ホルムヘッドの謎

  • 33人登録
  • 3.44評価
    • (3)
    • (3)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 林望
  • 文藝春秋 (1992年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163464503

ホルムヘッドの謎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 父親ゆずりの地図の書き方で周りから驚かれていた謎が、この本を読んで解けました。

    イギリスを懐かしむにはうってつけの一冊。
    地元にもラウンドアバウトが試験的に導入されるのでこの本でラウンドアバウトを走る際の心構えを勉強しておこう。

    林望先生の日本語が大好きです。

  • 作者の主な仕事である書誌学のお披露目のため、入り易いテーマから話を変えていったと後書きには書いてあったが、あんまり成功してなかったかも。書誌学お披露目なら、裏話やこぼれ話を集めてみた方が面白かったかも。出久根達郎にそんなエッセイがあった。

  • ランドアバウトについてこんなにも熱く語っているひとはリンボウ先生のほかにおるまいて・・・
    イギリスの話もおもしろいけど古典モノもよんでみたい。

  • りんぼう先生こと林望氏のイギリス本。

  • -

    話は英国の奇妙な宿から便器、そして源氏物語をめぐる色恋論へ。独立、完結、されど連環── リンボウ先生のエッセイの名品全12篇
    --This text refers to an out of print or unavailable edition of this title.

全5件中 1 - 5件を表示

林望の作品

ホルムヘッドの謎はこんな本です

ホルムヘッドの謎の文庫

ツイートする