後藤田正晴と十二人の総理たち―もう鳴らない“ゴット・フォン”

  • 58人登録
  • 3.47評価
    • (5)
    • (8)
    • (15)
    • (0)
    • (2)
  • 10レビュー
著者 : 佐々淳行
  • 文藝春秋 (2006年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163681207

後藤田正晴と十二人の総理たち―もう鳴らない“ゴット・フォン”の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんというか、一兵卒の従軍記みたいな文体で天下国家を語ってるよな。後藤田正晴じゃなくて自分の話ばっかりだし。

  • 情熱的な老人のめちゃめちゃおもしろい昔話。湾岸戦争の戦費負担の90億ドルが円建てかドル建てか不明瞭なままであとから為替差損をアメリカから要求された話については手島龍一氏の著書「外交敗戦」で知ったが、この本でも同じスタンスで論じていた。「我が上司後藤田正晴」も読んでみたいと思う。図書館でたまたま手に取って借りた。

  • なるほど無茶な老人に違いない。けれど、死ぬまで「護民官」であり続けた氏の姿勢には、尊敬の念を抱かざるをえない。また、佐々氏の文章の妙技と言うか、実に当時の情景が浮かんでくるものだ。別著なのだろうけれど、危機管理のありかたを事例を踏まえて解説してくれるとなお良かった。今回は、佐々氏の回想録でもあっただろう。

  • 佐々氏の著作は何冊か読んでいますが、どれも語り口が平易で読み物として非常に面白いと思います。
    この著書についても、大きな事件の裏側を知る二人の行動について参考になるところは多いですよ。

  • 久々に日本語で本読んだ。

    なんか自慢話ばっかり・・・でも日本人でここまで自分をうまく褒められる人もたぶんなかなかいないだろうから、彼の本はそれなりに売れるのだろう笑。あと浪花節的な描写が随所に見られるので、中高年層のウケもよさそう。

    記録文学というよりかはエンターテイメントだと思う。

  • いままでさんざん佐々が書いてきた内容とほぼかぶるのだが、
    叙情的な、小説的な仕上がりになっているのはよかった。
    後藤田さんの葬式で、次々献花におとずれる歴代の総理と後藤田、
    佐々の思い出を書いている。
    さすがに新しい事件はないし、佐々の手柄話ばかりなのもいつものことだけど、
    それでも最後、あまりの佐々の後藤田への愛に泣いてしまった。
    佐々も長くなさそうだし、いい時代の語り部が減るのは苦しいな。

  • 読むべし。世間でそれなりに生きてきた人の話をいろいろ読むのはとても興味深い。

  • 後藤田さんが他界されたからでしょうか。今まで書かなかったことがたくさん書かれています。
    冷静な行動、義理の堅さ、現実志向。学ぶ点は多いです。
    また、マスコミのいい加減さも改めて思い知らされます。

  • 好きな人の事を語られる言葉はとても愛情あふれるものである。たとえば敬愛とはこうゆうものかなとも想ったり

全10件中 1 - 10件を表示

後藤田正晴と十二人の総理たち―もう鳴らない“ゴット・フォン”のその他の作品

佐々淳行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
デール カーネギ...
後藤田 正晴
有効な右矢印 無効な右矢印

後藤田正晴と十二人の総理たち―もう鳴らない“ゴット・フォン”はこんな本です

後藤田正晴と十二人の総理たち―もう鳴らない“ゴット・フォン”を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

後藤田正晴と十二人の総理たち―もう鳴らない“ゴット・フォン”を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

後藤田正晴と十二人の総理たち―もう鳴らない“ゴット・フォン”を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする