この世には二種類の人間がいる

  • 59人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (8)
    • (21)
    • (2)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 中野翠
  • 文藝春秋 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163689708

この世には二種類の人間がいるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読完2011.07図書館

  • なぜこの本を読もうと覆ったのかは不明だが、この手の本はさらっと読めるもののあんまり印象には残らない。
    作者のように気持ちをすっぱり持てればいいが、私のような俗物にはなかなか難しく「こうかもー、でもこっちかも・・」とぐだぐだ悩むのが日常だ。
    ところで今でも林さんと仲がいいのかなーとぼんやり思う。

  • この世の人を「こっち側」「あっち側」に分類。
    中野さんは「こっち側」を応援している。
    「あっち側」の人間が読んだら(ワタシ)全然おもしろくない(笑)

  • 多少むりくり感もあるが、細かいことにこだわらず読めば面白い。

  • 久々に中野翠の本を読む。
    潔癖症の彼女が、自分をキメツケ側の人間だと思っていないのには
    ちょっとオドロイタ。
    http://takoashiattack.blog8.fc2.com/blog-entry-1028.html

  • かなりの部分で嗜好?思考?が中野さん側なことに焦った(;^_^)えっ、私アウトローなの???しかもそれがいいことなのか、悪いことなのか判別がつかない...(;-_-)

  • 2009.05.18. コラムニスト中野翠さん。パキッとモノを言う(書く)好きな人です。いろんな分け方で二種類にしてるんだけど、その視点がおもしろい。イラストもうまいね!

  • 発想は面白いがもっと辛口のほうが好み。

  • こういうエッセイはここからさらに知識を拡げられるのが良いです。この切り口自体もああ、こういうのもあるよなーと思えて面白かったと思います。分かったり共感したりプチ反発したり。そんな本でした。

  • 初中野翠。林真理子のエッセイにたまに名前が出てきて
    いて、なんとなく読んだら面白そうだなとは思っていた
    のだけれど、今まで読んだことがなかった。
    なにかの書評で目にして面白そうだとチェックしていた
    ので読んでみたら。
    …面白かった。
    林真理子を男っぽくした感じかしら。歯に衣着せぬ物言
    いがとても気持ちよい。近くにいたらきっと友達になれ
    る。

全16件中 1 - 10件を表示

中野翠の作品

この世には二種類の人間がいるはこんな本です

この世には二種類の人間がいるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

この世には二種類の人間がいるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この世には二種類の人間がいるを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする