女優 岡田茉莉子

  • 35人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 岡田茉莉子
  • 文藝春秋 (2009年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (586ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163709406

女優 岡田茉莉子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終えたあと、深い満足感に包まれる。
    586ページにも至る文章量、2年半にも亘ったという執筆期間。ゴーストライターも使わず、一女優が真摯に自分の生きてきた道程を書き記す。
    恐るべき筆力の持ち主で、この美貌にしてこの才気。岡田茉莉子という女優が並並ならぬ女性であることがありありとわかる。
    岡田自身も、自らを「女優とは優れた女と書く」と言い、並外れた美貌と演技力の持ち主であるという自負を隠さず書いているが、この人であればその自負も、さもありなんと思わせてしまう力を持っている。
    岡田茉莉子は、1933年生まれ。トーキーの大スター岡田時彦の遺児でありながらも、宝塚歌劇出身の母が日陰の存在だったことから、不遇の少女時代を過ごす。戦後、女優になり、小津安二郎、成瀬巳喜男などさまざまな名匠に起用され、数々の名作に出演する。映画「秋津温泉」が縁で、吉田喜重監督と結婚。その後は、吉田の前衛的な映画のヒロインを務めながらも、映画スターから舞台女優、テレビ女優へと転身し続けて、大衆のスターでもあり続けた。
    岡田は、芸術と娯楽の両方を自在に行き来する稀有なスターだったのである。これは往年のスター女優としては画期的なことだった。現在はそういった女優も存在するが、そうした女優のパイオニアであったのが岡田であるという事実の発見は、わたしには驚きだった。
    また、岡田の自伝は、同時に、夫、吉田喜重の伝記でもあるかのようだ。岡田はよほど吉田を愛し、尊敬しているのだろう。岡田の吉田へのあまりある愛情が全篇にあふれ、こぼれ落ちるかのようだ。
    終章である第十六章では、不遇の時代を長く過ごしてきた吉田の映画作品が、ヨーロッパを中心にあちこちで回顧上映され、そこへ夫婦で参加する近年の様子が書かれているのだが、岡田は無上の喜びにあふれた表現を尽くしている。これほどの女性にここまで愛されれば、吉田監督も男冥利に尽きるというものだろう。
    あとがきにあたる謝辞で、岡田茉莉子は、我が人生を、「岡田茉莉子という私自身を探し求める旅」であると書いている。
    岡田茉莉子が岡田茉莉子であり続けようとする、その真摯な生き方に、読んでいる間、こみあげてくるものを抑えることが何度もあった。
    岡田はまた、全篇で夫のみならず、親族、監督、俳優、スタッフなど、出会った人々への感謝の気持ちを常に忘れず、書いている。そうした人間性も、彼女が幸福なスター女優であり続けられた大きな要因なのであろう。
    戦後の日本の映画史をさまざまなエピソードから恒間見ることもでき、そういった意味でも貴重な書であると思った。

  • ★3.0
    和装・洋装のどちらもを完璧に着こなし、1950~1960年代に活躍した女優の中でも、群を抜いて垢抜けた稀有な女優のひとりだと思う。個人的には、小津安二郎「秋日和」、五所平之助「猟銃」、増村保造「妻二人」あたりが印象的。そんな彼女の自然体な姿を知りたかったけれど、タイトルにも冠している通り、女優としての岡田茉莉子に徹しているのが少し残念。彼女がスターなことは充分に分かっているので、その裏にある一女性としての心情が知りたかったな、と。ただ、彼女が巨匠たちに愛された理由はちゃんと分かる。

  • 1933.1.11生まれ、現在83歳の岡田茉莉子さんの「女優 岡田茉莉子」、2009.10発行です。「女優として、ひとりの女として自伝を書くことはあなたの宿命だ」と吉田喜重氏(夫・映画監督・83歳・太宰治に酷似との高峰秀子の評)に勧められ、2年半にわたり執筆した自伝。謝辞を入れて586ページの大作です。この本は、映画への愛を語る自伝、すなわち日本映画史であり、また昭和史でもあります。父岡田時彦は「魔子」の名前を、それを母田鶴園子が「鞠子」に。そして芸名「茉莉子」は谷崎潤一郎の準備だそうです。

  • さすがに高峰秀子ほどの筆力はないまでも、彼女自身が父親についてどう思っていたのかつぶさに綴られており惹きこまれた。
    読み終わった後、よし吉田喜重作品でも観るか!と思って近所のTSUTAYA に行ったら、つい最近まであった吉田喜重コーナーがなくなってた・・・。ああ秋津温泉・・・。彼女の作品では「集金旅行」が好きなんだけど、ますますDVDでは観られないのではないかと思われて残念。

  • 2010.01.17 朝日新聞に紹介されました。
    自伝。

全5件中 1 - 5件を表示

女優 岡田茉莉子のその他の作品

岡田茉莉子の作品

女優 岡田茉莉子の作品紹介

父は夭逝した美男俳優・岡田時彦、名付け親は谷崎潤一郎、デビューは成瀬巳喜男作品。その後も小津安二郎、木下恵介ら巨匠に愛され、出演100本記念作品『秋津温泉』以後は、夫・吉田喜重作品の女神として輝きつづける女優・岡田茉莉子。戦後日本映画史を力強く生きぬいたひとりの女性の「終わりなき物語」。「映画」にささげたこれまでの人生を自らの筆で回顧した渾身の書き下ろし自伝。

ツイートする