東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論

  • 96人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (15)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 立花隆
  • 文藝春秋 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163578507

東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自然科学も勉強しないと・・・

  • 「低レベルのゼネラリスト」という言葉が印象に残った。言葉の意味を理解しないで印象だけで判断するとそうなってしまうのだな。

    他分野が良い発想を与えてくれるというのは納得。視野を広げていこう。

    仕事上や会社のことなど、様々な疑問の答えの一端が見えた気がする。それをつきつめていきたい。

  • 7/5読了

  • ん〜普通。少々押し付けがましい。

全6件中 1 - 6件を表示

立花隆の作品

東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論はこんな本です

東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論を本棚に「積読」で登録しているひと

東大生はバカになったか―知的亡国論+現代教養論の作品紹介

本書は、ここ数年間に、著者がさまざまのところで、大学問題、大学教育の問題(学力低下問題、教養教育の問題)について書いたり語ったりしてきたことをまとめたものである。

ツイートする