ブクログ大賞

ハチはなぜ大量死したのか

  • 558人登録
  • 4.04評価
    • (76)
    • (74)
    • (52)
    • (6)
    • (1)
  • 102レビュー
制作 : 中里 京子 
  • 文藝春秋 (2009年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163710303

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
デール カーネギ...
村上 春樹
大野 更紗
リチャード・ドー...
高野 和明
夏川 草介
天童 荒太
三浦 しをん
レイチェル・L....
村上 春樹
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ハチはなぜ大量死したのかの感想・レビュー・書評

  • ハチが忽然と消えた。この現象は世界のあらゆる地域で表れている。様々な原因が考えられ、その対策がなされてきた。
    ハチは我々の食生活を支えている大切な生き物であり、これからハチとともに人はどのように共存すればいいのか。著者のジェイコブセン氏は自分でもハチを飼育している。

  • 表紙に惹かれて手に取ったら大当たり!
    普段は小説しか読まないけれどわかりやすく興味深く、この分厚い本でも抵抗なく読み進められます。
    ミステリちっくなので生物学に興味のある方だけでなく、文系が最近の環境変化とその弊害について知るさわりとして読むのにも適していると思います。
    知ることの大切さを教えてくれた1冊です。

  • 数年前に買って積ん読…でも非常に興味深い。ハチに限らず昆虫が消えていく…自然界の多様性が失われていく。その先にあるのは…いや全てが失われてしまうのかもね。

  • そういえば数年前、ミツバチが消えてるってニュースあったなぁって今更気になって読んでみました。おもしろい!いまだに原因は不明の消える蜂たちらしいんですが、働かされ過ぎてストライキちゃう?と思ってしまう。あと蜂カワイい私もミツバチかいたい。内容はショックだけど蜂が愛しくなる本だったとは。

  • セイヨウミツバチのコロニーの突然の崩壊とそれに伴う米国農業の危機。植物と昆虫の共生、そして農薬や都市化、グローバル化による種の減少。取り敢えず、中国産の蜂蜜を食べるのはやめよっと。

  • 2006年頃から発生している、西洋ミツバチが一夜にしていなくなる、蜂群崩壊症候群について
    まとめられた本です。2009年にハーゲンダッツが、この問題解明のために25万ドルを寄付しており、
    もしかすると、そのニュースを記憶されている方もおられるかもしれません。

    蜂群崩壊症候群は、2006年から2007年にかけて、地球上の1/4のミツバチが失踪した、
    とても深刻な事件です。多くの農作物 - リンゴ、イチゴ、すいか、アーモンド、サクランボ など - の
    花粉交配をミツバチが担っており、失踪が続けば、安定した農作物の生産が危うくなるかも
    しれません。アイスクリームのフレーバーのほとんどが、ミツバチなしでは生産できないものでもあります。

    この本から、我々の豊かな食生活が、なんとも複雑で脆い生態系によって支えられていることに
    気づかされます。今がまさに、将来の農作物生産への分岐上なのではないかと感じ、今後の状況を
    注視しておきたいと思っている問題です。

    原題は、"Fruitless Fall"で、レイチェル・カーソンの"Silent Spring"を想起させるものとなっております。

  • スリリングで面白い。読み終わってからミツバチを愛するようになり、ロンドンにいた頃1ヶ月程だが寝る前に「蜂蜜健康法」としてスプーン一杯の蜂蜜を舐めていた。蜂がいなくなったら人間は死にます。

  • 読むのにとても時間がかかってしまった。環境問題というか大量生産の問題というか答えが定まらない問題は読んでいて疲れる。だからこそ避けては通れない問題なんだろうけど、読んでよかったとは思う。

  • 原題"Fruitless Fall: The Collapse of the Honey Bee and the Coming Agricultural Crisis"

    CCD(蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder))に関する話?
    明確な結論は無し。
    (2012年時点でも理由不明のようなので仕方ないことかと。)
    後半は有機農法称賛。

    アメリカにおける養蜂の現状とか。
    (はちみつを取るためではなく、花粉受粉用。特にアーモンド。)

    「ロシアの蜂なら(ダニに耐性があり)自然農法できる」
    という理論は、農薬等とは別の意味で危険なのでは…。外来種問題。

  • タイトル通りに本書の前半では蜂が大量死した原因を探り、農薬、環境破壊、電磁波、遺伝子、寄生虫、病気など様々な観点からミツバチが激減してしまった原因を探っていますが、本題はそのあと。

    てか、CCDと呼ばれるハチの大量死の原因はわからずじまいです。
    様々な原因が「考えられている」だけで、もっともらしい理由もたくさんあるのですが、正確なこれだという理由は特定できずに終わります。
    それどころか、この本の中でも「たった一つのCCDの原因を突き止めようと必死になるのは的外れだ」としています。

    大切なのはハチが大量死していることではなく、ハチが大量死することによって起こりえる様々な影響について。

    ミツバチがいなくなったらいったいどうなるのか?
    そんなことを想像したことがありますか?
    当然私もそんなことを考えたことなんて一度もありませんでした。
    ミツバチがいない。養蜂場のハチのあの箱が空になってるってこと??なんか怖いねぇ…、程度の想像力。
    ミツバチがいなくなると、いったいどうなってしまうのだろう。

    ミツバチには「植物」の「花」を「受粉」させるという重要な任務を負っています。
    ミツバチがいない環境でも、アブやハエが媒介して受粉し作物を実らせる植物もたくさんありますが、逆に受粉をミツバチに頼り切っている農作物も存在しています。
    本書で取り上げられているのは、カリフォルニア州のアーモンド農場。
    アーモンドの受粉にはミツバチによる媒介が絶対に必要であり、ミツバチは膨大な広さの農場内に咲くアーモンドの花を行き来して受粉させる必要があります。
    その広さはなんと2800平方キロメートル。そしてこそに150万箱のミツバチの巣箱が「レンタル」により「設置」され、開花期間中にすべての花を受粉させるべくミツバチたちはドーピングまがいのコーンシロップと呼ばれ餌を与えられとんでもないストレスと戦いながらせっせと働くことになる。
    2007年にハチが大量死したことにより、ミツバチの巣箱の貸し出しは1個につき200ドルにもなったそうで、これはアーモンドの生産コストのうち約20%を占めるいう。このままミツバチが減り続けていけばいずれこのアーモンド事業は成り立たなくなってしまうでしょう。
    そう、「ミツバチ」が「減る」ことで、「アーモンド」が「収穫できなくなる」わけです。

    ビジネスでいうところの「事業」は無限に成長を続けることを前提としています。
    しかし、健康的な農場は、自然のサイクルの中で存在し続けるべきである。
    つまり、順調な「成長」と順調な「腐朽」を繰り返すことにより、農業は維持するためのバランスをとる必要があるとしています。

    効率化と規模の拡大しか目に入らないまま進めてきた事業は、CCDによるミツバチの減少により大きな岐路に立たされているわけです。

    CCDに少しでも良い面があるあるとすれば、農業がミツバチに頼っているという事実を人々に知らしめたことです。そして花粉媒介者を必要としているのは農作物だけではないということ。
    何かがおかしいと私たちが感じるのは、その余波が人間の利益を直接侵害した時だけ。
    そして今、やはり何かがおかしくなっている。

    ミツバチだけの話ではありませんが、人間が植物を育て、収穫するまでには複雑なシステムが絡み合っており、それが少し欠けただけでも多大なる影響を受ける可能性はどこにでも存在しているということです。
    何気なく食べている野菜や果実、それらが目に見えない影響で原因不明のまま消え去ってしまうという事態はいつ起きてもおかしくない。
    しかし、それに対する明確な答え、解決策を見つけるのは不可能です。
    我々にできることは、本書そのものの存在と同じように、単純明快な答えを求めずに、物事の本質に目を向けるよう努力すべきだということではないでしょうか。

  • 自然を征服しようとするのではなく、いかに共存すべきかを示唆してくれる。

  • ハチの大量死に関しての様々な視点からの考察が得られる本。

    ミツバチというものがこれほど、全ての生物にとって重要である事、また、様々な特性を持っていることを知れたのは非常に喜ばしいこだと思いました。

    これを一冊読み終わる頃には、ミツバチが好きになっていると思うし、ミツバチに対しての理解もとても深まる。
    「みつばちなんてどうでも良くない?」と思っている人ほど、読んでみると多くの示唆が得られると思った。

  • 政治経済とか経営ばっかり読んでてマンネリな感じがしてきてたので読んでみました。タイトルの蜂の大量死の原因は今でもわかっていないのですが、大量死の考察から今の養蜂と農業のアンバランスさについてまで話を広げていてとてもおもしろかったです。

  • 先生に勧められて読んだ。

    実は2年前に手に取ったことがあったのだが、”環境保護”を訴える扇動的な内容だと思い読まなかった。
    実際に読んでみると、非常に冷静な書き方がされている。著者は科学者ではないが、書かれている内容は公平かつ丁寧で重要な点をしっかり押さえている。

    今まで人間が自然に対してきた態度というのは傲慢そのものであること
    そしてそれが破綻に瀕していることが、ミツバチの大量死という事件を通じて伝わってくる。この本に示されたアメリカの大規模農業の現状は背筋を凍らせるには十分である。日本でも農業の集約化が唱えられ、自分もそれが正しいことであると思っていたが、この本を読んで考えを改めた。

