モンパの木の下で

  • 40人登録
  • 3.15評価
    • (0)
    • (2)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 椎名誠
  • 文藝春秋 (1993年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163481906

モンパの木の下での感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 椎名節炸裂と言ったところでしょうか‥。

  • 赤マントシリーズを新旧織り混ぜて読み、既に6冊目になる。毎度ほとんど似通った内容で、シーナ節の義憤を復習して刷り込んでいるような感じだ。でも、長編小説を読んだ後、少し頭を沈めたいが活字は恋しい状態にあって重宝する。

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    波の音をききながら木陰にごろりビールをごくり。うつくしすぎる人生なのだ。爽快エッセイ39篇。

    モンパの木はちゃんとあるんですね。
    お昼寝の木であり、恋人たちの木とも呼ばれるってよほど多いんでしょうけれど、南にいかないと見ない木なのね。
    自分が異星人だという運転手さんもおもしろかったけど、本末転倒はもうちょっと突っ込んで欲しいと思った1作でした。

  • 文藝春秋、「週刊文春」連載、1993年12月1日第1刷、税込み1100円

    「新宿赤マント」シリーズ3

全4件中 1 - 4件を表示

椎名誠の作品

モンパの木の下ではこんな本です

モンパの木の下でを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする