オーケストラの職人たち

  • 33人登録
  • 3.26評価
    • (0)
    • (5)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 岩城宏之
  • 文藝春秋 (2002年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163581002

オーケストラの職人たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かなり私的で偏った好き嫌いの話が随所に出てくるはご愛敬。全体的に今まで知らなかったオーケストラを運営していくための裏方の仕事内容が、ユーモアもちりばめられつつ書かれている。著者の岩城氏による職人さんへのインタビューでは、長年一緒に仕事をしてきた同志のギリギリの(笑)本音らしきものも書かれていて面白かったな~。

  • 瀬川宏 調律師 リヒテル ミケランジェリ ケンプ等の調律も

  • 少し前に読み終わったのですが、今記憶に残っていることといえば、音楽で食っていくのは大変ということと、美味しい缶ビールの飲み方です(笑)。

  • 初読:2007年8月20日

    指揮者によるオーケストラの裏方に関するエッセイ集。そんな裏方まであるんだ! と勉強になった。面白かったのは、海外遠征に付き添うお医者さんのお話。

  • 楽器ごとに奏者の性格が書かれていて、ふむふむ、笑いました。オーケストラの舞台裏の職人たちの活躍がわかります。

  • オーケストラにまつわるエッセイ。昔ウィーンフィルが男性しか入れなかった時代、男のハーピストはものすごい重宝されたというのが一番なるほどな〜と思った。これを読んで本気でオケの裏方の仕事に就きたいと思った(笑)

  • オケの裏側。

全8件中 1 - 8件を表示

オーケストラの職人たちのその他の作品

岩城宏之の作品

オーケストラの職人たちはこんな本です

オーケストラの職人たちの作品紹介

ピアノやハープ、大型でこわれやすい楽器はどうやって運ぶのか?読みにくいスコアを美しいパート譜に清書する写譜屋さん、使うのは耳か目か?裏方のこだわりの仕事ぶりをユーモラスに描くエッセイ集。

ツイートする