    農学部に籍を置く自分として、環境との共生する農業、地域に根差した農業を意識するきっかけになると思う。

    この本を勧めてくれた先生に感謝である。

  • 人生を注いだアマチュワ養蜂家が綴ったミツバチの本
    あまりに内容が濃く危機感を通り越して思いが取り留めもなく広がってしまいました
    どこから書き出していいものやら絞れずに迷っているうちに、次の本が届いてしまいました
    それと同時に読み終わった本を図書館に返してしまったのでアップするのを忘れていました
    それほどに蜂の世界は多岐にわたる不思議なものでした
    人間社会への疑問を掘り起こして振り返させてくれました
    進むべき前がどっちなのかじっくりと見定めなければならないと思わせてくれます

    考えてもいなかったことですが
    私も蜂と共生してみたいと思うようになりました
    いずれ実行することになりそうです

  • ある日ミツバチのコロニーが全滅する。しかも死体はどこにもない。北半球の4分の1のミツバチが消えた、その原因に様々な切り口で、一歩ずつ迫っていくサイエンスノンフィクション。超絶良本。そしてミツバチが如何に農業で欠かせない存在なのかを初めて認識した。これを読んだらミツバチが愛おしくなり、飼いたくなる。

  • 国内の農業も大規模化して、生産性を上げる方向にもっていくべきと漠然と考えているものの、行きすぎた大規模化、農業の工業化はどこかにゆがみをもたらすとの、典型的な事例を興味深く読む。

  • 2012年現在、ミツバチ事情はどうなっているのかな?
    まだ、原因不明の大量死は続いているのか?

  • ハチの影響力の大きさがよく分かった

  •  ある日一夜にして忽然と大量のハチが失踪? 本書は蜂群崩壊症候群CCDと呼ばれる原因不明の現象の謎に迫るサイエンス・ノンフィクションだ。

     CCDは典型的な探偵小説そのもので、興味をそそる要素をすべて備えている。つまり、不可解な死、消えた死体、世界の破滅を招きかねない結果。その上、容疑者は山ほどいる。犯人の可能性を示す指はあらゆる方向に向けられ、なかには驚くようなことまでほじくりだされた。(p95)

     犯人候補としては、携帯電話の電波中継塔説、宇宙人による拉致説、地球温暖化下人説などあらゆる可能性が検証された。自称探偵の科学者や研究者達が我先にと、犯人を見つけるため躍起になっていた。まずはじめに、大きな注目を浴びたのはコロンビア大学の高名な研究かで、遺伝子分野の花形であるイアン・リプキン博士である。緻密な捜査によって彼はついに容疑者を突き止めたのだ。それはイスラエル急性麻痺病ウイルスである。『サイエンス』に掲載された論文で以下のように結論付けている。

     「CCDに侵されたコロニーのミツバチにおいて、イスラエル急性麻痺病ウイルスの配列が広範にみられること、およびCCDの発生とこのウイルスに感染したミツバチの輸入の時間的地理的一致をかんがみると、イスラエル急性麻痺病ウイルスはCCDの有意な指標であることが示唆される」

    と断言せずに有意な指標であると控えめに表現していたが、マスコミにとっては原因と同義であった。この論文によって一応の解決を見ることになるだろうとそのときは誰もが疑わなかった。がこの仮説は結局すぐに反証される運命にあった。その後も、ノマゼ病、ギイタダニなど犯人候補が挙がったが真犯人であるという証拠は見つかっていない。

     ところで、ミツバチと私たちの食生活は密接な関係も持っているということを知っているだろうか。ミツバチには花粉交配という重要な仕事を担っていて、合計すると百種類近くの作物がミツバチに頼っている。花粉媒介者のおかげで、食物の実の恩恵を受けることができるのだ。花粉媒介者としてミツバチほど優秀なエージェントはいない。学習能力が高く、順応性に優れている彼らの存在の偉大さに畏敬の念を感じずにはいられないくらいだ。

     さて、原因は複合汚染である説が有力であるが、そうであっても完全には解明されていないという現実は変わらない。といってそのまま手を拱いている訳にはいかないので、CCDを抑えるための努力が養蜂家の間でなされている。その秘訣は自然の流れに任せることだという。自然の復元力に任せることこそたった一つの冴えたやりかたなのだ。人間の介入によって急激な変化(農薬汚染や、環境の変化、人為的な繁殖)を強制した結果、システムにバグが発生してシステムダウンしてしまった可能性が最も高い。

     本書は知的好奇心を刺激する探偵小説であると同時に優れた経済問題、環境問題書、ビジネス書でもある。いろいろ考えさせられること間違いなしの良書だ。

  • ハチが飼いたくなる本。環境の様々な事に話が広がり、色々な知識が得られる。読み物としてとても面白い。

  • 原因は今でも不明。そのとっかかりすらもない。カーソンの指摘通りになりつつあるのが、薄ら寒い。

全102件中 1 - 25件を表示

ハチはなぜ大量死したのかに関連するまとめ

ハチはなぜ大量死したのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする