、ほんとに楽になれるのかな?逆にどうしてあのときもうすこしがんばらなかったか、あとで後悔するんじゃないか。おれにはよくわからないけど。あんたはまだ全力をつかい切っていないから、夢のほうがあんたに期待して離してくれないんだよ」




    それでも、すべてはリンのいうとおりなのだ。闘いを投げずに、あきらめなければ、いつか必ずこちらの攻撃の番がまわってくる。つぎにおれの番がくるまで、ほんのちょっと休むのもいいだろう。だいじょうぶ、池袋の町にもウエストゲートパークにも変わりはないはずだ。
    ここでおれたちは出会い、争い、傷つけあい、無数の輝きをあげたり、もらったりする。街の物語には終わりがない。すっかり忘れていたが、こいつはおれ自身の昔の言葉。
    つぎ会うときには、また愉快でスリリングな嘘をたくさん用意しておくよ。
    最後にひと言。あんたがどれほどきついところで生きているのかはわからない。
    だがおれは全力でいう。
    負けるな、明日は必ずやってくる。
    つぎのステージで、また会おう。


    ううううううう(号泣)
    次のステージ早く来てください(涙)


    2010.007

  • いつも時代にそった内容をとりあえている。

    今までシリーズもので10冊もよんだのは初めてでした。

    なんかしばらくおやすみな感じだけど。

    最後に警察をつかってタカシに人を殺させたくなかったの一言にしびれたー

  • 最後の話が一番グッときた。そして、最後のメッセージにちょっと涙。いつも通りの軽快感と、社会問題の切り口がバツグンなそんな一冊。マコトもタカシも少しずつ大人になってる。

  • 先日、石田衣良さんの「PRIDE 池袋ウエストゲートパークX」を読みました。

    安定のシリーズ作といった感じでした。

    ちなみに、「PRIDE」は、第1期最後の作品です。

  • 大好きなシリーズを読み返そうってことで、やっと第10弾。この10冊目『PRIDE』が一番好きなやつかもしれない。
    「データBOXの蜘蛛」…紛失した携帯電話の中の重要データを買い取るよう脅迫されたIT企業幹部の松永。恐喝犯マリオはタカシたちの協力もあって軽々御用。しかしパソコンおたくのスパイが松永の愛人オリエの家に。みんなで急行する。さくっと終わる冬の軽快なお話。
    >つぎの事件ではない事件でおれはやつに散々こきつかわれたので、今回の貸しはチャラになった。
    こういう感じがこのシリーズの好きなところ。
    「鬼子母神ランダウン」…まさかタカシの恋模様が見れるなんて。自転車事故でサッカー選手になる夢を絶たれた弟マサヒロのために犯人捜しをするナナと出会う。地道な張り込みの甲斐あって犯人を見つける。そこらへんはまあどうでもいいというか、タカシがさくっとやってくれて、いつものIWGPぽくて良いんだけど、とにかくタカシがかわいい。「あの女のアドレス、おれにも教えてくれ」って言ったあとのタカシとマコトのやり取りが最高。こういう人間的なタカシが見れると嬉しい。春のあたたかいお話。
    「北口アイドル・アンダーグラウンド」…30歳を過ぎてもアイドルになる夢を捨てられず、小さなライブハウスで活動する地下アイドルのイナミ。ストーカー被害にあいマコトにボディガードを頼む。アイドルとオタクの距離感、女同士の嫉妬、一発当てたい夢見るプロデューサー。すごく池袋的で良かった。梅雨入り前の初夏、爽やかなお話。
    「PRIDE」…このお話がやっぱり一番強く残ってる。題材もレイプ魔を追うってところが、すごくつらいけどIWGPらしいお話だなと。
    負けるな、明日は必ずやってくる。
    リンは本当に強くてきれいだと思った。マコトとリンはなんかすごく素敵なカップル。後日談でタカシと4人で高原にいこうってところがまたすごく良い。これはあれこれ感想を語るより、ちゃんと読むとすごく響く。節目の夏。心の底から何か強いものが湧いてくる、そんなお話でした。

  • ラストはすっきりまとまっていて
    ようやくらしくなったな、という印象。

  •  携帯電話をなくした松永という人からの依頼と、弟を自転車の男にひき逃げされたナナちゃんに協力しての犯人探し、地下アイドルの空川否美のボディーガード、そして最終譚はマコト自らコラムのネタ探し&畠中鈴からこれまた犯人探しの協力要請。
     キャラクターはアイドルの話がいちばん魅力的だったけれど、ストーリーは最終譚のPRIDEが良かったです。内容はレイプ犯が出てくるから、ほんとうに嫌だけれど仕方ないか。相変わらずマコトのお母さんがいいキャラと仕事してて、癒されました。いや、いろいろ励まされました。あとはサルの出番が少なかったのがちょっと残念ですが、キングが意外と出張ってたので、面白かったです。

全158件中 1 - 10件を表示

PRIDE(プライド)―池袋ウエストゲートパーク<10>を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PRIDE(プライド)―池袋ウエストゲートパーク<10>を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PRIDE(プライド)―池袋ウエストゲートパーク<10>の作品紹介

マコト、恋に落ちる。ちぎれたネックレスの美女が池袋に現れた。かつてレイプ被害にあいながら力強く再生しようとする彼女の強靭な魂に魅かれていくマコトとタカシ。

ツイートする