「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記

  • 185人登録
  • 3.13評価
    • (4)
    • (17)
    • (59)
    • (7)
    • (3)
  • 41レビュー
  • 文藝春秋 (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163553900

「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前から読みたいと思っていた事件の本だったがようやく読むことができた。
    ある程度予想はしていたけれど、犯人の両親の手記をそのまま編集したものなので事件の真相についてはよくわからない。犯人の精神鑑定では少年は母親から虐待を受けていたとあり母親はそんなつもりはなかったと言っているが、たぶん両方本当だろう。厳しい躾と虐待の明確な区分けなんて実際の難しいと思う。同じことをやってたって、子供が精神的に上手く成長できれば躾だし、その結果精神的に歪んでしまえば虐待と評価されてしまうことだろうと思う。また、少年の行動には犯行に結びつく兆候が有ったのに両親はそれを見逃したという評価もあるようだが、それも結果論だと思う。子供時代もっと残虐非道を繰り返していたけど、大事件もおこさずそこそこマトモな大人になったなんて事例はいくらでもあると思う。間違った育てられ方をしたため犯罪を犯してしまった、なんてのもあるだろうけれど、そこまでひどい育てられ方じゃないのに、何でこんな人間ができてしまったのか?この事件はそちらのケースだと思う。昨今は脳科学の発展が著しく、いろいろなことがわかるようになってきたけれど、精神面・心理面の問題の発見や解決方法も早くわかるようになって欲しいと思う。

  • 親子だからこそ
    見えない、見せない部分がある

    09/04/30

  • さらっと図書館で読んだ。

    親が子を監視しきれないのは、ある程度は当たり前。
    だけど母親が、学校で何かあるたびに
    自分が対応してきたと書いてあったことと
    事件後に少年Aと面会した時の反応を見せつけられ
    全力で拒否された様子から、
    さらっとだけど腑に落ちた。

    子供の問題行動に対する対応は
    あくまで行動に対処しただけであって
    子供にはまったく気持ちが向いていない。
    (A自身に言わせると「母親から叩かれ虐待を受けていた」らしい。
    そのAのストレスは弟2人に向き、弟いじめが常だった様子。
    あと、Aは友人に猫殺しを話していた)
    そりゃ「知らなかった」と言っても仕方ない。
    父親がほとんど育児に介入していないことも大きいだろう。

    母親は多分事件から今もずっと苦しんでおられる気がする。
    少年Aは反省などしないだろうことも感じる。

    育児を母親に丸投げしている状況を
    今は「ワンオペ育児」とか言われている。
    子供が祖父母や園に預けられて育つ家庭も増えている。
    親なら「預けてるから」と丸投げせず
    父親も母親もそれぞれ
    子供は何が好きで何を考えているのか
    会話したりコミュニケーションはした方がいい。
    それをこの本は教えてくれる気がする。

  • あえて評価はしない。このような犯罪に関係のある人の著書は、買わないと決めている。この印税をすべて被害者に渡すことが書かれているが、それも妥当なのかどうかわからないので、今までこの手の本は読まないできた。昨日、たまたま図書館で見て何気なく手に取った。
    ここには、両親の苦悩が書かれている。両親はなぜこんなことになったのか、と心から本当にわからないのだと思う。でも、小学生に残酷なスプラッター映画をずいぶん見せていたり、ヒトラーの本を買い与えていたり。それらのことを普通に書いている。責めるわけではない。そういう事が子供の心に深刻な影響を与えることは最近の研究ではよく言われているが、この本の発行年は1999年。その17年ぐらい前に始まった子育てだから、その情報がなく、子どもと映画を楽しむ、親も観ているのだから大丈夫、という感覚があったとしても、時代的に親が特に無知だったわけではないのだろうか。
    1999年の発行で、この時点で「少年A」は17歳だったという。あの事件からもうそんなに年月が経ったのかと思った。この「少年A」は、その後数年前だったか、自分でも事件の時のことを本に書いたが、そのことは両親も全く知らなかったと何かで読んだ。
    少年Aのご家族の苦悩。被害者の方の苦しみはどんなことがあっても消えない。

  • 府中の医療少年院に入ったサカキバラ

  • 当時の少年Aを取り巻く状況は、人によって言うことが違う。社会か、母親か、父親か、本人か、誰が客観的事実を言っているのか興味深い。反省をして取り繕ったり自分をいい人物に見せようと思っていないという意味では、本人が言うことが一番の真実かもしれない。被害者のことを思うと気が咎めるけど、絶歌を読んだ方がいいのかな。
    しかし妊娠中に読む本ではなかった。

  • 図書室

  • ・・・・難しい

    ご両親の手記を読んで、私たちと違う部分や同じ部分を、いろいろと感じた。

    親としての愛情は感じた。
    一生懸命さも感じた。
    それと同時に、少し親よがりな空気も感じた。
    私たちの感覚と違う違和感も、あった。

    とても難しいと思う。

  • (2015.07.07読了)(2009.03.30購入)
    少年Aの書いた話題の本は、いずれ読むとして、その前に関連本をいくつか読んでおこうと思い、積読から探し出して読みました。
    少年Aの父と母によって、少年Aの生い立ちや事件当時のこと、事件後のことなどが書いてあります。
    犯罪を犯した子供の、親の責任とは何でしょうか? 被害者の親にどう謝罪したらいいのでしょうか? 少年Aの年齢は14歳です。20歳を過ぎていれば、犯罪を犯しても、本人の責任だけで、親はあまり関係なくてよさそうです。
    少年Aの父母は、少年Aに直接会って、本当に二人の子どもを殺害したことを確認してから、被害者の両親への謝罪をしようと、考えたようです。どうしても、自分の子どもが殺人を犯したとは、信じられなかったので。ところが、少年Aに会うことがなかなかできず、会っても、確認できる状態ではなかったようです。早い段階での、被害者家族への謝罪のタイミングは逸してしまいました。

    【目次】
    神戸連続児童殺傷事件について
    一章 被害者とそのご家族の皆様へ-父の手記
    二章 息子が「酒鬼薔薇聖斗」だと知ったとき-母の手記
    三章 逮捕前後の息子Aと私達-父の日記と手記
     Ⅰ 逮捕された息子A
     Ⅱ 逮捕後、家族の漂流の日々
     Ⅲ 淳君の行方不明と私達
    四章 小学校までの息子A-母の育児日誌と手記
     Ⅰ 初めての子Aの誕生
     Ⅱ Aの日常と躾
    五章 中学校に入ってからのA-母の手記
     Ⅰ 気付かなかった「前兆」
     Ⅱ 不登校、そして忌まわしい事件が……
    六章 Aの「精神鑑定書」を読み終えて-母の手記

    ●命の大切さ(28頁)
    私たち夫婦は十四年間、ずっと世間並みにあの子に「人の命の尊さ」を教えてきたつもりでした。
    でも、話しているうちにAが、人間や人の命の大切さ、尊さについてまるで理解していないこと、その当たり前のことに対する感覚がズレていることに、ハッと気付かされたのです。
    ●違う息子(33頁)
    メモに書かれているAは、私たちが思い描いていた息子とは違っていました。あの子が私たちに話していなかった猫の惨殺の話があったり、同級生に対する暴力などの説明が、以前私たちに話したのとは全く違う箇所が、いくつもあったからです。
    ●帰りたくない(40頁)
    「社会復帰したいと思いますか?」
    「このまま静かなところで一人で死にたい。家には帰りたくない」
    ●弁護士(62頁)
    弁護士の先生は合計八人もついて下さるとの事。本当にありがとうございます。
    ●小六から(64頁)
    六年生の春休みに、万引きをしていたのが分かった頃から、Aは少し変わり、よく学校に呼び出されるようになりました。しかし、いい子ではないが、根は素直で思いやりがある子と今でも思っています。
    ●事件前(109頁)
    Aは五月十三日、同級生の友達(男子)を公園に呼び出し、自分の拳に時計を巻きつけて殴り、歯を折るなどひどいけがをさせました。
    Aは、「自分の悪口を言ったあいつが憎く、仕返ししてやったん屋」と泣きながら言い、怒りに手がつけられない感じでした。
    生徒指導の先生からは、Aの鞄の中に入っていたタバコ、小刀を見せられました。
    ●一歳六カ月(134頁)
    十二月三十日、Aが躓いてサイドボードの角で頭を強打。
    ボコントすごく鈍い音がし、Aの頭に穴が開いたように血がどんどん溢れ、もうびっくり仰天して、急いで救急病院に連れて行った。
    Aの傷は骨の一歩手前まで達し、五針も縫う大怪我だった。
    ●万引き(172頁)
    家宅捜索で出てきたナイフや大工さん用の工具など、事件に使用した道具はすべて、万引きで調達していたというのです。
    ●中一(178頁)
    中学に入った四月早々に、Aがカッターナイフで、他の校区の学校の小学生の自転車のタイヤを切り刻んでパンクさせた、と学校の先生から連絡を受けました。
    六月にも先生から電話が来ました。Aが部活の練習のときに、ラケットで仲間を叩いたというのです。
    次には、友達三人と一緒で、同級の女生徒の体育館シューズを燃やした上に、その子の鞄を男子トイレに隠すという問題を起こしました。
    ●スリル(198頁)
    「警報のブザーが鳴らない方法を友達から教えてもろたんで試したかったんや。それに万引きするときのスリルが面白いんや」
    ●命(209頁)
    「人の命なんか蟻やゴキブリの命と同じや」

    ☆関連図書(既読)
    「淳」土師守著、新潮文庫、2002.06.01
    「犯罪被害者の声が聞こえますか」東大作著、新潮文庫、2008.04.01
    「なぜ君は絶望と闘えたのか」門田隆将著、新潮文庫、2010.09.01
    (2015年7月12日・記)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    愛していた。信じてもいた。その14歳の息子Aが、神戸連続児童殺傷事件の憎むべき犯人酒鬼薔薇聖斗だったとは…。両親が2年間の沈黙を破り悔恨の涙とともに綴った息子Aとの全て。

  • 2015/07/09【古】108円

全41件中 1 - 10件を表示

「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記のその他の作品

「少年A」の父母の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記に関連する談話室の質問

「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記を本棚に「積読」で登録しているひと

「少年A」この子を生んで…―悔恨の手記の作品紹介

愛していた。信じてもいた。その14歳の息子Aが、神戸連続児童殺傷事件の憎むべき犯人酒鬼薔薇聖斗だったとは…。両親が2年間の沈黙を破り悔恨の涙とともに綴った息子Aとの全て。

ツイートする