感じるからだ

  • 55人登録
  • 3.45評価
    • (4)
    • (11)
    • (10)
    • (2)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 光野桃
  • 文藝春秋 (2009年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163714608

感じるからだの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近、自分の体から柔らかさ、しなやかさが失われつつあると思ったので、再読。初めに読んだ時は好きなエッセイストの書かれた本だけれど、ふーんというぐらいにしか思わなかった。けれど、それから4年。体を動かす趣味をやめたのもあるけれど、体の老化を感じていて、この本が身近に感じられました。
    ストレッチとかの方法も少し紹介されいるけれど、それよりも、自分の体を慈しむとか意識して触るとか、していない。これからは自分の体と対話をしなくては。

  • あたたか~い握手を今夜実践♡

  • わかりやすく書かれているとは思うが、
    新しい発見がほとんどなかった。

    解放感よりも、苦しみをシェアした感じがあるのは、
    著者自身がまだ解放されていないからではないかな。

  • 自分の身体との付き合い方。仕事やもろもろに身体を酷使してる人、少し身体を緩めて大切に。。

    著者の光野桃さん、以前の著書からも大柄にコンプレックスがあって、内面も複雑で、自分をもてあましている感がある人だなーと思ってた。
    ご主人の転勤に帯同して仕事から離れたり、お母様の介護であったりと人生の山谷があって、以前とは違う形で自分も慈しめるようになったのだなーという気がした。少し休む、自分を許す、ことができるようになった、ということかしら。

    私など、基本自分許しっぱなもので全然タイプは異なるのだけれど、この緩めるという感じはわかる気がする。

    中に能とラテンダンスの話が出てきて、両極に見える2つだけれどもどちらも丹田を意識して動かす事が大事なんだそうだ。
    踊りはみんなそうなのかな?フラメンコも結局そうだしね。
    丹田を意識するための「丹田育て体操」が載ってたので、会社で休憩中にちょっとやったりしてます。
    これやると自然に呼吸もついてくるんですねー。あまりやるとトイレで怪しい人になっちゃうので気をつけないと、だけど。しばらく続けてみようと思います。

  • 2011.08.21-2011.08.22
    ヨガを初めて体に関心を持ち始めた私には、うってつけの書。体に対するベイシックな部分(骨盤や足の重要性)にフォーカスしており、ちょっと考え方が変わったかも。体からのメッセージを聞いて、常にゆるゆるできるぐらいの余裕がほしいものです。

  • 借本。
    著者の本はこれが初めて。
    内容を知らずに借りてしまい、小説っぽいのを思ってたのでガッカリ。
    でも、女性には良い内容と思うので、借りて読むのがいいかも?

  • 歩くのは脚ではなく重心の移動=丹田から出る、いつもいいかたちで丹田を意識する、丹田で会話する/脚の内側の筋肉を意識する/デコルテは大人の宝石/からだがゆるみ、その内側が息づいて、自分自身を生き生きと感じることができたとき、女は美しく満ちて、ひらかれ、あふれ出す 2009/10

  • 2009年7月29日(金)読了。

    からだ=じぶん。

全9件中 1 - 9件を表示

光野桃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
光野 桃
西 加奈子
村上 春樹
村上 春樹
辻村 深月
内澤 旬子
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

感じるからだに関連する談話室の質問

感じるからだを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

感じるからだを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

感じるからだを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする