川口能活 証

  • 39人登録
  • 3.69評価
    • (5)
    • (8)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山中忍
  • 文藝春秋 (2006年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163680101

川口能活 証の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本を代表するGK川口能活。アトランタ五輪のブラジル戦やアジアカップ2004のヨルダン戦で見せた重慶の奇跡など、華々しい活躍をしたGKだ。

    サッカーに心血を注ぐような生き方、感情を剥き出しにしてゴールを守ろうとするスタイルから、「求道者」や「鬼神」とまで評されてきた。イングランドのポーツマスやデンマークのノアシェランで守備陣の崩壊から大量失点で負ける度、掴みかけてきたレギュラーの座を失ってしまう。

    ノアシェランでの試合前日、須藤(川口のいまの奥さま)から電話をもらった川口は、開口一番に「ごめん、明日は試合だから電話じゃなくてメールだけでいいかな」と言って、一方的に会話を終わらせようとしたことがあったらしい。

    前日には集中したいし、余裕がないときはそうなるよね、うんうん。

    「そういうのって、ちょっと寂しくない?」電話口の向こうから須藤が優しく問いかけてくる。意外な一言だったが、このとき自然に受け止められたそうだ。川口はここから、サッカーをする楽しさや喜びを忘れていたこと、サッカーに集中していたんじゃなくて、周りが見えなくなっていただけだったことに気づいたという。

    佐藤由紀彦の紹介で出会った遠藤貴。そしてデンマーク留学をしていたことからデンマーク語を生かした仕事をしていて、川口の壮行会で運命の出会いを果たした須藤佳苗。この2人の川口への愛溢れる行動も素晴らしい。

    メンタルとフィジカルのバランス、両面での準備、生まれる余裕。ちょっとの運。これが人生を好転させるのだなと感じることができた。まだまだこれからの活躍を期待。

  • 川口選手といえば、アジアカップヨルダン戦での PK合戦。大好きな選手。

    “なんか、ぱっとしないままあっという間にJへ出戻りしたな”という印象だったポーツマス移籍の裏に、そんな凄絶な裏話があったとは……。

    3年間全てとは言わないが、明らかに“棒にふった2年間”が、そこにはあった。

    事態がそこまで悪化する前に、打つ手は無かったのだろうか……?特に、遠藤さんとの出会いを通じて。


    3年間の海外挑戦は悲惨な結果だったけれど…… まあでも、ソレがあるから今があるのだな、と思えなくはないけれど。

    ファンやチームメイトとの関係を築けても、クラ ブ首脳に疎まれれば成功は無い……

    そんな世界で、ファンの心を掴み、チームメイト やクラブ首脳からの信頼を得て、なおかつプレイ でも結果を出し続けている長友選手の凄さを再確 認(^-^)v。

    ★3つ、7ポイント半。
    2013.10.02.了.図。

  • 【No.172】川口能活選手が、海外(ポーツマス・ノアシェラン)に移籍した時の2年間の苦悩と挫折を中心に書かれた本。「俺は相手が強ければ強いほど、状況が厳しければ厳しいほど、本来の力を発揮できる」「努力を重ねても結果が得られず、何とかしようとさらに努力を重ねてみても何も変わらない。むしろ努力すればするほど、不安と焦りが募るばかりだった」「従来は、たとえ同僚であろうとも、弱みは絶対に見せないというのが自分のスタンスだった。しかし逆境の中で試行錯誤を繰り返した末に、本当の内面的な強さを手に入れた川口にとって、常に強さを誇示する必要はもうなくなっていた」

  • ワールドカップで大活躍だった川口選手の今までの苦悩や努力が!ヨシカツ!ヨシカツ!

全4件中 1 - 4件を表示

山中忍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長友佑都
清原 和博
スペンサー ジョ...
落合博満
有効な右矢印 無効な右矢印

川口能活 証を本棚に「読みたい」で登録しているひと

川口能活 証を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする