文藝春秋にみる坂本龍馬と幕末維新

  • 15人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 文藝春秋  文芸春秋= 
  • 文藝春秋 (2010年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163722207

文藝春秋にみる坂本龍馬と幕末維新の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  本書を読んで「歴史」と「歴史小説」は違うということを痛感した。
     本書は、「文芸春秋」に掲載された記事から選ばれたということだが、著名な小説家の文章や有名な歴史上の人物の子孫の証言等である。
     「歴史の検証」というよりは、それぞれのイメージの発露やエピソードの羅列のようにも思え、面白さはあるが、さてこれは「歴史」といえるのだろうかと思った。
     それぞれの文章には、それなりの知識と説得力はあるが、深さはあまり感じられないのが多いし、「玉石混交」という言葉もあるが「歴史読み物」といっては失礼か。
     雑多な多方面の知識を得られるという点はあるかもしれないが、かたよった歴史の見方にならないとも限らないと思えた。
     本書は、ちょっと残念な本であると思う。

  • 2010/06/18

  • 2010.2 .28

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文藝春秋にみる坂本龍馬と幕末維新を本棚に登録しているひと

文藝春秋にみる坂本龍馬と幕末維新を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文藝春秋にみる坂本龍馬と幕末維新を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文藝春秋にみる坂本龍馬と幕末維新の作品紹介

龍馬、新選組、西郷、大久保、勝-文藝春秋に掲載された手記、エッセイで読むこの国の運命を決めた男たちの真実。

ツイートする