決戦下のユートピア

  • 13人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 荒俣宏
  • 文藝春秋 (1996年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163519203

決戦下のユートピアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 簡単にイデオロギーやプロパガンダと一刀することなく、なるべく多彩な面から歴史を観るという姿勢。しかし、矢張り司馬遼太郎的な鳥瞰と嘲笑が感じられるのだが。

  • 2013年7月28日

    装画/George Barbier
    装幀/坂田正則

  • 太平洋戦争下の出版物や風俗を大雑把にまとめてある感じ。それでも、いかにお上が行き当たりばったり感に、庶民が振り回され、それでもたくましく生きていってることを垣間見ることができる。
    個人的には、やっぱ保険って損するもんなんだなと、見直したくなるなあ。

  • 出版社/著者からの内容紹介
    過酷な戦時下にも、人々に生活はあった。ファッション、グルメ、文学、新興宗教などを通して戦時の庶民生活を再発見する異色の一冊

全4件中 1 - 4件を表示

荒俣宏の作品

決戦下のユートピアはこんな本です

ツイートする