ハチはなぜ大量死したのか

  • 561人登録
  • 4.04評価
    • (76)
    • (74)
    • (52)
    • (6)
    • (1)
  • 102レビュー
制作 : 中里 京子 
  • 文藝春秋 (2009年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163710303

ハチはなぜ大量死したのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レイチェル・カーソン「沈黙の春」が予言していたことがまたひとつ的中してしまったのか。CCD〜蜂群崩壊症候群を通して明らかになる現代農業の問題点。農作物の80%がミツバチによる受粉に頼っているなど、農業との密接な関係をもつこの昆虫の驚くべき生態に感動する。>ニホンミツバチの可能性、日本に於ける養蜂業の未来

  • ミツバチの大量失踪事件から見えてきた、現代農業の危うい姿。蜂群崩壊症候群と呼ばれるハチの謎の大量死事件が主題の本ではあるけど、そこから見えてきたのはあまりに「不自然」な現代農業の姿。広大過ぎるアーモンド農場のためにハチを出張させるからか?\"理想の\"農薬のせいか?ハチを殺すダニを排除するため使われた薬品のせいか?ハチが行方不明となる原因ははっきりせず、解決法はまだ見つかっていない。ノゼマ原虫説が有力なようだけど、反例もあるようで、おそらく複数要因が重なっているんだろう。受粉者に頼ってきた植物と動物のエコシステムの異変は、思っているより深刻だってのはごもっともなんだけど、現代農法でないと地球の人口を食わせてゆくことは出来ないのも事実。そのあたりはもうちょっと経済学的分析が必要でしょうねぇ。うまい落としどころが見つかればいいんだけど、、、花粉の運び手というあまり重要視されてこなかった分野に光りを当てたという点で評価されるべき本ではあるし、不必要な煽りも少ないものの、タイトルは原題の通り「実りなき秋」でよかったのではないかと。「ハチはなぜ〜」は副題で十分だった。ハチ問題から農業全体の問題を見つめた本なんだし。

  • 111

  • ハチが忽然と消えた。この現象は世界のあらゆる地域で表れている。様々な原因が考えられ、その対策がなされてきた。
    ハチは我々の食生活を支えている大切な生き物であり、これからハチとともに人はどのように共存すればいいのか。著者のジェイコブセン氏は自分でもハチを飼育している。

  • 表紙に惹かれて手に取ったら大当たり!
    普段は小説しか読まないけれどわかりやすく興味深く、この分厚い本でも抵抗なく読み進められます。
    ミステリちっくなので生物学に興味のある方だけでなく、文系が最近の環境変化とその弊害について知るさわりとして読むのにも適していると思います。
    知ることの大切さを教えてくれた1冊です。

  • (2014/1/27読了)

  • 数年前に買って積ん読…でも非常に興味深い。ハチに限らず昆虫が消えていく…自然界の多様性が失われていく。その先にあるのは…いや全てが失われてしまうのかもね。

  • そういえば数年前、ミツバチが消えてるってニュースあったなぁって今更気になって読んでみました。おもしろい!いまだに原因は不明の消える蜂たちらしいんですが、働かされ過ぎてストライキちゃう?と思ってしまう。あと蜂カワイい私もミツバチかいたい。内容はショックだけど蜂が愛しくなる本だったとは。

  • セイヨウミツバチのコロニーの突然の崩壊とそれに伴う米国農業の危機。植物と昆虫の共生、そして農薬や都市化、グローバル化による種の減少。取り敢えず、中国産の蜂蜜を食べるのはやめよっと。

  • 2006年頃から発生している、西洋ミツバチが一夜にしていなくなる、蜂群崩壊症候群について
    まとめられた本です。2009年にハーゲンダッツが、この問題解明のために25万ドルを寄付しており、
    もしかすると、そのニュースを記憶されている方もおられるかもしれません。

    蜂群崩壊症候群は、2006年から2007年にかけて、地球上の1/4のミツバチが失踪した、
    とても深刻な事件です。多くの農作物 - リンゴ、イチゴ、すいか、アーモンド、サクランボ など - の
    花粉交配をミツバチが担っており、失踪が続けば、安定した農作物の生産が危うくなるかも
    しれません。アイスクリームのフレーバーのほとんどが、ミツバチなしでは生産できないものでもあります。

    この本から、我々の豊かな食生活が、なんとも複雑で脆い生態系によって支えられていることに
    気づかされます。今がまさに、将来の農作物生産への分岐上なのではないかと感じ、今後の状況を
    注視しておきたいと思っている問題です。

    原題は、"Fruitless Fall"で、レイチェル・カーソンの"Silent Spring"を想起させるものとなっております。

全102件中 1 - 10件を表示

ハチはなぜ大量死したのかのその他の作品

ハチはなぜ大量死したのか (文春文庫) 文庫 ハチはなぜ大量死したのか (文春文庫) ローワン・ジェイコブセン

ローワン・ジェイコブセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏川 草介
天童 荒太
三浦 しをん
村上 春樹
冲方 丁
大野 更紗
村上 春樹
三浦 しをん
J・モーティマー...
レイチェル・L....
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ハチはなぜ大量死したのかに関連するまとめ

ハチはなぜ大量死したのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする