いま、女として―金賢姫全告白〈上〉

  • 31人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 金賢姫
制作 : 池田 菊敏 
  • 文藝春秋 (1991年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163456409

いま、女として―金賢姫全告白〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 引き込まれるような文章と内容。
    同じ女性として彼女が背負ったものは国そのものだった。
    大韓航空機の爆破事件後に拘束された韓国で初めて知った、祖国では見られない豊かな物資や町並みそして人々の笑顔。
    そして彼女が信じていた祖国が1つの悪だと気付いた時の心の暗闇や葛藤。
    どれもどの描写も読み応えがある。
    彼女は国を背負う以前に純真な女性であること。
    他の女性とは変わらないのに、生まれた国によって人生がこんなにも変わるのかと…悲しくもなった。
    彼女の心は力強くも慎ましい。だから余計に悲しい。

全3件中 1 - 3件を表示

金賢姫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
白石 昌則
奥田 英朗
ロバート キヨサ...
三浦 しをん
齋藤 智裕
シドニィ・シェル...
高野 和明
三島 由紀夫
武良 布枝
奥田 英朗
麒麟・田村裕
有効な右矢印 無効な右矢印

いま、女として―金賢姫全告白〈上〉はこんな本です

いま、女として―金賢姫全告白〈上〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いま、女として―金賢姫全告白〈上〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いま、女として―金賢姫全告白〈上〉を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする