100パーセントの闘争心 全日本女子バレーの栄光、挫折、そして再生

  • 17人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 吉井妙子
  • 文藝春秋 (2004年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163665009

100パーセントの闘争心 全日本女子バレーの栄光、挫折、そして再生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2004年刊。八年の空白を越えアテネ五輪に出場した女子バレーボール柳本ジャパン。五輪までは様々な軋轢がありながらも、チームは一丸となって目標に向かっていた。そんなイメージがあったが、なかなか内実はそうはいかない。それはバレーボールへの注目度が五輪出場を逃して極端に下がっていたこと、監督がスポークスマンの役目も負ったことに起因。本書は選手側の目線を定点に、アテネまでの苦闘を描写。著者は全日本女子バレーボールチームを追跡してきた数少ないライターで、選手との信頼感が彼女らの心情に迫る内容を生んでいるのだろう。
    五輪出場を果たしながら、柳本氏は退任しているしね。いろいろあったのではとは推測しうるところ。

  • 全日本女子バレーボールもの3連作の真ん中。レビューは前作と後作に。

  • スポーツ界の真実は本当に興味深い。

全4件中 1 - 4件を表示

吉井妙子の作品

100パーセントの闘争心 全日本女子バレーの栄光、挫折、そして再生はこんな本です

ツイートする