淋しいアメリカ人

  • 10人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 桐島洋子
  • 文藝春秋 (1980年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163362106

淋しいアメリカ人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとそのまま本を開いたままで
    おいておくのはまずい代物です。
    何せ、いわゆる●○交換なんていう言葉が
    ざらに出てきてしまうからです。

    ある種、正直な人間過ぎますね。
    現実にこれまた××な広告が出る新聞に
    広告を出す人はまた正直なんですよ。
    結構大きいことを書いているように見えますが
    現実にそうな場合が多いそうで。

    ちなみに著者はまさにアメリカ的
    人間でしょう。
    その詳しくはwikipediaで見ればわかるでしょうし。
    でも、見た目からは決して
    想像はつかないんですよ。

    と、いうか
    ある種の太っている人の根源は
    こういうところから作られるんだ、
    と思いました。
    (これは別の本から)

    ない人ほど、おかしな浪費に走るようです。

全1件中 1 - 1件を表示

桐島洋子の作品

淋しいアメリカ人はこんな本です

淋しいアメリカ人を本棚に登録しているひと

淋しいアメリカ人を本棚に「読みたい」で登録しているひと

淋しいアメリカ人の文庫

ツイートする